藤村志保の夫は会社社長。若い頃の活躍&学歴は高卒。現在の活動。病気はデマ。家族まとめ

藤村志保(ふじむらしほ)さんは、和服の似合うベテラン女優。

結婚しているようですが、夫はどんな方なのでしょうか。

若い頃や現在の活動、心配される病気の噂などについてご紹介します。

藤村志保のプロフィール

本名:静永操

生年月日:1939年(昭和14年)1月3日

身長:159cm

出身地:神奈川県川崎市

最終学歴:フェリス女学院高等部卒業

所属事務所:オフィスポエム

藤村志保の夫は会社社長

藤村志保さんの夫は静永純一さんといい、これまでに会社社長・会長などを務めている方のようです。

週刊平凡という雑誌の1970年6月発行の一冊に「結婚相手は静永純一氏 会社社長 37歳 藤村志保の婚約記者会見」というタイトルの記事があります。

なので結婚したのは1970年、藤村さん31歳の頃のことなので、夫は6歳年上ということになりますね。


37歳で会社社長とは、なかなかのやり手という印象です。

なんでも彼は元・日本シニセル株式会社の社長。

日本シニセルという会社はその後株式会社CNインターボイスと社名変更されていて、純一さんはCNインターボイスでは取締役会長を務めていたそうです。

この会社は映像コンテンツなどの制作を行っている会社なので、芸能界と関わりの深い業界のかたなのですね。

2023年時点で会社のサイトには静永純一さんの名前がないことから、現在(2023)は退任されているようです。

藤村志保の若い頃、かわいいだけでなく実力派の女優

若いころは大映映画の看板として、美しさと実力を兼ね備えた女優だった藤村志保さん。

もともと演技が好きだった彼女、1961年に大映京都撮影所演技研究所に入所。

そこで確かな演技力を培い、翌年に出演した『破戒』で数々の新人賞を受賞しました。

若い頃から見た目が美しいだけでなく、実力も兼ね備えた女優さんだったようです。

その後は主に時代劇への出演が多く、1965年『太閤記』でねね役を演じたのを皮切りに数々のNHK大河ドラマにも出演歴があります。

デビュー当時ということでお若いですが、既に落ち着いた雰囲気をお持ちです。

1968年『怪談雪女郎』の際の藤村志保さん。


ミステリアスな役も似合っています。

1977年38歳の頃、人気シリーズ『男はつらいよ 寅次郎頑張れ!』でマドンナを演じました。

写真で昔の画像を振り返ると、藤村志保さんは若い頃から品のある和風美人ということが分かります。

藤村志保の学歴

藤村さんはフェリス女学院高等部を卒業しています。

フェリス女学院は1870年アメリカ人女性宣教師メアリー・E・キダ―によって創立された歴史ある学校。

「豊かな知性と教養を備えた、自由で自立した女性」を育てるという方針を持つ教育機関です。

その学院の卒業生藤村さんの経歴を見ると、豊かな知性や教養がしっかり育まれたと思わされる活動が複数見受けられます。

例えば彼女は1983年に女優初の放送番組向上委員会委員長に就任。

また1985年には臓器移植を取材し『脳死を越えて』という書籍を執筆、第6回読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞を受賞しています。

知的な雰囲気を持つ藤村さんですが、きっと教養豊かな中身から醸し出されるインテリジェンスがそうさせているのでしょう。

ちなみにフェリス女学院時代の同級生には作詞家・訳詞家・エッセイストなどとして知られる安井かずみさんがいたそうです。

卒業後は大映演技研究所に入所し、女優への道を進んでいます。

藤村志保、現在(2023)の活動は、病気で仕事を降板?

1962年のデビュー以来数々の作品に出演している藤村さん。


近年の活動ではドコモのCMや大河ドラマのナレーションなどを記憶している方が多いかもしれません。

ドコモのCMに登場

2013年にはドコモのCMに出演した藤村志保さん。

このCMはドコモのイメージキャラクター「ドコモダケ」とコラボした「ドコモ田家ファミリー」が登場。

ライバル会社ソフトバンクの「白戸家」に対抗したものと思われます。

このドコモ田家のCMには藤村さんの他に父親役の高橋克実さん、母親役の草刈民代さん、岸部一徳さんら豪華キャストが出演しました。

CM発表会の藤村志保さん。

麗しい和服姿にキノコの被り物のミスマッチ感が何とも言えずいい味を出しています。

背骨圧迫骨折で『軍師官兵衛』のナレーションを降板

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』ナレーションにキャスティングされた藤村志保さん。

番組のチーフプロデューサーは「播磨の母なる大地が、戦乱の世に心を痛めつつ、黒田官兵衛を見守る」というイメージで彼女にオファーを出したのだとか。

しかし、視聴者からは放送直後から「活舌が悪く聞き取りにくい」、「ナレーションが珍妙」などと彼女のナレーションに批判的な声も上がっていました。

そんなある日の事、思わぬ事態が藤村志保さんを襲います。

同年1月3日に背骨を圧迫骨折してしまうのです。


ちなみに骨折の原因は「年齢を重ねたことにより骨がもろくなり、筋肉が衰えたこと」と関係者が明かしています。

藤村さんは医師より絶対安静の診断を受け、収録の継続が困難となりナレーションを降板することに。

本人はこの事態に際し次のようなコメントを発表しています。

「この大役を最後まで全うすべく努力する所存でおりましたが、担当医師のアドバイスに従い、治療に専念したいと思います。今後は出来るだけ早く回復し、再び役者として皆様にお目に掛かれるように治療、リハビリにあたりたいと思っております」

その後は収録を終えていた第6話までは藤村さんのナレーションで放送され、第7話より元NHKアナウンサー広瀬修子さんがこの役を引き継いでいます。

大河のナレーションを途中降板したことが世間の注目を集め、藤村志保さんが「病気で降板した」と言われることも多いようです。

しかし実際には病気というより背骨の骨折での降板でした。

ちなみにこの骨折に関しては同年8月ごろまでには回復した模様。

回復した暁には女優の矢部美穂さんらも参加した快気祝いも催されたようです。

最近見かけないのは病気のせい?

2014年の大河ドラマのナレーション降板後、藤村さんの活動を見かける機会がないように思われます。

病気などが原因なのかと心配になりますよね。

調べた限り藤村さんが病気をしているといったメディアの報道は見当たりません。

しかし、藤村さんと親交のある京都祇園の呉服店「ぎをん齋藤」の女将さんが気になる発言をしています。


「ぎをん齋藤」のサイト内「女将思い出語り」というコーナーに次のような一文があるのです。

藤村さんは現在(2023)、体調を崩され療養しておられますが、一日も早くお元気になり、再び映像の中でお会いしたいと心より祈っております。頑張れ!志保さん!

この一文を含む文章が掲載されたのが2020年9月となっているので、この時藤村さんが何かしらの病気で体調を崩していた可能性は高いと言えます。

これだけでは藤村さんがどんな状態なのかがわからず心配になりますよね。

大きな病気などをされていないことを祈るばかりです。

藤村志保の家族

藤村志保さんはお父様を早くに亡くし、お母様に育てられています。

父親は彼女が4歳の時に戦争で亡くなったそうです。

1943年のことなので第二次世界大戦で命を落とされたのですね。

その後は、毛糸商を営んでいる母親に育てられたと言います。

お母様はその時代の日本人女性にしては身長がある方で、物事に対し鷹揚に構えるタイプの女性だったようです。

また料理がお上手だったようで、藤村さんの親しい友人が自宅を訪問した際「夕食を食べて帰りなさい」と手料理を振る舞うような方だったそう。

兄弟に関しては一切情報が見つからないため、いないかいたとしても一般の方なのでしょう。

大人になってからは結婚を経て、現在(2023)の家族は夫・静永純一さん。

2人の間には子どもはいないようなので、夫婦2人で静かに暮らしているものと思われます。


関連記事
佐々木すみ江の若い頃と家族。夫はジャーナリスト&娘は?死因は肺炎

市川雷蔵の息子が喫茶店を経営。娘は?子供時代の苦労&結婚した嫁とは

夏木マリに子どもなし。元夫はデマで結婚歴1回。元夫の現在も存在せず&孫がいる!

夏木マリに病気の過去。現在(2023)は元気に活動。自宅は東京&京都。アパレル経営やうどん屋が話題

本郷功次郎の妻は古城都。息子は壮二郎。兄弟不明だが芸能家族。死因は心不全。身長170?

久保菜穂子の現在(2023)。子供と結婚。恋人・梅宮辰夫との破局と夫について

松嶋菜々子の現在(2023)。結婚生活と離婚の噂。反町隆史との夫婦仲、運動会での姿が話題