堂本剛の家族。父と母に離婚疑惑?姉は経営者&実家が金持ちの噂

近年は音楽活動に軸足をおいたプロジェクトを展開中の堂本剛(どうもとつよし)さん。

2009年に故郷・奈良の薬師寺公演からスタートした寺社仏閣ライブはライフワークになりました。

郷土愛の深さもよく知られるところです。

今回はそんな堂本剛さんのルーツに注目。

父と母ほか家族についてやエピソードをまとめます。

あわせて、彼の実家の「お金持ち説」についても迫っていますので、注目です。

堂本剛のプロフィール

本名:堂本剛

生年月日:1979年4月10日

身長:166cm

出身地:奈良県奈良市

最終学歴:堀越高等学校

所属事務所:ジャニーズ事務所

堂本剛の地元・奈良への愛着

堂本剛さんは1979年4月10日、奈良県奈良市で生まれました。

堂本家の長男で、6歳上の姉がいます。

本名の「剛」は、強い子に育つようにという願いから父親が名付けたもの。

子供の頃はおじいちゃん子で、平城宮跡の野原でよく遊んでいたそうです。

14歳で上京して芸能活動に慣れた頃、わけもわからず苦しくてたまらなくなり、気づいたら故郷の大極殿跡に立っていたという堂本剛さん。

東京と違い、ゆったり流れる奈良の時間や古代から息づく歴史と文化に心が癒されたといいます。

周囲の期待に応えようとして迷走する自身の弱さに気づくとともに、故郷・奈良はすごいところだと感じたのはこの時でした。

奈良は堂本剛さんにとってパワーをくれる地であり、原点ともいえるでしょう。

自分を見失った時は奈良を訪れてほしいと話しています。

堂本剛の父と母に離婚疑惑が浮上?

堂本さんの母親は、堂本陽子さんというそうです。

子供の頃から母とは隠し立てせず何でも話せる仲だったという堂本剛さん。

パーソナリティを務めるラジオ番組でも母の話題が圧倒的に多く、母を思う気持ちの強さが伝わってきます。

人から「お母さん美人でしょう」と聞かれて「まあそうですね」とさらりと答えるところからも自慢の母親であることがわかります。

また、お母さんは、自分の思っていることをすぐに言葉にする方なのだそう。

例えば、KinKi Kidsのコンサート会場で、ファンの方に声をかけたというエピソードがあるのです。

その時は「いつもうちの息子をありがとうございます」と声をかけたのだそう。

もしかすると、母陽子さんは少々天然な方なのでしょうか。

また、「感謝の気持ちを忘れない」という堂本剛さんの姿勢は、母親譲りなのかもしれません。

一方、堂本さんの父親は、堂本久光さんという名前なのだそう。

おしゃべり好きな母に対し、父は寡黙な人柄だといいます。


父の職業については、教師や不動産関係などさまざまな憶測が飛び交っている状況。

過去にラジオ番組で発言した「お父さんは社長とかやって」「以前は教師」という言葉の影響でしょうか。

職業は建築関係という情報がちらほらみられますが、確証はつかめませんでした。

また、ある時期から父の話をしなくなったことから両親の離婚疑惑も浮上しています。

堂本剛さんによると、父は考え方がとても固く、自分とはかけ離れたタイプの男性とのこと。

例えば、この家は俺が建てた家、俺が父親、おまえは息子というわかりやすい父親像なのだとか。

古き良き昭和の父親という感じでしょうか。

父子関係にいろいろあったかもしれませんが、今は連絡を取り合い、ゴルフを一緒にすることもあるようです。

こうしたエピソードからも、なんだかんだ父子関係は良好なのではないかと推察しています。

両親の離婚疑惑については剛さんの口から何も語られていない以上、噂の域を出ていません。

これはあくまで憶測ですが、自分の発言がきっかけで、家族のプライベートや職業について詮索されることを避けたいため、メディアで語る機会が減ったのではないかと推察しています。

どうやら彼のお父さんは、立場のある仕事についていることが伺えますので、父の仕事へ影響を来さぬよう、話題を出すことをやめたのではないでしょうか。

真相が気になるところです。

堂本剛の母のど根性エピソード

母との仲のよさで知られる堂本剛さんですが、この母には驚きの母性愛エピソードがありました。

息子のために出産日を自力でずらしていたのです。

待望の長男の出産予定日は1979年4月9日。

予定通り、当日に陣痛がはじまります。

ところが、誕生日が死と苦では縁起が悪いとお母さん。

まだ出てきちゃだめとわが子に言い聞かせ、産みの苦しみに耐えました。

時計が夜中の0時を回ったところで本格的に産気づき、明け方に元気な産声が。

堂本剛さんの誕生日が4月10日になったのは母の愛のおかげです。

最近では、なかなか結婚しない息子に、あるプレゼントを用意していたのだとか。

それはまだ見ぬ孫へのミニカーでした。

息子の結婚は自分がこの世を去ったあとになるかもしれないと思い、おばあちゃんのプレゼントとして買っておいたそうです。

2019年には不惑の40歳を迎えた堂本剛さん。

音楽活動もファッションも誰かのためというよりは自分であるための表現方法なのでしょう。

無理せず、媚びず、あくまで自然体であるところがすばらしいと思います。

闘病などの体験を経てこのような境地にたどり着いたのかもしれません。

堂本剛の姉はファッションブランドを経営!

堂本さんには、6歳年上のお姉さんがいます。

名前は希美さんといい、2022年で49歳を迎える方です。

ジャニーズ事務所に入所したのは、小学6年生の時に母と姉が履歴書を送ったことがきっかけでした。

姉の希美さんは既婚者で、hifumiyoという和風テイストのファッションブランドを経営しています。

堂本剛さんの衣装にはhifumiyoが提供するものもあるのだそう。

たびたびhifumiyoの衣装を着て、メディアに出ている堂本さんの姿も見かけます。

個性的なファッションは姉の影響もあるのかもしれません。

また、希美さんは漫画「銀魂」の大ファンだそうで、堂本剛さんが映画に出演することが決まった際には、役作りを指導したとのエピソードも。


「着物を着た時に華奢に見えるように胸の肉を落としなさい」など、ファンだからこその具体的な指導も入ったそうです。

役作り成功の背景には、彼女の尽力があったことがわかりました。

堂本剛の実家はお金持ち?

堂本さんの実家は、「奈良県敷島町」にあるとの噂がありました。

生家については「由緒ある家柄なのではないか」という憶測も飛び交っているようです。

理由としては、小学校でバスケットボール部に入った息子のために両親が庭にゴールを作ってくれたこと。

また、庭に滝を作ったと剛さん自身が発言していること。

さらに、剛さんの名前を決める際に親族が介入したという情報がみられます。

他にも、堂本さんの父親が、某証券会社からVIP待遇を受けているとの情報もありました。

自宅の庭にバスケットボールのゴールや滝があると聞けば、広い庭付きの大邸宅を誰しも想像してしまいます。

また、名前を決める時に親戚が口を出すだなんて、ドラマや映画のような話です。

以上から「堂本さんの実家は”地主”なのではないか」という噂が浮上していました。

ですが、こうした断片的な情報が拡散しているだけで、詳細ははっきりしていません。

余談ですが、庭に作ったバスケットリンクで堂本さんが遊ぼうとしたところ、お母さんから「芝が痛むからやめて」と言われて、結局は庭でバスケはできなかったのだそう。

それではなぜ、庭にバスケットゴールを作ったのでしょう。


このように、景観を大切にするほど趣がある庭であること。

そして、結局作った意味はなかったけれど、”とりあえず”でバスケットゴールを作る財源があること。

こうしたエピソードからも、彼の実家が裕福であることがうかがえるのではないでしょうか。

堂本剛の関連記事
堂本剛の耳(突発性難聴)の後遺症は?入院&退院してヘッドホンでライブ復活!

堂本剛の病気、痩せた理由はダイエット?体調とパニック障害&過呼吸の今

堂本剛の性格は?優しい&面白いと評判。マザコンの噂なぜ

堂本剛の仲良し友達はだれ?役者のムロツヨシ&芸人の天竺鼠川原は親友?

堂本剛の友達は役者だと小栗旬?山田孝之、菅田将暉と似ている?

堂本剛は天才&才能のかたまり!歌詞の魅力や絵がうまい理由。習字スキルまとめ

コメント