北斗晶の息子(長男)の高校はコロンビアインターナショナルスクール!?マラソンでの距離は!?

hokutoakira_kao07_150624_c

仲睦まじいファミリーのイメージで人気の北斗晶。
ブログも人気で常に世間の関心を集めています。
中学を卒業した息子である長男の学校についても
やはり話題になっているようです。
そのあたりの状況を調べてきました。

北斗晶の長男が通う学校は?

北斗晶の長男は今年(2014年)から高校生になっている年齢です。
北斗晶のブログにも、「今日から高校生」の記事が書かれています。


これだけテレビでも注目を集めている家族ですから、
当然、長男の健之介さんの学校についても関心を集めます。

中学については、東京都目黒区にある「日出中学」だという
情報がありましたが、また別の情報では、

中学からインターナショナルスクールに通っているのでは?と
思わせるようなものもあります。
また、インターの家庭教師をつけていたというような情報まで。

噂の多さはファミリーの人気ぶりを表しているようです。

高校についても、日出中学説に乗るなら、そのまま内部進学で
日出高校ということも考えられるのですが、

このインターナショナルスクール説も実際にありそうな話です。

そして、そのインターナショナルスクールというのが、
「コロンビアインターナショナルスクール」だと言われています。
⇒「コロンビアインターナショナル」ホームページ

ここに通っているという決定的な確証はありませんが、
健之介さんは中学時代に、毎年夏休みを利用して、
カナダで短期ステイをしていたそうです。


そして、このコロンビアインターはカナダ・オンタリオ州教育省の
カリキュラムを採用しているとのことです。
全然あってもおかしくない話ですね。
関連記事:北斗晶の息子(長男)の受験・進学先の高校はどこ!?婚約した年齢は!?

プロレスラーになりたいと話しているらしい健之介さんですが、
ここで英語をしっかり習得して、将来は国際的に活躍する
プロレスラーになっているかもしれませんね。

24時間テレビでのマラソン

以前、北斗晶と佐々木健介ファミリーは24時間テレビで
マラソンランナーを担当しました。

24時間テレビ初のリレー形式で行われたマラソンは
佐々木健介が1番手で走り、その距離は61.6km。

たすきをつないだのは長男・健之介さんで、
担当した距離は6kmでした。

次は次男の誠之介さん、4.0km。

そしてアンカーが北斗晶で47.9kmを走破しました。

佐々木健介は110kgの体重で61kmはすごいです。
足首や腰、股関節への負担がかなり大きかったようで、
太ももに肉離れを起こしながらも走り続けました。

最後の北斗晶も、この日のために練習を重ねて、
8kgも減量していたそうです。

しかし、現役時代に傷めた膝の古傷が痛んでくるようで、
最後には佐々木健介に寄り添われながらのゴール。
そのシーンを観ていて感動した方も多いと思います。

ファミリー合計で走った距離は120kmです。
25時間と少しをかけてのリレーマラソンでした。


ちなみに、このマラソンを走ると、その後の仕事が
いまいちパッとしなくなるという噂があるようですが、
このファミリーへの仕事のオファーは、引き続き
かなりの数がくることになっているそうです。

そんなマイナスジンクスも関係なしの
人気ファミリーだということですね。

◆北斗晶関連記事
北斗晶が後藤真理のためにハワイへ?友達のお墓って誰のこと?

北斗晶ブログ(アメブロ)で辻希美の若夫婦をフォロー!?実家の場所は!?

北斗晶の自宅の外観・インテリアがヤバい!?住所・場所は吉川市!?

北斗晶の伝説と豊田真奈美戦での膝負傷。1995年に起きた出来事とは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする