八嶋智人は現在も俳優として活躍。若い頃から面白いキャラ。高橋克実との関係。舞台演技が話題

アナウンサー顔負けの活舌と芸人並みの話芸を披露することもある八嶋智人(やしま のりと)さん。

2022年現在は、トレードマークのメガネを外した活躍も目立っていますね。

若いころから、目立ちたがり屋で俳優は消去法で選んだという彼ですが、当時は劇団内での上下関係にも厳しかったようです。

とはいえ、いつも面白くて会場を沸かせる姿からは想像できませんね。

また、親友・高橋克実さんとは運命すら感じているようです。

舞台での評価とともに調べてみました。

八嶋智人のプロフィール

愛称:おチビ(妻より)

本名:八嶋智人

生年月日: 1970年9月27日

身長: 164cm

出身地:奈良県

最終学歴: 日本大学

所属事務所:シスカンパニー

八嶋智人の2022年現在はメガネを外しても活躍!

八嶋智人さんのトレードマークといえば、やはりメガネですね。

しかし、2022年はこれを外した活躍も光っています。

2022年8月18日に開催された『新PRIOR お披露目会』では、『お肌のピース体操』を実践する際に、裸眼で取り組まれました。

やはり、メガネを外すというのは、彼にとっても特別なことのようです。


事前に、お辞儀をして裸眼となり、体操を終えると、またかけて、顔が軽くなったと笑顔だったそうですね。

同イベントでは、テレビCM「ピースなこれから」 に八嶋智人さんと同じく、キャスティングされている風吹ジュンさん、常盤貴子さんも登場し、会場を沸かせていました。

ということは、八嶋智人さんのメガネなし姿もCMでお目にかかれるのでしょうか。

ところが、残念ながら、彼はナレーションでの出演のため、そのご尊顔はCMではお目にかかれません。

おそらく、収録もメガネ有りで臨まれたことでしょう。

八嶋智人のメガネなし姿は大河で!

一方、八嶋智人さんのメガネなし姿を思う存分堪能できるのが2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ですね。

同作では、甲斐源氏の棟梁である武田信義を演じておられます。

後世では、武田信玄にも繋がっていく猛者に対しては、八嶋智人さんも制作発表の段階で、『捨て身』で演じることを約束していました。

彼の『捨て身』とは、すなわち、メガネを外して臨むことであるとも明言されていましたね。

そのご尊顔に、視聴者からどこで出演しているのかわからないと言った声もあるようです。

さすが、捨て身、迫真の演技ですね。


ちなみに、脚本の三谷幸喜さんから出演に向けて、メガネの有無を尋ねられたそうです。

これに対して、日本初のメガネをかけた人物になることを懸念して、外して臨んだという裏話もありました。

たしかに、史実を曲げるわけにはいきませんね。

そういえば、2004年の同じく三谷幸喜さん脚本の大河ドラマ『新選組!』では、武田観柳斎を演じた八嶋智人さん。

この時はスタッフさんの猛プッシュでメガネ有りでした。

八嶋智人が若い頃に劇団旗揚げ!亭主関白タイプから変化

昨今ではバラエティでの活躍も目立つ八嶋智人さんですが、元来は、劇団カムカムミニキーナを旗揚げし、2022年現在もそこの看板役者であられますね。

その母体が早稲田大学の演劇サークルが母体というのですから、その明るさの中に、一貫性、志の高さも感じます。

それだけの成果を出せる方ですから、当時は、厳しい面、いわゆる『体育会系気質』もあったようですね。

劇団内でも、先輩は後輩に対して偉そうにする、その一方で、ご飯をご馳走するという感じの思考だったとのことでした。

さらには、女性に対しても、男性のほうが優位に立つという意識を持っておられたそうですね。

では、なぜその価値観が変化したのでしょう。


それは、妻・宮下今日子さんとの結婚生活でした。

第一印象は、『生意気』というものだったと振り返る八嶋智人さんでしたが、いざ一緒にいるうちに、その考え方も軟化したようです。

彼曰く、Sの自分が、更にドSな人と出会って、次第に従順になったという感じなのだそうですが、やはり環境や時間の流れのなかで、人の考えというのも変わっていくのですね。

ちなみに、演劇においては、さほどキツく詰められたことはないとの旨を話す八嶋智人さん。

若い頃のからダメ出しでも、一番キツいのは、同じく『カムカムミニキーナ』を立ち上げた松村武さんだそうです。

八嶋智人が面白いのは幼少期から!

お茶目で活発な印象の八嶋智人さん。

もはや、そこにいるだけで『何かやってくれそう』という期待感を抱いてしまいますね。

実は、その性格は幼少の頃からなのだそうです。

親戚の前で扇子を持って踊ったら喜ばれ、その経験が彼の原点でした。

小学校でも、集会の司会、運動会の進行役などを買って出たそうです。

フジテレビ系『トリビアの泉』での滑らかなMC力はここで育まれたのですね。


ルックス、運動神経、頭脳に関わらず、人前で賑やかなことをしていると人気者になれるという関西の雰囲気のなかでそのポテンシャルを開花させた八嶋智人さん。

役者になることは、その才能を生かすための『消去法』だと表現していました。

そういう意味では、役者の実力に加え、持ち前の目立ちたがり屋、トーク力が総合的に活きる場面が、舞台挨拶や公開記念イベントでしょう。

2022年の映画版『ラジエーションハウス』の際にもこの明るさです。

青い服装で来るように言われて、この異彩の放ち方、そして自らを新メンバー募集も話題となっていた『純烈』に加入した旨を高らかに宣言します。

時事ネタを取り入れるところがインテリですね。

また、その次は観客の皆様へSNSやお手紙での映画褒めちぎりをお願いし、皆さんも若干ついていけていない様子ですが、それも気にせず、音頭をとってやりきっています。

このハートの強さも大事ですね。

さらには、主演の窪田正孝さんとのサウナエピソードを披露し、裸が恥ずかしいようなリアクションも決まっていました。

もはや、八嶋智人さん1人いればイベントが成立するといった感じですね。

これには、窪田正孝さんら他の出演陣もほっとしていたのではないでしょうか。

八嶋智人と高橋克実は年の離れた親友

「トリビアの泉」で司会を務めた八嶋智人さんと高橋克実さん。

その息の合った司会ぶりから今でも名コンビと言われることも。

あるイベントで「芸能人のベストフレンド」を聞かれた八嶋さん。

高橋克実さんの名前を挙げました。


高橋さんからある日の電話で「お前、親友だよな?」と言われ、八嶋さんが「そうです」と答えた日から親友だそうです。

また、高橋さんが舞台出演のためキャスターを務める「直撃LIVEグッディ!」を休んだ際には八嶋智人さんがピンチヒッターとしてキャスターを務めました。

八嶋さんと高橋さんはビジネス上の付き合いだけではなくプライベートでも家族ぐるみで付き合う本当の親友。

スキューバダイビングの免許を取るために二人でサイパン旅行をしたこともあるそうです。

また、八嶋智人さんのtwitterでは度々、高橋克実さんの名前が出てきます。

大人になってからビジネスライクの付き合いではなく本音で語り合える親友に出会える人は少ないでしょう。

八嶋さんの人柄が多くの人を引き付ける証拠かもしれません。

舞台で演技力を磨いた八嶋智人!常盤貴子に才能見抜かれる!

「カムカムミニキーナ」で腕を磨き続ける八嶋智人さん。

その演技力は、三谷幸喜さんから「踊る!」シリーズまで様々な作品で幅広く認められています。

ただ、ご本人的には主役を張るよりも、脇役としてある程度気楽な立場のなかにいるほうが、遊べて好きだといいます。

たしかに、フジテレビ系「HERO」でも、検事の阿部寛さんにお小言を言われて、それに事務官の彼が皮肉で返すといったシーンが絶妙なやり取りでしたね。

さらに、前述の『踊る!』シリーズでは、本来、スピンオフ映画『容疑者 室井慎次』にて、柳葉敏郎さんを追い詰める嫌味な弁護士・灰島秀樹役でした。

しかし、八嶋智人さんの好演が評判だったのでしょう。

スピンオフ映画からのスピンオフドラマ『弁護士 灰島秀樹』が放送されるに至ったのです。

つまり、脇役から主役へと役そのままに出世したのですね。

それだけの演技力をお持ちの八嶋智人さん。


実は、舞台からテレビに進出した当時から、その才能に「溺れていた」とまで話すのがあの常盤貴子さんです。

彼女曰く、八嶋智人さんは、テレビ進出当初はスタッフさんにも失礼な態度をとられていたといいます。

けれども、そんな対応をして良い人ではなく、きっと売れていつか恨まれても知らないよいった感じでその様子を見ていたそうですね。

それくらい、当時から輝いて見えていたことを打ち明けられた八嶋智人さんもさすがの対応です。

現場となった『新PRIOR お披露目会』に引っ掛けて、当時から本商品を使っていたからだとの旨を返していました。

頭の回転の速さがうかがえますね。

関連記事
八嶋智人がカープファンの理由は息子の影響?実家は奈良県、兄弟&両親について

高橋克実の大学&学歴について。病気と噂とダイエット。筋肉がすごいのは克典?

三谷幸喜の元妻(小林聡美)、現在の家族構成と子供。家に誰も訪れず?

浅野和之に病気の噂。結婚と子供について。出身大学は名門短大&ストレッチが話題

コメント