荒木飛呂彦が老けない!不老不死&吸血鬼説とは。現在の姿に対する海外の反応

『ジョジョの奇妙な冒険』や『岸辺露伴は動かない』などの大ヒット漫画を発表してきた荒木飛呂彦(あらき ひろひこ)さん。

2022年に62歳を迎えますが「いつまでも若々しく、まったく老けない」と評判です。

不老不死説や正体が吸血鬼という説まで浮上しているため、詳細を確認しましょう。

また現在の若々しい姿に対する海外の反応も紹介します。

荒木飛呂彦のプロフィール


本名:荒木利之

生年月日:1960年6月7日

身長:169.5cm

出身地:宮城県仙台市

最終学歴:宮城教育大学中退

荒木飛呂彦が老けない!不老不死説や吸血鬼説まで浮上

2020年6月7日、荒木さんが還暦(60歳)を迎えたことが話題となりました。

還暦にもかかわらず、しわが見あたらず、ツヤツヤとした肌が若々しいため驚いた人も多いのではないでしょうか。

年齢を重ねるごとに老けるどころか、若返っているようにさえ見えるのがなんとも不思議ですよね。

いつしかファンの間では「不老不死」や「正体は吸血鬼」などといった噂が流れ始めました。

代表作である『ジョジョの奇妙な冒険』には「石仮面」というアイテムが登場します。

石仮面を被った人間は吸血鬼になり、不老不死の身体を手に入れるという設定でした。

作品の内容にちなんで、ファンの間では「荒木さんが石仮面を手に入れて、不老不死の吸血鬼になった」と噂が流れたのです。

また作品には特別な呼吸法で太陽光と同じ波長のエネルギーを生み出す「波紋法」という術も登場します。


もしかすると荒木さん自身が呼吸法を極めており、常に新鮮なエネルギーを体内で作り出しているのかもしれませんね。

ここまでは冗談のような話ですが、実際に荒木さんはどのようなことに気を付けて生活しているのでしょうか。

周囲には「毎日、水道水で顔を洗っていること」が若さの秘訣だと語っているそうです。

また「DNAが関係しているかな」とも語っていたため、遺伝子の影響も受けているようですね。

遺伝子の影響を受けているため若々しいのだとすれば、血縁関係のあるご家族もきっと若々しい人が多いのでしょう。

さらにどれほど忙しくても「無理をしない」「休むときはしっかり休む」ことを徹底してきました。

売れっ子漫画家の中には、あまりの忙しさに体調を崩す人も多いものです。

その点、荒木さんは多忙な時期にも休息を取ることを最優先にしています。

なるべく徹夜をせず、毎朝10時には起床して、金曜日と土曜日は休息する生活を10年以上続けているそうですよ。

美しい肌を見れば明らかですが、男性でありながら美肌ケアも重視しています。

無理をせず、ストレスを抱え込まないよう気を付けて、休息時間を確保することが若さの秘訣なのですね。

荒木飛呂彦は現在も若々しい

『ジョジョの奇妙な冒険 Part2』には先ほど紹介した「波紋法」の使い手が登場します。

作中では強いエネルギーを生み出すことで、老化の速度が遅くなる者もいるとされていました。

荒木さんは62歳を迎える2022年も相変わらず若々しいため、本当に「波紋法」を使っているように思えますね。

ちなみに昔は健康のため冷水のシャワーを浴びていたそうです。

しかし2022年現在は、心臓に負担をかけないために行っていません。

荒木さん自身は「着実に身体が老化している」と感じているらしいため、負担が大きい健康法は避けるようにしているのです。

冷水を浴びなくても、規則正しい生活を心がければ荒木さんのような若々しい60代を目指せるということですね。

荒木飛呂彦の若々しさに対する海外の反応

いつまでも老けない荒木さんについて、海外の人たちもさまざまな反応を見せています。

「高校を卒業した直後に見える」「あまりに奇妙だ」「吸血鬼に違いない」などのコメントが多数寄せられています。

20代も顔負けの若々しい外見に「老けない秘訣を知りたい」という声も多数上がっていました。

また『ジョジョの奇妙な冒険』のファンは世界各国にいます。

そのため荒木さん自身が「石仮面」や「波紋法」を使いこなしていると考えた外国の人も一定数いるようです。


国内外で愛される漫画を生み出し、自身の外見が伝説と化している荒木さん。

70歳、80歳を迎えてもなお「若い!」と驚かれる存在であり続けて欲しいですね。

関連記事
荒木飛呂彦の生活。朝の食事は野菜ジュース。美容法&イケメン漫画家の習慣

荒木飛呂彦の自宅豪邸。年収は億単位。実家は仙台の広瀬川付近、仕事場は経堂か

荒木飛呂彦の天才エピソード。性格がいい人で少し変わり者。猫嫌いの噂や学歴について

荒木飛呂彦の娘は上智大?妻・麻美との結婚馴れ初めについて。家族に感じた疎外感とは

土方歳三の生存説まとめ。正体は荒木飛呂彦?ロシアの高官?死因と最後について

コメント