福山雅治のラジオが終わる理由は「眠い」から?西田朋子や壇蜜との結婚もありうる!?

fukuyamamasaharu_kao01_141228

長年にわたり、俳優として、歌手として、ラジオパーソナリティとして日本の芸能界を引っ張ってきている福山雅治。

15周年を機に、パーソナリティを務めてきた「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”」の終了が決まったのですが、その理由を福山雅治本人がラジオで告白しました。

前身番組を含めると、足掛け23年ものあいだ務めてきたライフワークに終止符を打つことになりました。


福山雅治の魂ラジが終わる理由

歌手や俳優として、常に日本のトップとして走り続けてきた福山雅治のもう一つの顔と言えば、深夜のANN(オールナイトニッポン)でのラジオパーソナリティ。

歌手デビュー間もない頃から、パーソナリティを務め、途中で曜日や時間帯などを変更しながら、継続してきて、現在の土曜深夜枠での「魂ラジ(魂のラジオ)」となって15年、最初から数えて、足掛け23年の歴史から引退することになりました。

そして、みずからの番組の生放送で、この引退理由、番組終了の理由を説明しました。

福山本人よると、「深夜の生放送がしんどい」からなのだそうです。簡単に言えば「眠い」ということです。

番組終了の第一報が流れたときには、「病気」説や「結婚」説も流れたようですが、本人もつまらない理由ですいません、と笑いを取っていたようです。

NHKで大河ドラマをやったころから、深夜の生放送はキツイな、と思い始めていたそうです。

長期にわたるドラマロケがあって、毎週土曜日の深夜に起き続けていなくてはいけないのは、やはり年齢とともにかなりきつくなって来ていたと思います。

30代、40代と年齢を重ねるにつれ、徹夜とかとてもできなくなってきますもんね。

相棒の荘口彰久も福山に「半目のときありましたよね」と暴露していたそうです。

局からは時間帯を変えての継続のオファーもあったようですが、本人のラジオとのつながりの原点が、少年の頃聴いていた深夜の「オールナイトニッポン」だったため、「深夜だからこそのつながり」を大切にしたいと、オファーを断ったそうです。

ファンの方にとっては非常に寂しい知らせとなってしまいましたが、福山雅治には、お疲れ様と言いたいですね。

ラジオを終了して福山雅治が結婚!?

ラジオ終了の理由の噂に、当初、「結婚するのでは」説がありました。

これについては、福山雅治自身が番組内で「(逆に言えば)ラジオが原因で結婚できなかったってどんな人生送ってるの」と否定していました。

ですが、福山雅治にはいつも結婚説がついてまわっています。

結婚相手は西田朋子?

福山雅治の結婚相手の噂には様々な女性の名前が出てきますが、みんなそうそうたる面々です。

しかし、一人だけ「西田朋子」という聞きなれない名前が混じっています。

この女性が誰なのか調べてみたところ、どうやら一般人の方のようです。それだけにほぼまったくと言っていいほど、この女性にまつわる情報がないのですが、福山雅治のファンで、福山雅治と同じ長崎県長崎市の出身だということが、彼女のものと思われるファイスブックから分かっているようです。

ホントに情報がそれだけなので、この女性の名前がどのようにしてこれだけ騒がれるようになったのか定かではないのですが、出身が同じだと言われると、単に「ガセ」だとして捨てられない何かを感じてしまいます。

ですが、いずれにせよ、とくに関係が発展している様子もないので、現在熱愛関係にあるとか、結婚するかもしれない、とかいった状況ではないでしょう。

結婚相手は壇蜜?

また、福山雅治の結婚相手には「壇蜜」の名前もあがっています。福山雅治は壇蜜のデビュー当時からファンを公言しており、かつて結婚間近とまで言われた吹石一恵との関係をみずから終わらせてまで壇蜜にアプローチをかけたと言われています。

趣味の写真を通じて親密になっていき、壇蜜と彼女の母親、そして福山の3人で旅行に行ったという話もあり、今度こそ結婚するのではないかと見られていました。

しかし、福山の方で別の女性と急接近があり、その女性あてのメールを間違って壇蜜に送ってしまったそうです。


そうして、関係は急速に冷え込んでしまい、壇蜜は「終わった感があります」とコメントしたそうです。

最後の独身大物イケメン俳優の福山雅治、これからも今のまま頑張ってほしいような、良い相手を見付けて結婚してほしいような…。

【関連記事】
福山雅治と大島優子が結婚!?二宮和也との熱愛は?ヤクルト選手とは?

福山雅治の結婚相手は名古屋の一般人というのはホント?紅白歌合戦(2014)での曲とブレスレットのエピソードも知りたい!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする