寺脇康文の現在は相棒復活で話題。水谷豊との仲は良好。降板理由にストイックな性格の噂

『王様のブランチ』の総合司会や『相棒』シリーズでの主演など、多方面で活躍してきた寺脇康文(てらわき やすふみ)さん。

近年はあまりメディア出演していない印象でしたが、2022年は『相棒』への復帰が話題になりましたね。

今回は、寺脇さんの現在や、過去の『相棒』降板理由、水谷豊さんとの関係を見ていきます。

また温厚で真面目な性格という情報も紹介していきます。

寺脇康文のプロフィール

本名:寺脇康文

生年月日:1962年2月25日

身長:180cm

出身地:大阪府大阪市

最終学歴:岐阜県立岐陽高等学校(現在の岐阜県立本巣松陽高等学校)

所属事務所:アミューズ

寺脇康文の現在は『相棒』復帰で話題

2022年の寺脇さんに関するニュースといえば、やはり『相棒』シリーズへの復帰です。

ドラマの新シーズンスタートだけでなく、『相棒コンサート -響-』での久々のトークなどもあり、多くのファンが盛り上がりました。

寺脇さんが『相棒』シリーズに出演していたのは、最初期の単発ドラマの頃からです。

水谷豊さん演じる主人公・杉下右京の相棒である亀山薫として、シーズン7の第9話まで出演していました。


それ以降、相棒のポジションはたびたび交代しており、及川光博さんや成宮寛貴さん、反町隆史さんら人気俳優が担当しました。

寺脇さんは回想シーンに出てくる程度でしたが、2021年のシーズン20をもって、4代目の反町さんが降板することを発表。

2022年のシーズン21から、寺脇さんが14年ぶりに戻ってくることになったのです。

水谷豊本人からの復帰オファー

寺脇さんのシリーズ復帰は、水谷さんからの電話で決まりました。

実は、ずっと再共演について考えていたという水谷さん。

そのきっかけをなかなか見つけられずにいましたが、反町さんの降板が決まり、「今呼ばないと」という強い思いで電話をかけたそうです。

水谷さんからの感動的な言葉を受け、寺脇さんは久々の復帰を決意しました。

「僕らは運命なんですよ」。その言葉に寺脇も「泣きそうになった」と快諾したそうだ。

最初から作品にかかわっているだけに、水谷さんからの信頼はとても大きいようです。

寺脇康文と水谷豊は不仲ではない

寺脇さんが『相棒』シリーズを降板したときは、水谷さんとの不仲説が流れました。

しかし、ついに復活した名コンビの様子は、とても仲が良さそうです。

おそらく、2人の仲は悪化していたわけではないのでしょう。

寺脇さんは、2013年頃にトーク番組に出演した際、不仲による降板を否定したことがあるのだとか。


水谷さんが当時のことを振り返ったときも、寺脇さんがより活躍できるよう、卒業を提案したことを明かしていました。

主役をやれ。主役として責任を背負う経験をするのは、役者にとって大きなチャンスだ。

寺脇さんとしてはもっと続けたい気持ちもあったものの、水谷さんが将来のことを真剣に考えてくれていることは、少しずつ理解していったようです。

こうした情報から考えると、シリーズから離れていた間も、水谷さんとはよい関係を保っていたものと思われます。

寺脇康文の降板理由にストイックな性格説

寺脇さんが芸能界入りしたきっかけは、水谷豊さんに憧れたためでした。

1991年の『刑事貴族2』で念願の初共演を果たします。

その後、2000年からは8年に渡って大人気ドラマ『相棒』でバディを組みました。

憧れの俳優と共に主演を務めた期間は、まさに夢のような時間だったに違いありませんね。

『相棒』の亀山薫刑事役がきっかけで寺脇さんのファンになった人も多いでしょう。

しかし、降板の際は、2人の間に溝が生じているという噂が流れました。


寺脇さんはストイックな俳優だからこそ、作品をより良くするために堂々と持論を述べることが多かったようです。

しかし彼の意見は、水谷さんやプロデューサーとは対立することが多くありました。

やがて寺脇さんの意見は、誰からも相手にされなくなっていったのです。

孤立していった結果、俳優仲間に対して「水谷さんに気持ちが届かなかったのかも」とこぼしたといいます。

それから間もなくして、寺脇さんの『相棒』降板が発表されました。

とはいえ、この話に証拠はありません。

水谷さんの発言のとおり、実際には寺脇さんの将来を考えての降板だったものと思われます。

温厚で真面目な性格だからこそ損しやすい?

普段の寺脇さんは、とても温厚で真面目な性格のようです。

「地球ゴージャス」でも岸谷さんがリーダータイプである一方、寺脇さんは大人しく皆と強調し合うタイプとのこと。

私生活でも同じ劇団の元女優だった奥さんと、2人の娘、1人の息子を守り続けています。

決して女遊びの噂は流れないため、スター級俳優でありながら実直な性格であることがうかがえますね。

だからこそ、悪く言えば不器用な性格が祟り、先の計算をせず発言してしまうことも多いのでしょう。


結果的に『相棒』では、裏表がなくストイックな言動が、降板理由と結び付けられることになりました。

寺脇さんは、温厚で真面目だからこそ損しやすい点で、文字通りの「良い人」なのかもしれませんね。

ちなみに、『相棒』シーズン21の撮影では、寺脇さんの意見もかなり尊重されているようです。

脚本について、スタッフが水谷さんに相談すると『寺脇くんには相談したの?』と言われることも頻繁だとか。

昔はうまくいかないこともあったかもしれませんが、2022年現在は、かなり働きやすい環境になったのではないでしょうか。

寺脇康文は舞台でも精力的に活動

『相棒』には復帰したものの、他のテレビ番組や映画では、以前ほど見かけなくなった印象のある寺脇さん。

しかし、活動の中心は舞台に移ったようです。

2021年8月には舞台『スタンディングオベーション』で、刑事役を演じています。

1984年、三宅裕司さんの劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」に入団してデビューした寺脇さん。

舞台は俳優人生の原点であり、生涯立ち続けたいと思える場所なのでしょう。

結成した地球ゴージャスは演劇ユニット

寺脇康文さんと岸谷五朗さんがスーパー・エキセントリック・シアターを退団して結成した「地球ゴージャス」。

二人以外のキャストは固定せずに毎回ゲストを招いて公演を行うプロデュース公演という形態が人気となっています。

勘違いをしている人が多いかも知れませんが、地球ゴージャスは劇団ではありません。


地球ゴージャスは寺脇さんと岸谷さんの演劇ユニット名なんです。

1994年に、同劇団の岸谷五朗さんと共に退団し、結成されたユニット「地球ゴージャス」。

以降は25年以上、「地球ゴージャス」の中心メンバーとして活動しています。

毎回、豪華なキャストと独特な世界観で人気が高い地球ゴージャスの公演。

二人だけで結成した演劇ユニットでありながら今では地球ゴージャスの舞台に出演することを夢見る俳優は少なくないでしょう。

1994年に結成された地球ゴージャス。

これまでの公演で約100万人以上を動員してきた地球ゴージャスですが今後はどんなキャスト陣でどんな舞台を見せてくれるのでしょうか。

寺脇さんにとってはあくまで舞台が本業であり、空いた時間に映像出演をこなしているのでしょう。

ひとまず病気などで仕事をセーブしているわけではなく、本来いるべき場所で活躍できているようですね。

寺脇康文は舞台が生んだ名俳優

寺脇康文さんは高校卒業後、大学受験に失敗したことでアルバイト生活をしていました。

アルバイトで得た初任給を見ながら今後、自分は何をやって生計を立てていくか考えたそうです。


そんな時に、ドラマ「バンパイヤ」に出演していた水谷豊さんの演技を見たことで、俳優を志した寺脇さん。

名古屋にある俳優養成所に通い始め、養成所を卒業後は状況して三宅裕司さんが主宰するスーパー・エキセントリック・シアターに入団。

その後、同じ劇団に所属していた岸谷五朗さん、山田幸伸さんとコントユニットを結成。

スーパー・エキセントリック・シアターの公演やラジオドラマでコント等を披露し演技の幅を広げていきました。

こうして着実に俳優として成長していた寺脇康文さん。

「王様のブランチ」の初代司会者を務めるなど、タレントとしての活動も順調でした。

そんな時に飛び込んできたのがテレビドラマ「相棒」への出演。

今ではテレビ朝日の人気ドラマシリーズとなった「相棒」。

寺脇さんは初代「相棒」である亀山薫を演じ、あこがれだった水谷豊さんとの共演を果たすことになります。

憧れの俳優と共演するだけでなく、相棒役を務めるということはかなりのプレッシャーだったことでしょう。

ですが、そのプレッシャーを力に変えた寺脇さん。

相棒での演技が評価され第16回橋田賞や第32回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞しています。

寺脇康文の三浦春馬への想い

寺脇さんと岸谷さんのユニット「地球ゴージャス」には、かつて三浦春馬さんも参加していました。

3人が中心となって取り組んでいたのが、エイズ啓発のライブイベント『Act Against AIDS ~THE VARIETY~』です。

のちに名称を『Act Against Anything』に変え、エイズへの関心を高めるために活動を続けていました。

しかし2020年に三浦さんが突然亡くなり、寺脇さんと岸谷さんは悲嘆に暮れます。

2人にとって三浦さんは息子のように大切な存在でした。

寺脇さんは訃報に対し「心の整理がつかない」とコメント。


しかし「春馬は見ていてくれるはず」と語り、一緒に出演予定だったイベントを予定通り開催する意思を表明しました。

三浦さんは自殺したとされていますが、明確な理由は不明です。

寺脇さんと岸谷さんは、彼を支え切れなかったという気持ちで、無力感や罪悪感にさいなまれたかもしれません。

しかしどんな理由があれども、三浦さんにとって2人と過ごした日々はかけがえのない時間だったはずです。

誰も止められなかった悲劇。

しかし「地球ゴージャス」の舞台は、三浦さんが安らげる数少ない場所の1つだったと信じたいですね。

寺脇康文の親友と言えば岸谷五朗

寺脇康文さんの親友と言える存在なのが岸谷五朗さん。

共にスーパー・エキセントリック・シアターの劇団員だったことで交友が始まりました。

実は寺脇さんは初めて岸谷さんと会ったときから一生の付き合いになると感じていたそうです。

まさにその直感の通りとなった二人。

スーパー・エキセントリック・シアターを退団し地球ゴージャスを結成するなど今では一蓮托生といえる間柄となっています。

寺脇さんは

「人間性は違うが、向いている方向は同じ」

と岸谷さんとの関係について語っています。

一方の岸谷五朗さんは

「寺脇さんといれば、壁を乗り越えらえる自信になる」


と二人は強い信頼で結びついていることを明かしています。

2人は仲が良いあまり、奥さんが嫉妬すると周囲には言われているんだとか。

関連記事
寺脇康文が元女優と結婚したのはいつ?娘と息子の噂&家族構成まとめ

寺脇康文の弟は医者。父親との思い出、実家は堺市から岐阜市の生い立ち

寺脇康文の若い頃がかっこいい。似てる有名人や最近の活動&王様のブランチ時代の活躍

水谷豊の性格はいい?悪い?殿・天皇と呼ばれ評判は?歴代相棒の降板理由とは

水谷豊の自宅は豪邸で世田谷?年収は1億円以上&愛車は?現在の事務所について

及川光博は神対応が話題のいい人。完璧主義かつ愛される性格。韓国人気の噂&面白い伝説

岸谷五朗、結婚した妻・奥居香との結婚馴れ初めとは?再婚や元妻の噂はデマ

コメント