中野英雄の長男&次男ともに俳優!太賀は息子の事実を隠す?妻に経営の才能が!

見た目だけでなく経歴もかなり厳つい中野英雄(なかのひでお)さん。

荒れた時期があったから今の中野英雄さんがいると言っても過言ではありません。

そんな彼のご家族は一体どんな方々なのでしょうか?

妻は、かつてご自身が所属した事務所の社長、息子2人も役者デビューは果たしていました!

とくに、次男は最近よく見るあの方のようですよ!

中野英雄のプロフィール

芸名:中野英雄

本名:中野英雄

生年月日:1964年12月22日

身長:172cm

出身地:京都府

最終学歴:四谷商業高校中退

所属事務所:ギャッツビーエンタテインメント

中野英雄の妻は敏腕経営者?

若い頃は暴走族に入っていたという中野英雄さん。

パンチパーマをかけて喧嘩ばかりしていたそうです。


そんな中野英雄さんが芸能界に入るきっかけとなったのが哀川翔さん。

中野英雄さんの前を哀川翔さんが通りかかった際に、哀川翔さんの髪型を馬鹿にしたそうです。

すると、中野英雄さんは哀川翔さんに頭突きをされて気を失ってしまったそうです。

その後、徐々に顔見知りになっていったことで哀川翔さんから劇団一世風靡に勧誘された中野英雄さん。

これがきっかけとなり1985年に芸能界入りしました。

中野英雄さんが一躍脚光を浴びたのが1992年に放送されたドラマ「愛という名のもとに」。

会社の先輩にいじめられ、最後には自殺してしまうという役でした。

実際の中野英雄さんとは正反対とも思える難しい役どころ。

この何役を見事に演じ切った中野英雄さんはその後も話題作に立て続けに出演されています。

そんな中野英雄さんは中学生の頃から憧れの先輩だったという中野多加美さんと結婚。

中野多加美さんは芸能事務所「株式会社バグジーヒーローズクラブ」の代表を務めています。

元々は中野英雄さんの個人事務所だった株式会社バグジーヒーローズクラブ。

その後は徐々に所属タレントが増え今では9名ものタレントを抱える事務所となっています。

事務所の規模を拡大させた中野多加美さんの敏腕ぶりが伺えますね。

以前は中野英雄さんも株式会社バグジーヒーローズクラブに所属していましたが現在は所属していないようです。

2017年からはギャッツビーエンタテインメント所属となっていました。

あの嶋大輔さんと同じ事務所です。

お互い、昔はヤンチャしたもの同士気があうでしょうか?

中野英雄の長男と次男も俳優?

中野英雄さんと妻の中野多加美さんとの間には息子が2人います。

長男の名前は中野武尊さんといい、以前は株式会社バグジーヒーローズクラブに所属し俳優として活動していました。

出演作品を調べてみましたが見つかったのは2003年に出演した映画「ベースボールキッズ」という作品のみ。

俳優としての活動はあまり上手くいかなかったのかもしれません。

現在も俳優を続けているかは不明です。

次男の名前は中野太賀さんで「太賀」という芸名で俳優として活動しています。

13歳だった2006年に芸能界入りした太賀さんはドラマ「新宿の母物語」で俳優としてデビュー。

憧れの俳優として山田孝之さんの名を挙げる太賀さん。

山田孝之さんが所属するスターダストプロモーションの関係者に直談判して契約を勝ち取るなどかなり行動派なようです。

太賀さんは2014年の第6回TAMA映画賞で最優秀新進男優賞を受賞。

2016年の第38回ヨコハマ映画祭では最優秀新人賞を獲得。

既に中野英雄さんの名前を感じさせないほど活躍する太賀さん。

今後が大いに期待される若手俳優の一人です。

次男の太賀は中野英雄の息子と言われたくない?

2018年だけで2本のドラマ、5本の映画に出演している太賀さん。

二世タレントではなく一人の役者として評価されている証拠でしょう。

中野英雄さんの息子であることが既に知れ渡っている太賀さん。

ところが「中野英雄の息子」と言われることをあまり良く思っていないようです。

中野英雄の息子と言われたくないと聞くと親子仲が悪いと思ってしまう人もいることでしょう。

ですが太賀さんがインタビューを受ける際に中野英雄さんの話をすることはNGではありませんし、中野英雄さんが監督・脚本を務める作品に太賀さんが出演したこともあります。

また、中野英雄さんもtwitterで太賀さんが出演する作品の宣伝をするなど決して親子仲は悪くありません。

むしろ良好と言えるでしょう。

さんの情報をいつもツイートしていて、応援していることがわかります。

多くの二世タレントが〇〇の子供と呼ばれますが、太賀さんは「親は親、自分は自分」という考えのようです。

そのため中野英雄の息子と呼ばれることが嫌なのでしょうか?

ただ、芸名に関しては、二世と思われなくないであろう太賀さんに気を遣ったスターダストプロモーション側の配慮とのことですね。

これを太賀さんはありがたく受け取った…と思いきや、逆に二世っぽさを感じていたとのことです。

たしかに、森山直太朗さんもデビュー時は『直太朗』でしたし、結構いますね。


数多くいる若手俳優の中で目立った活躍を見せる太賀さん。

「中野英雄の息子」ではなく「太賀」という一人の俳優として評価される日は間違いなく近いでしょう。

と思っていると、2019年6月に『仲野太賀』へと改名されていました。

その理由は主に2つあり、苗字を伏せていることが、ごまかしに思えたとのことです。

2016年の日本テレビ系『ゆとりですがなにか』など、話題作への出演も増え、それだけ、この業界でやっていこうという決意が固まったということでしょう。

実は、この改名自体、この1年前から考えていたとのことですから、2018年の映画やドラマの反響が大きかったのかもしれませんね。

たしかにこの年は、日本テレビ系『今日から俺は!!』や映画『来る』に出演され話題になることも多かったです。

前者は、今や大人気の福田雄一さんが監督と脚本を務められていました。

太賀さんは勇者ヨシヒコシリーズでもキャスティングされていましたので、『福田雄一ファミリー』と言えるかもしれませんね。

今作で演じたのは、紅羽高校の番長・今井勝俊役です!

パワー自慢のおバカキャラという青春不良コメディには欠かせないポジションで、髪型はなんとリーゼントでした!

出演が決まった際には、役作りのために前髪を伸ばし、さらにはメンチを切る練習もしたとのことです。

この辺りは、お父さんに聴いたら昔話込みで懇切丁寧に指導してくれそうですよね。

ただ、ドラマ内では、賀来賢人さん演じる三橋貴志の悪知恵にはまってばかりだったわけですが…。

しかし、この改名した名前、本名ではないことにお気づきでしょうか?

実は、苗字が、『中野』ではなく、『仲野』になっています。

これは、やはり中野英雄さんの息子と気づかれたくない…というのではありません!

これまで、ご自身に携わってくれた共演者やスタッフの皆さんを、俳優人生における宝物であるという思いを込め、仲間の『仲』にしたというのです!

中野英雄さんが所属した一世風靡も熱い男たちが集まっていましたが、太賀さんの周りにもそうした仲間がいるようですね!

この背景には、別のインタビューで語られていましたが、前述の『ゆとりですがなにか』がきっかけのようですね。

というのも、この作品でブレイクの兆しが見えた太賀さんは、それまでお世話になった方々と現場で再会する機会が増えたそうです。

福田雄一さんもその1人かもしれませんね。

ちなみに、そんな太賀さんの子どもの頃はというと、喜怒哀楽がはっきりとした子どもらしい子どもだったとのことです。

そういう意味で素直、ただその移り変わりは激しいほうだったということでなんとなくお父さんに似ている気がしますね。

ただ、それが13歳で芸能界入りするとともになかなか表現することが難しくなったともされていました。

ちょうど思春期の真っ只中ですから、無理もありませんね。

こうした時期を中野英雄さんに見守られて今の彼があるのでしょう。


ちなみに、芸能ライターさんによると、両親に頼ってバグジーに所属ではなく、スターダストプロモーションを選んだのが正解だったとのことです。

うまれながらにして整った環境が、決してベストと決まっているわけではないということですよね。

中野英雄の現在まとめ!痩せた原因はがん?病気じゃなくダイエット?活動状況は!

中野英雄はファッションブランドを経営?私服が話題&髪型と眼鏡にも注目?

コメント