村田諒太の年収は5億円超?愛車の噂。自宅での鍛え方&資産10億でファイトマネー6億?

オリンピック金メダリストにしてプロでも世界チャンピオンになったこともある、ボクサーの村田諒太(むらた りょうた)さん。

まさに日本の歴史に残るボクサーと言っていいでしょう。

当然、その実績に見合った収入を得ているようで、一説によればその年収は5億円を超えていると言われています。

それを聞いてしまうと、愛車や自宅がどのようなものなのか気になってしまいますよね。

今回は、そんな村田さんの資産に関係する様々な話、驚愕のファイトマネーについて調査してみました。

村田諒太のプロフィール

本名:村田 諒太(むらた りょうた)

生年月日:1986年(昭和61年)1月12日

身長:183cm

出身地:奈良県奈良市

最終学歴:東洋大学

所属ジム:帝拳ボクシングジム

村田諒太の年収は5億円を超えている!?

2012年に開催されたロンドンオリンピックミドル級で金メダルを獲得し、日本ボクシング界を沸かせた村田さん。

日本人ボクサーは軽量級では比較的強いのですが、彼が戦っているミドル級で強いボクサーはあまりいません。

実際に、バンタム級を上回る階級でのメダル獲得は日本初の快挙となりました。


軽量級のフットワークを活かしたボクシングもそれはそれで華麗なのですが、中量級以上のパワーを感じるボクシングは独特の迫力がありますよね。

そんな華のある村田さんを周囲が放っておくわけもなく、プロボクサーへ転向することとなります。

彼のアマチュア引退からプロ転向に関しては、様々な出来事があったのですが、今回は割愛させていただきます。

晴れてプロボクサーとなった村田さんは、期待通りの試合を披露しました。

2017年10月22日に、両国国技館で行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチで見事勝利し、竹原慎二(たけはら しんじ)さん以来22年ぶり2人目の日本人によるミドル級世界王者となったのです。

日本人選手として竹原慎二に次ぐ2人目のミドル級の日本人世界王者となった。

この時は、本当に素晴らしいボクシングを見せて貰い、非常に感動したことを覚えています。

これ以降彼は日本トップのボクサーとなり、様々なビッグマッチに臨むことになります。

2022年における年収は5億円を超える見込み!?

プロボクサーの収入といえば、基本的には試合を行うことによって得られるものでしょう。

特に、有名で人気がある選手同士の対戦となると、その額は莫大なものとなってきます。

ボクシング史上最大のイベントとして、2015年5月2日にアメリカ・ラスベガスで行われた世界ウエルター級王座統一戦では、メイウェザーとパッキャオ両選手合わせて400億円以上の収入があったと言われています。

ボクシング史上最大のスーパーファイトは2015年5月2日、米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われた世界ウエルター級王座統一戦である。

流石にボクシング界のトップに長らく君臨していたこの二人の試合には及びませんが、村田さんも2022年4月9日にビッグマッチを行いました。


それは、ゴロフキンとのWBA・IBF世界ミドル級王座統一戦です。

プロボクシングWBA、IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者の村田諒太(36)=帝拳=は、IBF王者のゲンナジー・ゴロフキン(40)=カザフスタン=に9回TKOで敗れ、王座統一に失敗した。

村田さんは序盤こそ優勢に見えたものの、徐々に相手に圧され、残念ながら9回にTKO負けを喫してしまいました。

しかし、試合にこそ敗れたものの、興行としては大成功。

村田さんは、一説によれば、この1戦で5億円以上の大金を手にしたと言われています。

彼はこの試合に全てを注ぎ込んでいたので、2022年内に他の試合が行われる可能性はまず無いと考えられています。

しかし、メディアへの出演や解説など他にも様々な仕事をこなしています。

そのことを考えると、村田さんの2022年度における年収は、5億円を超えると見てほぼ間違いないでしょう。

村田諒太の愛車はベントレー?自宅でトレーニング!資産は10億円超!?

村田さんほどのボクサーになると、プライベートなども色々と気になってきますよね。

例えば、愛車はどのようなものに乗っているのでしょうか。

調べても確定的な情報は出てきませんでしたが、もしかしたら彼の愛車はベントレーかもしれません。


というのも、とある輸入車販売会社のブログで、もしかしたら村田さんの車なのではという匂わせが行われていたからです。

M様の御愛車 BENTLEY TurboR

オーナーに関してはイニシャルとなっていますが、ブログのタイトルが意味深ですよね。

村田さんのイメージにも合っている車ですし、可能性はあるかもしれません。

自宅でビジョントレーニングを行っている!

村田さんほどのボクサーになると、様々なトレーニング手法を試しているようです。

その中には、目の力を鍛えるためのビジョントレーニングも含まれています。

“目力”見せます-。ボクシングのロンドン五輪金メダリストでWBA世界ミドル級1位村田諒太(31=帝拳)は18日、同級タイトルマッチを含むトリプル世界戦(22日、両国国技館)の都内での予備検診を受診。

2015年頃から、約100万円もする装置を自宅に設置して、目の力を鍛えているようです。

どんな場所でもトレーニングを忘れない。

それが彼の強さの秘訣なのでしょう。

資産は累計すると10億円を超えている!?

村田さんはボクサーとしての注目度が非常に高く、試合による収入はもちろんのこと、スポンサー契約でも多額のお金が舞い込んできます。

関係者の話では、村田級のアスリートだと契約料は1社1000万円ほどになるという。

彼はゴロフキン戦に代表されるようなビッグマッチを何試合もこなしています。

そして、そのイケメンな容姿もあってか、世間からの人気も絶大なものがあります。

当然多数の企業が彼をスポンサードしていることでしょう。

そう考えると、彼が生涯で稼いでいる金額は10億円を超えていたとしても、全く驚きではありません。


もちろん、その全てを預金や運用しているはずもなく、それなりに出費もしているでしょう。

しかし、資産運用などを上手に行っていれば、その資産は10億円を超えている可能性はあります。

彼が投資で失敗したといった話も聞きません。

なので、想像以上に資産を増やしている可能性すらあるかもしれませんよ。

村田諒太のファイトマネーが凄すぎる!

ボクシングの世界では、貰えるファイトマネーの額がそのボクサーの人気・実力を示しているといった部分があります。

そして、そういった側面から村田さんの事を見てみると、まさに彼は日本歴代トップのボクサーになったと言えるのではないでしょうか。

といのも日本のボクシング史上最高額となるファイトマネーは、1994年に行われた辰吉丈一郎(たつよし じょういちろう)さん対薬師寺保栄(やくしじ やすえい)さん戦であり、両者が手にした額は1億7000万円と言われていました。

日本ボクシング史に残る英雄の挑戦は、最強ファイターの前に散った。

ところが、2022年に行われた村田さんとゴロフキンの対戦では、それを遥かに超えるファイトマネーが動いたそうです。

推定額となりますが、彼が手にしたファイトマネーは最大で約6億円とも言われており、今までの最高記録と比べて3倍を超える額となります。

もちろん、村田さんだけではなく、対戦相手であったゴロフキンの知名度の高さも大きく影響したのでしょう。

しかし、日本のボクサーがここまで大金が動く試合を行った事は、とても感慨深いものがありますよね。

日本史上最高のボクサーであると言っても過言ではない村田さん。

その推測される年収もまさに桁違いなものでした。

愛車や自宅に関して調べてみましたが、噂レベルも含めて彼らしいものでしたよね。

資産に関しても凄まじい金額を運用している可能性があり、その源泉は多額のファイトマネーなのかもしれません。

村田さんはまだ今後の動向を明言していませんが、是非ゴロフキンとの再戦が見られることを願っています。


関連記事
井上尚弥は年収。ファイトマネー&契約金が凄い。事務所はホリプロ、海外の知名度も抜群

井上尚弥は自宅豪邸をローン購入。愛車はベンツ?愛用時計のブランドはロレックスなど

竹原慎二が自宅豪邸ぶりを公開。畑山隆則とボクシングジム開業。広島のPR大使で恩返し

長谷川穂積の自宅トレが話題!年収は数千万?愛車やハーレー、オリジナルキャップのブランドとは

山中慎介の現在はユーチューバー!嫁や自宅を紹介。実家の家族&兄弟について