山之内すず、嫌いやうざいの声。なぜ人気か解明!事務所のゴリ押し説&炎上について

AbemaTV『白雪とオオカミくんには騙されない』を契機にブレイクした山之内(やまのうち)すずさん。

しかし、彼女のSNSには『嫌い』や『ウザい』と言ったコメントも投稿されるそうです。

ご本人も複雑な気持ちとのことですが、そんな時こそ、真のファンたちの温かい声にも目を向けて頂きたいですね。

なぜ人気があるかも解明してみました。

事務所のゴリ押し疑惑や炎上騒動もあったようですが、そうしたものに負けず、そのチャーミングな笑顔がみたいですね。

山之内すずのプロフィール

愛称: すずちゃん/おすず

本名:山之内すず

生年月日: 2001年10月3日

身長:163cm

出身地:兵庫県

最終学歴: 立志舎高校

所属事務所: INCUBATION

山之内すずが『嫌い』や『ウザい』の声に複雑な心境

SNSが浸透した昨今、芸能人へもダイレクトにその声をDM及びコメントで残す一般人も後を絶ちません。

TikTokで有名になった山之内すずさんもまたその被害に悩まされていました。

2021年9月13日のインスタグラムにおけるストーリーズでは、このことにご本人が言及されていました。

なんと、『嫌い』や『ウザい』だけならまだしも『消えろ』との旨まであったようですね。

加えて衝撃的なのは、山之内すずさんがその送り主のアカウントを訪問したところ、そこには、お子さんを抱えた人の親であることが発覚したのです。

彼女曰く、自分の親と同世代だったとのことで、モラルを疑ってしまいますね。


山之内すずさんは、自らも、送り主のお子さんと同じように1人の大切な人間であることを綴り、素敵な大人になることを心に決めて結ばれていました。

当然ですが、芸能人だから何を言っても良いということは決してありません。

この後で、山之内すずさんはそれなりに耐性ができたという内容も綴られましたが、気持ちが良いわけがないでしょう。

PayPayのCMで見せる明るい笑顔の裏でこうした誹謗中傷とも戦っているかと思うと、こちらも複雑な心境ですね。

山之内すずがなぜ人気か解明!事務所のゴリ押しではない!

SNS時代の到来とともに世に出てきた山之内すずさん。

改めて、彼女の人気の理由を解明してみました。

たしかに、普段は地上波しか見ないという方には突如としてブレイクしてきた女の子というイメージかもしれませんね。

きっかけは、滋賀県の美容師さんからサロンモデルのオファーを受けたことでした。

すると、カットモデルとして写った写真を見て、のちの所属事務所『インキュベーション』からスカウトが来ます。

このカットモデルのオファーとスカウトが各々インスタグラムのDMで来たというのも実に、時代の先駆け感がありますね。

しかし、これで即ブレイクとはいきません。


ブレイクのきっかけは、TikTokです。

神戸在住のまま、芸能活動をスタートした山之内すずさんは、仕事ではなく、プライベートで友人とTikTokを始めたそうです。

それも、非公開で内輪で楽しむ目的と、やはりそこに野心はありません。

ただ一度だけこの非公開設定をミスして公開にしてしまったことがあるとのことです。

すると、あれよあれよとバズってしまいました。

この現象に手応えを感じて臨んだのが、2018年の『第一回いいなり選手権』です。

ここでググッと3万人のフォロワーを獲得、名実ともにTikTokerとなった彼女は、翌年、AbemaTV『オオカミくんに騙されない』でその個性も世に受け入れられていったという経緯になりますね。

つまり、なぜ人気になったかというと、ひとえに『かわいいから』と言えるでしょう。

一部では、事務所のごり押しという声もあるようですが、既述のように、事務所の指示でTikTokをしたわけではありません。

非公開設定をミスして公開したらバズるという彼女のポテンシャルこそが、ブレイクの呼び水となったのです。

かわいいからカットモデルとなり、スカウトされ、かわいいからTikTokもバズりました。

群雄割拠の芸能界だけに、このシンプルな理由で売れることは山之内すずさんの実力そのものと言えるでしょうね。

山之内すずが頭蓋骨や歌で炎上

奇抜なことや誤解を招きやすい発言をすれば、いずれも悪いほうに捉えられてしまうのが人気者の宿命ですね。

山之内すずさんにも、そういったアンチがついており、何度か炎上したことがあるようです。

例えば、歯科で頭蓋骨のレントゲンを撮ってもらったためそれをインスタグラムにアップしたことがありました。

ご自身でも可愛すぎると大絶賛の頭蓋骨だったのですが、それを可愛くないとの旨をコメントする方々も少なくなく、のちに、彼女も頭蓋骨が叩かれていることにもはや笑いが込み上げたといいます。

たしかに、かわいくない頭蓋骨の定義はわからないですね。

あるいは、2022年にご自身初のデジタルシングル『あの子になりたい(feat.40mP/山之内すず』リリース時のコメントです。

歌に関しては、これまでいくつかオファーがあったという山之内すずさん。

しかし、ご自身には作詞作曲能力も、類い稀な歌唱力もなく、知名度があるのみにも関わらず、つまりは『恐れ多い』ため断ってきたということを言いたかったのでしょう。


ただ、この時彼女は、音楽にかけてきた方々のポジションを奪うことに対する申し訳なさを口にしていました。

こうなると、アンチの方々の餌食になってしまいますね。

『勘違いしている』、『天狗』といった旨のコメントもあり、炎上してしまいました。

ご本人の言いたかったニュアンスはわかるだけに、こうした炎上を避けるためにも今後は言葉の選び方を学ぶと、こうした誤解は減るかもしれませんね。

関連記事
山之内すず、ハーフ説あるも家族は日本人。両親がフィリピン人説、仲良しの兄

山之内すず、韓国人説はデマ?学歴に伊川谷高校や北須磨高校、大学進学せず

山之内すずに似てる有名人。宇垣美里・坂ノ上茜・上白石萌歌など可愛い人ばかり

山之内すず、熱愛彼氏は三山凌輝?お泊りスキャンダル&破局の噂について

山之内すず、実家は兵庫で関西弁が得意。生い立ちに妙法寺&子役風の写真について