長岡秀樹は八千代松陰高校時代細かった。中学&小学校はどこ?守備や痛恨のエラーについて

若くして東京ヤクルトスワローズで、ショートのレギュラーポジションを掴み取った長岡秀樹(ながおか ひでき)さん。

彼は高校野球の名門校である八千代松陰高校出身ですが、実は当時あまり目立った実績がある選手ではありませんでした。

そんな彼が、どのような成長の軌跡を描いてきたのか気になりますよね。

中学・小学校時代の球歴と、その高い守備力、それと反するエラーにまつわるエピソードも紹介いたします。

長岡秀樹のプロフィール

本名:長岡 秀樹(ながおか ひでき)

生年月日:2001年(平成13年)9月26日

身長:174cm

出身地:千葉県船橋市

最終学歴:八千代松陰高等学校

所属球団:東京ヤクルトスワローズ

長岡秀樹は八千代松陰高校時代に大きな飛躍!

長岡さんは、数々のプロ野球選手を輩出していることでも知られている、千葉県にある高校野球の名門校八千代松陰高校出身です。

入学した時から、軽快なフットワークを活かした守備範囲の広さに定評があり、下級生の時点でスタメンの座を掴みました。

しかし、2年生までの時点では、まだまだ打撃面での非力さが目立っていました。


この時点では、守備と走塁を武器としていて、打撃はイマイチといった感じだったんですね。

実際当時の記事でも長岡さんの存在は、後にプロ野球選手となり若くしてレギュラーポジションを掴み取る選手としてみれば、かなり扱いが小さいものとなっていました。

効果てきめんで、堅守の遊撃手・長岡(2年)も「打球は速いし、一定して転がる打球は来ないし、予測もできないし、数も多いですし、下半身がふらふらになりましたけど、それでもだいぶ打球が捕れるようになったと思います」と効果を実感する。

基本的には高校野球レベルで守備走塁を売りにしている選手は、長身であったりとんでもなく高い身体能力を持っていない限り、直接プロには行けず大学に進学するケースが多いと言えるでしょう。

しかし、彼は高校卒業後にドラフト指名され、プロ野球選手となることができました。

その理由として、彼の高校3年時における大きな成長があったと考えられています。

2年生のオフ期間にウェイトアップ!

長岡さんは2年生のオフシーズンが始まる前までの体重が、68kgとアスリートとしてはごく標準的なものでした。

しかし、彼はそれで満足せず課題である打撃面を向上させるためオフシーズンの食事量を増やし、ウェイトトレーニングを積極的に行うことにより肉体改造に成功しています。

進化の背景はオフシーズンに食事の回数を増やし、ウエイトトレーニングを入念に取り組んだことが大きい。

68kgだった体重は74kgまで増え、下半身のスクワットで140kgを上げられるようにまで成長しました。

ウェイトトレーニング経験者なら分かるでしょうが、体重70kg台でスクワットを140kg上げられることはかなり凄いですよね。


これにより、強い打球が飛ばせるようになりそれにともなって打撃力が向上し、おまけに肩も強くなり守備面でもさらに向上しました。

こうして守備走塁だげではなく、走攻守の三拍子が揃った選手へと進化を遂げたのです。

その結果は皆さんがご存知のとおりで、2019年のドラフト会議にて東京ヤクルトスワローズから5位指名を受け、プロ野球選手となるに至りました。

長岡秀樹は中学・小学校も千葉県だった!

長岡さんが通っていた中学は、船橋市立大穴中学校です。

軟式野球部に所属しており、詳しい成績などは分かりませんでしたが、目を引くような選手だったという証言もあります。

やはりプロ野球で活躍するような選手だと、中学時代から目立っているんですね。

小学校については、船橋市立古和釜小学校に通っていたことが分かっています。

長岡選手は、同市立古和釜小、同大穴中から八千代松陰高に進み、同高では遊撃手として活躍。

この頃は少年野球チーム「習志野台ワンパクズ」に所属しており、残念ながら全国大会には出場できなかったようです。

余談ですが、このチームは2022年に明治神宮球場で行われた「第15回ポップアスリートカップファイナルトーナメント」で参加した1330チームの頂点に輝いています。

創設45年目の快挙、参加1330チームの頂点に

長岡さんも、この知らせに喜んだのではないでしょうか。

もしかしたら今シーズンのブレイクは、これに触発されてなんてこともあり得るかもしれませんね。

それにしても、小中高と千葉県でプレーしているのは地元愛が強いからでしょうか。

千葉ロッテマリーンズファンの方は、今頃逃した魚は大きいと感じているかもしれませんね。

長岡秀樹の華麗な守備!痛恨のエラーは緊張していたから?

2022年7月現在、セ・リーグの首位を独走している東京ヤクルトスワローズ。

その中において、長岡さんの守備はチームの勝利に大きく貢献しています。

機敏なフットワークと素早い送球で、ヒット性の当たりをアウトにしてしまうその姿は、まさに魔術師のようですね。

データで見ても彼の守備力の高さは証明されており、守備力の高さを示す指標であるUZRを見ると、2022年6月29日時点でセ・リーグのトップに立っています。

痛恨のエラーで勉強しさらなる成長!

長岡さんは、2022年3月29日に行われた読売ジャイアンツとの試合で、敗戦につながる痛恨のエラーをしています。

相手バッターが打った、なんでもないショートゴロをファンブルしてしまったのです。

ダブルプレーを取ることができた可能性が高かったので、試合の流れを崩してしまったとも言えます。

ヤクルトの遊撃・長岡秀樹が、守備で痛いミスをしてしまった。

この時はショートのレギュラーとして抜擢されたばかりで、まだ緊張があった可能性が高いですね。

しかし、現在ではとても安定した守備を見せており、本来持っている彼の能力をいかんなく発揮しています。

このエラーにより、彼はより守備に集中して臨むようになったのかもしれませんね。


千葉県出身で、学生時代のすべてを千葉県内で過ごし、成長した長岡さん。

今では東京で、日本一の若手ショートになろうとしています。

このまま行けば、今シーズン後にゴールデン・グラブ賞を獲得する可能性は高いでしょう。

彼の華麗な守備はまさにお金を払ってでも見る価値があり、そういった選手は貴重です。

皆さんも機会があれば、球場に足を運び、彼の守備に注目してみてはいかがでしょうか。

関連記事
長岡秀樹の父、兄、母&家族の絆に迫る!彼女について

山田哲人の結婚は?彼女の噂はアナウンサーや大島優子、熊切あさ美まで

川端慎吾が結婚した嫁はタレント!子供は?怪我(腰椎椎間板ヘルニア)の手術と骨折

コメント