浜口庫之助の前妻は一般人。妻は元女優。娘が博士号&息子はミュージシャン

浜口庫之助(はまぐちくらのすけ)さんは、「星のフラメンコ」や「バラが咲いた」、「人生いろいろ」などを作った作曲家です。

浜口さんの妻として知られているのは元女優の渚まゆみさんですが、渚さんとは再婚でした。

そんな浜口さんの前妻や渚さんとの結婚、お子さんたちについてなど、お伝えします。

浜口庫之助のプロフィール

愛称:ハマクラ

本名:浜口庫之助

生年月日:1917年(大正6年)7月22日

没年月日:1990年(平成2年)12月2日

出身地:兵庫県神戸市

最終学歴:青山学院大学商学部卒業

浜口庫之助の前妻は一般人

浜口庫之助さんは、1950年に「邦子」さんという女性と結婚されています。

その時浜口さんは33歳でした。

作曲家として名を馳せる前で、ハワイアンバンドのメンバーとしてや、「スウィング・サーフライダーズ」「アフロクバーノ」といったグループを結成し、音楽活動をしていました。

邦子さんは一般人だったため、名前以外の年齢や顔写真といった情報は一切公開されていません。


浜口さんと邦子さんの馴れ初めや、お付き合いしていた期間なども明かされていません。

お2人の間には、男性と女性のお子さんが1人ずついらっしゃいます。

そのうちの男性のお子さんは、パーカッショニストの浜口茂外也さんです。

浜口さんは1958年ごろから作詞・作曲家に転向。

1959年にはスリー・キャッツに提供した「黄色いさくらんぼ」、守屋浩さんに提供した「僕は泣いちっち」などの楽曲が大ヒットし、作詞・作曲家として注目を浴びるようになります。

邦子さんはそんな浜口さんを影で支えていました。

浜口さんの後妻にあたる渚まゆみさんが、浜口さんは育児などに厳しく亭主関白な方だったとおっしゃっていましたので、邦子さんに対しても同じように接されていたかもしれませんね。

浜口さんはヒットメーカーと呼ばれるようになって数年後、1963年に邦子さんと死別してしまいました。

邦子さんの死因などは明らかになっていません。

それまでは絶え間なくヒット曲を提供していた浜口さんですが、1963年から1964年にかけてはあまり楽曲提供を行っていなかったようです。

提供が減ったことに邦子さんの死去が影響しているのかは明らかではありません。

最後の妻・渚まゆみは元女優

浜口庫之助さんは、1973年に元女優の渚まゆみさんと再婚されました。

渚まゆみさんは1960年に女優としてデビューし、様々な映画やドラマなどで活躍しました。

1973年の結婚当時は29歳で、浜口さんとの年齢差は27歳ということで大変話題になりました。

浜口さんと渚さんの接点は、1972年に渚さんがリリースしたシングル「タスコ慕情」などを浜口さんが作曲されており、結婚後も浜口さんが作った楽曲を歌われています。


いつごろからお付き合いをされていたのかは明らかになっていませんが、浜口さんから歌のレッスンを受けたりしていたそうです。

結婚に至った経緯は、渚さんの元にお見合いの話があり、その時に「結婚するなら先生のような人がいい」と浜口さんに言ったそうです。

すると、後日浜口さんから渚さんに結婚しようという話があったそうです。

浜口さんが前妻の邦子さんを亡くされて10年後のことだったそうです。

結婚翌年の1974年には「あんず」さんという娘さんが生まれました。

渚さんは浜口さんについて、歌のことでは怒られたことはなかったですが、生活面や育児に関しては厳しい人だったと語っておられました。

また、浜口さんは何でも歌にしてしまうそうで、「主婦とロマン」といった楽曲を渚さんのために作ったり、喧嘩したことも歌にして仲直りしていたそうです。

その後、浜口さんは咽頭癌を患い、1990年12月2日に73歳で他界されました。

浜口さんと渚さんの結婚生活は17年間ありましたが、最初の7年はお元気で、その後の10年間は闘病生活だったそうです。

浜口さんが亡くなる前に渚さんにかけた言葉は「君が明るくてよかった。ありがとう。」だったそうです。

娘は博士号を取った&息子はミュージシャン

浜口庫之助さんには、前妻の邦子さんとの間に1男1女、渚まゆみさんとの間に1人の女の子のお子さんがいらっしゃいます。

邦子さんとの間に生まれた男の子は、パーカッショニストの浜口茂外也さんで、日本のパーカッションのスタジオミュージシャンとして第一線で活躍されています。

細野晴臣さんや松任谷正隆さんらが在籍した伝説のバンド「ティン・パン・アレー」のツアーにも、パーカッションとフルートで参加されていました。

1990年にはバンド「浜口茂外也グループ」を結成し活動したり、ご自身のソロの作品も制作されています。

娘さんに関しては一般人のため、名前や顔写真などの情報はありません。

渚まゆみさんとの間に生まれた娘さんは「あんず」さんで、ロンドンで博士号を取るなどし、国際的に活躍されているそうです。


2024年現在は結婚もされ、渚さんにはお孫さんができているそうです。

また、あんずさん夫妻とお孫さんは今でもロンドンに住んでいるそうで、渚さんはロンドンと東京を往復する生活を送っておられるそうです。

関連記事
中山大三郎の妻は小川宏の娘。死因は中咽頭癌&韓国の曲が多く詳しい

なかにし礼が死去。家族の支えと心筋梗塞、食道がん闘病。嫁・石田ゆりのうつ病

なかにし礼、兄の借金と確執。母はヒロイン。息子と娘、孫の現在

西郷輝彦の家系図。現在(2023)の妻・今川明子の実家は静岡、再婚なし&辺見マリと離婚

西郷輝彦、娘は女優の辺見えみり。次女は一般人、三女・今川宇宙は女優。息子は音楽&孫1人

錦野旦の現在(2023)は病気?破産の過去も!結婚そして再婚、息子・娘について

島倉千代子、夫・藤本勝巳との結婚は5年間。息子なし。実家は東京、家族いない晩年&弟との関係