太地喜和子は死因は?三國連太郎との恋愛や伝説まとめ!霊感が強い?

数々のドラマや映画、バラエティ番組にも出演していた女優の太地喜和子(たいち きわこ)さん。

霊感が強い、多くの熱愛報道から伝説まで調べてみました。

太地喜和子の死因は?伝説と言われる理由

太地喜和子さんは、1943年12月2日に産まれ1992年10月13日になくなっています。


48歳という若さでした。

生前は、「白い巨塔」や「男はつらいよ」など数々のドラマや映画に出演したり、バラエティ番組でコントを披露されています。

多方面で活躍していた太地喜和子さん。

若くして亡くなった原因は何だったのでしょうか?

亡くなった原因は事故によるものでした。

亡くなる日、太地喜和子さんはかなりお酒を飲まれていたようです。

その帰り、乗っていた乗用車が橋から海に転落し泳げなかった太地喜和子さんは亡くなってしまったそうです。

泳げなかったことと、深酒をしていたことも原因のようです。

亡くなった際には、テレビ番組で追悼の企画が放送されるほどでした。

大女優の太地喜和子さんの死は、ファンだけではなく芸能仲間もとても悲しみました。

太地喜和子さんの代表作品の「唐人お吉ものがたり」のお吉役。

江戸時代の実在した芸者・斉藤きちが幕府の命令により、アメリカ総領事の世話役に無理やり差し出され、戻った後は酒に溺れ自ら命を絶った実話を芝居にした話。

引用元:

この芝居の舞台となったのが「伊豆」です。

まだ舞台が公演中に伊豆の海で命を落としてしまいました。

その亡くなり方が、「唐人お吉ものがたり」のお吉の亡くなり方と似ていることから、伝説の女優と言われるようになりました。

太地喜和子と三国廉太郎の熱愛

その美貌から、数々の熱愛報道があった太地喜和子さんですが、その中でも語り継がれている相手が三国廉太郎さんです。

二人が出会った当時、三国廉太郎さんには妻子がありましたが不倫関係になります。

しかし、その関係も長くは続かず半年ほどで終わりを告げます。

その後二人は対談することになり、別れたときの話をしていました。

三国廉太郎さんが「あなたの体にひれ伏すのが嫌だった。のめり込む危険を避けたかった」と述懐した。

引用元:

このコメントから、太地喜和子さんは本当に魅力的な女性だったということが分かります。

三国廉太郎さん以外に、数々の有名俳優と交際の噂が絶えなかったそうです。

太地喜和子は霊感が強い?

太地喜和子さんについて調べていると「霊感」というキーワードがたくさん出てきます。

なぜなのか、詳しく調べてみると生前の太地喜和子さんの発言や行動から言われるようになったそうです。

とある映画の撮影時、共演者と心霊談義をしていたところ自らが「私の周りに霊がいる。」と発言していたそうです。

また、気丈に映画の撮影を行っていましたが、撮影の合間にふとスタッフに水の描写の多い映画ということなのか「水が怖い」とも話されていたそうです。

もともとが泳げない体質とはいえ、その怖おそれ方は、“見えない何か”におびえているかのようだった‥‥。

引用元:

その後海への転落事故があり、太地喜和子さんには霊感があり何かを感じていたのではないかと言われるようになりました。

また、海への転落事故のことについてのニュース記事に書かれていたことです。

「海が見たい」とドライブに出かけ、芝居のことしか考えなかった喜和子は、はからずも「お吉」となって海に沈んだ─。

引用元:


はっきりと何かが自身に影響しているとはわからないまでも、嫌なことが起こるのではないかと感じていた可能性はありますね。

霊感が強いかどうかについての詳細は不明ですが、目に見えないものを感じる力はあったようです。

コメント