ふかわりょうの天才エピソード!若い頃はイケメン&ヘアバンド姿が特徴!高学歴で頭いい

独特のワードセンスと雰囲気で、天才として名を馳せたお笑いタレントのふかわりょうさん。

今でもそうですが、若い頃は本当にイケメンでヘアバンドが特徴的でした。

書籍を執筆するなど、頭いいなと感じさせられることも彼の特徴と言えますよね。

そんなふかわさんの、天才エピソードや若い頃のイケメンっぷり、頭の良さを調査してみましたのでご覧ください。

ふかわりょうのプロフィール

本名:府川 亮(ふかわ りょう)

生年月日:1974年(昭和49年)8月19日

身長:177cm

出身地:神奈川県横浜市港北区

最終学歴:慶應義塾大学

所属事務所:ワタナベエンターテインメント

ふかわりょうが天才だとわかる3つのエピソード!

ふかわさんは若くしてブレークし、多くのテレビ番組に出演し、人とは異なる雰囲気で存在感を発揮していました。

基本的に若手お笑いタレントは、20代を下積み時代として過ごし脚光を浴びることは少ないのですが、彼は違いました。

若くしてブレークした芸人には、短期間で仕事を失いテレビから消えていくというケースもありがちです。


しかし、彼の場合はそのケースにも当てはまりません。

ふかわさんがどのようにして若くしてブレークし、その後の地位を築いていったかを考えると、やはりその天才性がキーワードとなってきます。

そこで、彼が天才であることが分かるエピソードを紹介していきます。

ふかわりょうの天才エピソード①タモリに認められた!

ふかわさんを語る上で外せないものは、お昼の大人気バラエティ番組「笑っていいとも!」(フジテレビ)のレギュラー出演です。

彼はこの番組への出演により、世間に認知されたと言っても過言ではないでしょう。

当時無名だったふかわさんが、この番組で長期間使われた理由は何だったのでしょうか。

それを考えるキーマンとなるのが「お笑いビッグ3」の一角であるタモリさんです。

言うまでもなく、日本のテレビ業界の中で大きな力をもつタレントの一人です。

ふかわさんは、そんなタモリさんに「ハマって」いたのでしょう。

見知らぬ番号から着信があったので掛け直してみると、中年男性の声。

共演した当初は凄さを理解できていなかったそうですが、やがて部屋に遊びに来るような関係になったということです。

天性のセンスで芸能界での立場を築き上げてきたタモリさん。


そんな彼に認められたふかわさんも、間違いなく天才であると言えるでしょう。

類は友を呼ぶとも言いますからね。

ふかわりょうの天才エピソード②ネタが独創的すぎる!

ふかわさんのネタを見たことがある人は、意外に少ないかもしれません。

彼のネタは一言で言えば「シュール」この一言に尽きます。

世の中を独自の切り口で捉え、皮肉っているネタが多い印象がありますね。

個人的には、バカリズムさんと少し傾向が似ている印象を受けます。

ふかわさんがネタをやっていたのは、ほぼ若い頃の短い期間だけだったので荒削りではあるでしょう。

もしかしたら、彼がネタ一本で生きていたなら、R-1グランプリをとっていたかもしれませんね。

ふかわりょうの天才エピソード③本が面白い!

ふかわさんはタレント業だけではなく、執筆活動もされています。

彼はエッセイ本を書くことが多く、読んでみるとユーモアの中にもブラックな感じもあり、とても面白いものばかりです。


普通の人とは感覚が違い、観察眼が優れていることも本を読んでいるだけで伝わってきます。

実際に、ふかわさんと同じく執筆活動を行っていることで知られている東野幸治(ひがしの こうじ)さんから、彼の本は高く評価されています。

考えてみると、この二人の感性は少し似ているかもしれませんね。

ふかわりょうは若い頃もイケメンでヘアバンドがトレードマークだった!

ふかわさんの若い頃の姿を見たことがあるという人は、もしかしたら少なくなってきているのかもしれません。

デビュー当時の彼は本当にイケメンで、少し影がある部分も魅力的でした。

髪が長いことに対する評価は分かれるかもしれませんが、間違いなく顔立ちは整っています。

一見あっさりとしていそうで、太い眉毛や意外に主張が激しい鼻筋など、今の分類で言ったら「しょうゆ顔」といったところでしょうか。


そして、ふかわさんの若い頃のファッションで特徴的なものは、その白いヘアバンド。

彼の代表的なネタは、ダンスをしながらチクリと一言挟むというものでした。

おそらくは、そのネタをするにあたって、長髪が顔にかからないように付けていたのではないでしょうか。

それがあまりにも特徴的だったので、彼には白いヘアバンドを付けているイメージがついたのかもしれませんね。

ふかわりょうは慶應ボーイで頭いい!

ふかわさんは、当時のお笑いタレントでは珍しく高学歴でした。

なんと、あの慶應義塾大学を卒業しており、当時は移植の経歴でした。

慶應義塾大学在学中の1994年にお笑い芸人としてデビュー。

今でこそ高学歴芸人は珍しくなくなってきましたが、彼はその先駆けとも言えるでしょう。

実際に、ネタや出版する本のところどころに頭の良さがにじみ出ており、ワードセンスも抜群でボキャブラリーもあります。

頭の回転も早く知識もあり、コメンテーターとして鋭い発言をすることも多々あります。

彼の特徴的なところは、政治など固い話題からエンタメなどポップな話題まで幅広い見識を持っていることでしょう。

そして、自身の考えを誰にでも分かりやすく伝える技量にも優れている印象ですね。

芸能界でも異色の存在で、天才とも言われるふかわさん。

色々な大物にも認められており、その評判はあながち間違いではないでしょう。

若い頃もイケメンで、ヘアバンドや長髪に関しては好き嫌いが分かれるでしょうが、正に才色兼備といった感じでした。


慶應大卒であり、頭いい人物としても認知されていますよね。

彼には情報過多の傾向が見られる現代社会において、様々な事を分かりやすくまとめ、発信する能力があると言えるでしょう。

そんなふかわさんは、これからの時代テレビにも社会にも、今まで以上に必要とされる存在になっていく可能性があるのではないでしょうか。

関連記事
ふかわりょうは現在も結婚せず独身!歴代彼女や檜山沙耶との関係を総まとめ

ふかわりょうの実家は横浜。自宅は自由が丘。年収600万円の噂&愛車歴まとめ

長原成樹の現在。ダウンタウンや嫁との関係。生野で伝説?ナイトスクープ降板の謎

和泉修の現在。家族や嫁について。足ツボサロン、食事療法とその評判とは

ビビる大木、元相方が事故で芸能人引退の噂。若い頃に重病。同期は有吉弘行!

コメント