井上晴美、現在は美魔女。旦那と結婚した馴れ初め&長男の評判。農業の噂と田舎暮らしについて

1990年代に健康的なスタイルと魅力的な笑顔で人気を集めた井上晴美(いのうえはるみ)さん。

坊主頭で挑んだヌード写真集が大きな話題にもなりました。

今回はそんな井上さんの現在と旦那さんとの結婚について、また長男の評判や農業の噂についてお伝えしていきます。

井上晴美のプロフィール

本名:北村 仁絵

生年月日:1974年9月23日

職業:女優・タレント

出身地:熊本県熊本市

血液型:B型

家族構成:夫・長男・長女・次男

所属:株式会社スピーディー

井上晴美の現在は若々しく美魔女と評判

井上晴美さんがデビューしたのは、日本がまだバブル景気の賑わいを見せていた1991年。

桜っ子クラブさくら組というアイドルグループのメンバーとしてのデビューでした。

アイドル活動のあと、抜群のスタイルをセールスポイントに女優やタレントとしてブレイクを果たしました。

井上さんといえば、その美しい胸に1億円の保険金がかけられていたことでも有名です。

今の時代ではあまり聞かなくなりましたがタレントやグラビアアイドルが、足、おしり、胸に保険金をかけることはバブル時代ならではの話題でした。


井上さんはブレイク後に留学を経て結婚。

出産も経験してからは表舞台から距離をおいているものの、自身のライフスタイルを発信するなど活動を続けています。

そんな井上晴美さんは現在47歳(2022年現在)ですが、年を重ねても若くて美人だという声があがっています。

アラフィフとは思えない若々しさで、まさに美魔女。

美しく自然に年を重ねる秘訣があるのでしょうか。

現在の井上さんを見ると、若い頃の人気にも納得がいきますね。

井上晴美は旦那と国際結婚で、長男が美少年と評判

井上さんは留学先のカナダで知り合ったメキシコ系カナダ人のルベンさんと、2005年に結婚しています。

通っていたインターナショナルスクールの職員だったのが現在の旦那であるルベンさんでした。

ルベンさんはスクールの職員とは別に、アフリカや貧困地域に学校を創ることにも力を入れていたのだそうです。

交際がはじまり、井上さんが帰国してからは日本とカナダを行き来する遠距離恋愛に。

遠距離恋愛と文化の違いからケンカも多かった2人ですが「笑って気楽に乗り越えて楽しむ事」をモットーに交際を続けました。

そして2004年、ルベンさんに会いにカナダまで行っていた井上さんは、ビーチで指輪をプレゼントされプロポーズを受けたのだそうです。

2人は遠距離恋愛を実らせゴールインしました。

海外のビーチでプロポーズとは、ロマンチックでとても素敵ですね。

結婚当初は遠距離が続いていましたが、ほどなくしてルベンさんが日本へ移住。

2人の新しい生活をスタートさせました。

ちなみにお互いを「ルル(旦那)」「kimi(本名のきみえが由来)」と呼び合っているのだそうですよ。

そんな井上晴美さんとルベンさんとの間に長男が生まれたのは結婚から約2年後の2007年。


出産した長男を「男前」と表現した井上さん。

「かなり男前、寝顔も綺麗、泣き顔も素敵」

以前出演したテレビ番組で親子出演した際に、3歳だった長男の美少年ぶりがかなり話題になったようです。

父親がメキシコ系カナダ人なので子供はハーフになりますし、井上さんも美人ですので長男が美少年だというのは想像できますね。

井上晴美さんのブログやSNSには子供たちの写真も掲載していますが、顔が写らないように撮られているので長男の顔を確認することができませんでした。

井上さんは以前運営していたブログがバッシングに遭い、閉鎖に追い込まれたことがあるために子供たちへの配慮があるのかもしれません。

しかしながら長男が噂されるほどの美少年であれば、将来は芸能界で活躍する可能性もあるかもしれませんね。

井上さんの長男が美少年ということを是非忘れずに覚えておきましょう。

農業で自給自足の噂と田舎暮らし

井上晴美さんは長男の出産を機に、東京から長野県に移住することになりました。

旦那のルベンさんがもともと自然農法に興味があったこともあり、子供たちを自然の中で育てたいという意向があったそうです。

自然が多い田舎暮らしで子供を育てたいという思いが込められているのでしょう。

長野県に決めた理由が面白いのですが、ルベンさんが地図を広げて「ここ!」と指したのだそうですよ。

井上さん曰く、山に囲まれてるところが2人の出会ったカナダに似ているからではないかとのことでした。

長野県での生活は3~4年ほど続きました。

そして3人目の妊娠・出産を機に井上さんの故郷である熊本県へ移住。

子供も増えていく中、井上さんの身内が近くにいる地元で生活するのが心強いとの理由からでした。

しかし井上さん一家は2016年の熊本地震で被災し、自宅の古民家が全壊するなどの被害に見舞われてしまいます。

実家も全壊してしまったため頼るところもなく、一時はテント生活を余儀なくされました。

その後は知人が家を提供してくれた大阪で約1年間の避難生活を送ることに。

大阪から熊本に戻った時にもなかなか住む家が見つからず、大変だったそうです。

現在は熊本市近郊で田舎暮らしを続けている井上晴美さんですが、農業で自給自足しているのではないかとの噂もあるようです。

調べてみると、実家が農業をされているようですね。

特に井上さんが農業をしてるというわけではなさそうです。

ただ、畑を借りて家族で食べられる分の野菜は作っているそうなので、自給自足はあながち間違っていないかもしれません。


井上さんは、都会で住んでいる人が夢見る田舎暮らしと、実際に定住する田舎暮らしとでは違うと言います。

都会と田舎のどちらでも生活の経験がある井上晴美さんだからこそ言えることなのではないしょうか。

そんな井上さんが発信する田舎暮らしの情報を今後も楽しみにしたいですね。

関連記事
井上晴美の若い頃、坊主頭でヌード撮影。弟は俳優、実家は熊本の阿蘇?

原志保の食事と美容法まとめ。スキンケアや美顔器、メイク方法について

草間淑江(美魔女)が再婚した旦那は会社経営者?自宅は豪邸?子供はいるの?現在まとめ!

コメント