坂井真紀の離婚の理由と元夫。高齢出産を乗り越えた今。娘の学校について

2021年はで51歳を迎える女優の坂井真紀(さかい まき)さん。

年齢を感じさせない美貌と、その演技力から男女共にファンの多い女優さんです。

また、プライベートでは40歳に結婚し、翌年41歳という年齢で高齢出産をされた時にも話題となりました。

高齢出産を乗り越え、順風満帆に見えた結婚生活でしたが2020年7月に離婚を発表した時には驚きの声が上がりました。

なぜ、2人は離婚してしまったのでしょうか。

坂井さん夫婦の離婚理由や、元夫である鈴木心さんの今について迫ります。

あわせて、高齢出産を乗り越えた坂井さんの心境や、娘さんの小学校についてもご紹介していきます。

坂井真紀のプロフィール

本名:坂井真紀

生年月日:1970年5月17日

出身地:東京都大田区

身長:160cm

血液型:B型

坂井真紀の離婚の理由

2020年7月5日に坂井真紀さんは離婚を発表されました。

元夫は鈴木心(すずき しん)さんという方で、2人は2009年10月に結婚されました。

当時カメラマンの鈴木さんとお仕事する機会が多かったことから2人の距離が縮んでいき、交際そして結婚に発展したそうです。


2人の年齢差は坂井さんが11歳年上と離れていましたが、坂井さんの年齢を感じさせないその美貌から、とてもお似合いのご夫婦でした。

なぜ、2人は離婚に至ったのでしょうか。

理由はいくつかあるようですが、その中でも大きな理由として考えられるのが子供の問題のようです。

鈴木さんは「子供は2人欲しい」と結婚当初から懇願されていたそうです。

しかし、坂井さんは結婚時は既に”40歳”と高齢出産にあたる年齢であり、現に不妊治療に励まれていたそうです。

この夫の希望に対して「果たしてこれから子供は授かるのか。2人欲しい、という夫の希望を自分の体は叶えてあげられるのだろうか」と不安をブログで綴っていました。

その後2人の望みは叶い、2011年に第一子を授かることができました。

高齢出産という困難を乗り切った2人の生活は順風満帆に見えましたが、2020年1月に「FLASH」で鈴木さんが突然出ていったと報道がありました。

この時、19歳の女子大生カメラマンと親密な関係にあったそうです。

そして2020年7月5日に離婚を発表する形となりました。

どうやらご主人の浮気が原因で離婚に至ったようですが、おそらく背景には第二子の出産を巡って夫婦の問題があったのかもしれません。

やはり坂井さんは第二子を授かるにしても高齢出産にあたるため、妊娠の可能性や出産の安全性も低く、不安があったと思われます。

一方で第二子も希望している鈴木さんは、次の子も欲しいと懇願したのかもしれませんが、第二子を迎えることができず、坂井さんから気持ちが離れてしまったのかもしれません。

不倫のお相手の女子大生カメラマンは、鈴木さんの写真館のスタッフではないかと噂されています。

いずれにせよ明確な理由は公表されていませんが、とてもデリケートな問題なのでこれからも理由が明かされる可能性は低いといえるでしょう。

やはり”価値観の違い”を、夫といえど他人とすり合わせるのは難しいのかもしれませんね。

元夫の鈴木心の今

元夫の鈴木心さんは、坂井さんと結婚された当初は”カメラマン”として活躍されていました。

ところが現在の鈴木さんの肩書は”元写真家”であり、現在は”プロデュース&ディレクション”という職業で活躍されているようです。

あまり聞き馴染みのない職業ですが、どんなことをされているのでしょうか。

調べたところ、現在の鈴木さんは写真のとり方のワークショップを開いてレクチャーしたり、クリエイティブなアイデアを生み出し、依頼人や企業の問題を解決するコンサルタント業のような仕事をされているそうです。

Twitterやyoutubeも活用し、自分の写真テクニックのノウハウなども積極的に発信されています。

坂井さんとの離婚後は仕事が激減したこともあり、こういった幅広い活動も開始されたのではないでしょか。

また、鈴木さんは過去に炎上沙汰になった”真木よう子さんのフォトエッセイをコミケで販売する企画”にも一枚噛んでいました。

今回の不倫や離婚騒動に限らず、前から問題の絶えない方だったようです。

しかし写真家としての彼の実力は確かであり、有名な作品にはあのハイボールの広告などもあります。

この投稿をInstagramで見る

今注目の家電は? 撮影が始まってアシスタントがタレントさんたちに投げかけた質問。えっ?と戸惑いながらも笑顔が溢れる。飲みに集うそれぞれの個性がはっきり見えるように。まるでそれを覗き見るように。そんな要望を如何に発現させるか、それも撮影者の使命。 和やかな写真のこちら側には、数数十名の関係スタッフが腕を組み息を飲んで撮影を見守っている。[写真制作チームを除く]誰も撮影中の会話には参加してはこない。シーン、とするスタジオそんな中、さーて、盛り上げてしまおうか、と意気込むも、振り返るとどうやってこんな写真が撮れたのかもはや知る由もない。家電のくだりをのぞいては。 仕事の撮影が終わった後に、あ!写真館じゃなかったっ!と、ふと我に帰ることも多々ある。でもそんな瞬間が好きだ。二つへの気持ちが重なる時。 写真館に来る人全てが、撮影を望んでいるわけではないし、緊張だってしているし。ただ、どうせなら良い写真に越したことはない。ジャンケンのタイミングにも互いのちょっとした誤差があるように、撮影者はちょっと先に出してしまおう。 なんでって?それで得したことしかなかったから。必ず笑顔がついてくるから。ということで今年もハイボールの広告を撮影させて頂きました。街の大きな看板に。新幹線の改札口に。居酒屋さんの壁面に。至る所に現れるこの写真にも物語がある。そんな一面を想像してもらえたらきっともっと美味しくなるんじゃないかなハイボール。 #この仕事が始まり #ハイボールを通り越しストレート派に #実はこの現場をめっちゃ盛り上げたのは #田中圭 さんの雄叫びだったり #加瀬亮 さんは炊飯器と答え #木南晴夏 さんはそれにツッコミ #井川遥 さんはみんなの会話を笑顔だ見守る #つまりCMの世界観そのまんまの撮影現場でした #仕事撮影も #撮った日が記念日 #鈴木心写真館 #ボートレース の広告と共に #田中圭 さん二連

鈴木心写真館 とうきょう(@ssps2011)がシェアした投稿 –

話題性の多い鈴木さんですが、これからも世に素敵な作品を送り込んでくれることでしょう。

高齢出産を乗り越えた今

そもそも高齢出産とは「35歳以上の初産婦を高年初産婦とする」と言われており、出産当時41歳であった坂井さんはまさに高齢出産の典型例でした。

高齢出産は妊娠率も下がることや、母体や胎児へのリスクも高いことから、並大抵の覚悟では成し遂げられないことです。

坂井さんは41歳に第一子を出産し、2021年は51歳、10歳に娘の母親になられます。

妊娠当初は「自分が生きていくのに大変なのにもう1人の命を預かるなんて」と不安に思うこともあったそうですが、今では子育ての素晴らしさに感動する毎日を送られているとのことです。


そんな坂井さんが子育てで気をつけていることは「やばい」「まじ」という言葉を言わないことだそうです。

親のそうした言葉遣いを意外にも子供は聞いていて真似をするので、なるべく言わないように気をつけていると話されていました。

出産を機に2度目の人生を歩んでいると、日々子育てから学びと感動を多く得られているそうです。

子育てで学んだ感性や表現が、これから坂井さんの演技の中にさらなる多様性をもたらしてくれることでしょう。

娘の学校はどこ?

離婚後、娘さんの親権は坂井さんが持っており、娘さんと2人暮らしをされています。

娘さんは2021年現在は10歳になられるので、現在は小学生というわけですね。

そんな娘さんの小学校はどこなのでしょうか。

調査したところ娘さんの小学校はおろか、名前もプライバシー保護の面から公開されていませんでした。

しかし、娘さんについて調べると関連ワードに「白百合」というキーワードが出てきます。

どうやら、この白百合は娘さんの名前ではなく、出身の幼稚園が「白百合学園幼稚園」であることから表示されるようです。

白百合学園幼稚園は千代田区九段下にある私立幼稚園です。

白百合学園幼稚園は受験も難しい難関幼稚園であることから、娘さんも優秀な子なのかもしれません。

そして白百合学園幼稚園を卒園されているとしたら、おそらく現在は附属の小学校に進学されている可能性が濃厚です。


坂井真紀、元彼いしだ壱成との目撃。昔と今は変わらない&高校はどこ?

川合千春の今。乳ガンで現在は闘病生活?いしだ壱成との結婚破談の理由とは

コメント