水谷豊の性格はいい?悪い?殿と呼ばれ評判は?歴代相棒の降板理由まとめ!

「相棒」の杉下右京がはまり役となっている水谷豊さん。
常に高視聴率で良い評判ばかりのドラマとは逆に水谷豊さんは性格の悪さが評判のようです。

相棒の相方が変わるのは水谷豊の性格が原因?

テレビ朝日の看板ドラマとである「相棒」。
水谷豊さんはseason1から出演していますが相方役は何度か交代しています。


相方役の卒業が発表されると同時に次の相方役は誰になるのか世間では注目を集めますが、相方役が変わるのは水谷豊さんの性格が影響していると言われています。

最初の相方役を演じたのは寺脇康文さん。
相棒が始まった当初は先輩・後輩として良好な関係を築いていた水谷豊さんと寺脇康文さん。
ところが寺脇康文さんが徐々に作品に対して意思表示をするようになったことが水谷豊さんには気に入らずに降板させられたそうです。

次に相方役を演じたのは及川光博さん。
及川光博さんは相棒での共演が縁で檀れいさんと結婚し、仲人を水谷豊さんが務めたことが大きな話題となりました。
ところが及川光博さんの不倫疑惑が報道されたことで潔癖症と言われる水谷豊さんの逆鱗に触れてしまい降板することになりました。

3人目の相方役を演じたのが成宮寛貴さん。
成宮寛貴さんの出演は水谷豊さんがラブコールを送って実現したと言われています。
ですが成宮寛貴さんの演技に水谷豊さんが納得いかずに降板となります。

いずれの降板理由も噂半分というところですが「火のない所に煙は立たぬ」と言います。
全てがデマとは言い切れないかもしれません。

水谷豊の性格が悪いと評判だった

「相棒」のキャスティング権を持つと言われる水谷豊さん。
業界では性格が悪いと評判でした。

水谷豊さんは相方役を降板させるだけでなく主要スタッフも外してしまうほどの権力を持ち、関係者からは「殿」と呼ばれ丁重な扱いを受けているそうです。

なぜ水谷豊さんはこれほどの権限を持つのか。
それは「相棒」の存在が非常に大きいでしょう。

テレビ離れが進み視聴率が15%いけば成功と言われる現代において「相棒」は常に20%近い高視聴率を叩き出します。
テレビ朝日にとって「相棒」はまさにドル箱と言える作品です。
その「相棒」で主演を務める水谷豊さんが重宝されないわけがありません。

水谷豊さんの性格が悪いと言われるのはこのように関係者が丁重に扱い過ぎているせいかもしれません。

本当はいい?水谷豊の性格


性格が悪いことが評判となっている水谷豊さん。
本当の性格はいいという情報もありました。

水谷豊さんの性格がいいエピソードを披露したのは長らく「相棒」に出演していた川原和久さんと六角精児さん。
お二人は「凄いと思う役者」として水谷豊さんの名前を挙げています。

その理由として六角精児さんは
「気遣いがすごい」と、
水谷豊さんの人柄や振る舞いを賞賛しています。

また、川原和久さんも

現場に入った時にスタッフも含めて全員と握手する

と発言していますが、ある日を境に水谷豊さんはスタッフと握手をしなくなったことも明かしています。

突然握手を辞めたのは水谷豊さんの性格の悪さが出たのかと思いきやそうではありません。
水谷豊さんと握手をするためにスタッフが作業用の手袋を外すことを申し訳なく思ったからだそうです。
そこから握手ではなく「グータッチ」をするように変更したようです。


長らく大ヒットドラマの主演を務める大物俳優でありながら周囲に敬意を払う一面もある水谷豊さん。
性格が悪いと言われるのは水谷豊さんが本物の俳優でありその求めるレベルが高すぎるせいかもしれません。