江利チエミと高倉健エピソード&馴れ初めとは。自宅は高輪ヒルズ?墓はどこ

「三人娘」の一人として昭和の芸能界を牽引した江利チエミ(えりちえみ)さん。
間違いなく日本の芸能史に名前を残す女優の一人と言えるでしょう。

江利チエミと高倉健の馴れ初めは?

美空ひばりさん、雪村いづみさんと「三人娘」と呼ばれた江利チエミさん。
「ジャンケン娘」などの映画で共演するなど当時の芸能界を代表する若きスターの一人でした。


若くして歌手や女優として活躍していた江利チエミさんが芸能界に入ったのは「家族の生活のため」。

父の久保益雄さんは音楽奏者として活動していましたが師匠と喧嘩した事で失職。
母の谷崎歳子さんは人気喜劇女優でしたが江利チエミさんを身ごもった頃から体調を崩し一線から退いていました。
江利チエミさんは両親と3人の兄の生活を支えるために歌手として活動するようになったんです。

ちなみにデビュー当時の江利チエミさんが所属していたのは今、話題の吉本興業。
江利チエミさんだけでなく父と母もかつては吉本興業に所属していたそうです。

1952年に「テネシーワルツ」で歌手デビューした江利チエミさん。
また、同年に「猛獣使いの少女」で映画初出演にして初主演を務めた事で美空ひばりさん以来の天才少女として一躍人気となりました。

そんな江利チエミさんは高倉健さんと1959年に結婚。
1956年の映画「恐怖の空中殺人」で共演した事がきっかけとなり交際が始まったそうです。

不世出の名俳優、高倉健さんですが当時はまだ駆け出しの若手俳優。
江利チエミさんの方が人気、知名度ともに上という今でいう格差婚だったんです。

高倉健さんがスターの階段を登り始めたのは1960年代になってから。
もしかすると江利チエミさんは映画で共演した際に高倉健さんの才能に気が付いていたのかも。

結婚後は高倉健さんの事を「ダーリン」と呼んでいた江利チエミさん。
幸せ一杯に思えた結婚生活ですが、江利チエミさんの異父姉の金銭問題が原因となり離婚。

異父姉が作った借金は数億円にも及ぶと言われ、高倉健さんに迷惑をかけられないと江利チエミさんは離婚を選択したそうです。
愛しているからこそ高倉健さんとの別れを選ぶ、何とも切ない結末となってしまいました。

江利チエミと高倉健エピソードは?

不器用で寡黙なため多くを語る事がない高倉健さん。
実は江利チエミさんとは心温まるようなエピソードがあったんです。
そこで江利チエミさんと高倉健さんのエピソードをいくつかご紹介したいと思います。

まず高倉健さんと江利チエミさんが交際中のエピソード。

既に大スターとなっており多忙だった江利チエミさん。
そんな江利チエミさんに会いたいが為に高倉健さんは風邪で入院したと嘘をついてお見舞いに来てもらったそうです。

病院に駆け付けた江利チエミさんに

あなたに会うための仮病でした

と頭を下げた高倉健さん。
「会いたい」と直接言わないなんてやっぱり高倉健さんは不器用なんですね。

また、高倉健さんは映画の撮影期間中に静岡から大阪まで江利チエミさんに会いに行っていたそうです。
夜行列車で大阪に向かい、朝までに静岡に帰るというハードスケジュール。
往年の高倉健さんしか知らない人々は想像が出来ない姿でしょう。

交際期間中もラブラブだった高倉健さんと江利チエミさん。
それは結婚後も変わる事はありません。

高倉健さんの撮影現場に差し入れを持った江利チエミさんが度々訪れる事があったそうです。
ですが、江利チエミさんが来ると高倉健さんは姿を消してしまうそうです。

江利チエミさんに「ダーリン」と呼ばれていた高倉健さん。
ダーリンと呼ばれる姿を人に見られたくなかったために姿を消していたようです。
高倉健さんの可愛らしい一面が分かるエピソードです。

江利チエミさんの異父姉の借金が原因で離婚してしまった二人。
離婚後の高倉健さんに猛アプローチした女優がいたそうです。

ですが高倉健さんは決してアプローチになびくことはありませんでした。
その理由は高倉健さんは離婚してからも江利チエミさんの事を思い続けていたからなんだとか。


不器用ながらも一途に一人の女性を思い続ける高倉健さん。
老若男女、世代を問わずに多くの人々が高倉健さんに魅了される理由が分かった気がします。

江利チエミが亡くなった場所は高輪ヒルズ?

異父姉の作った数億円ともいわれる借金が原因で高倉健さんと離婚した江利チエミさん。
離婚後も映画やドラマ、舞台だけでなく司会やクイズ番組など幅広く活躍。
そのおかげで数億円と言われる借金を完済したそうです。

多くの人に愛された江利チエミさんですが1982年2月13日に45歳という若さで亡くなっています。
江利チエミさんが亡くなったのは自宅である高輪ヒルズの寝室。

死因は脳卒中と吐しゃ物が気管に詰まった事による窒息。
マネージャーが発見した時、既に呼吸も心音もなかったそうです。

亡くなる数日前から体調不良だった江利チエミさん。
ウイスキーの牛乳割りを飲み、風邪薬を飲んで寝た事も影響してしまったと言われているようです。

その後、葬儀が行われ江利チエミさんの棺が玄関を出たのは2月16日のこと。
この日は偶然にも高倉健さんと結婚するため、実家の玄関を出た日と同じ日だったそうです。

高倉健さんは葬儀に姿を見せなかったものの本名の「小田剛一」名義で供花を送っています。
また、車で会場の前まで訪れて手を合わせていたと言われています。

江利チエミの墓はどこに?

1982年2月13日に亡くなった江利チエミさん。
お墓があるのは東京都世田谷区にある浄土宗福来山法徳寺。


高倉健さんは江利チエミさんの命日には毎年お墓を訪れて花を手向けていたそうです。
また、1986年に高倉健さんは法徳寺から200m程の場所に豪邸を建てています。

元妻を少しでも近くに感じられる場所で暮らしたかったのでしょうか。
江利チエミさんが高倉健さんにとってどれだけ大事な人だったかが痛いほど伝わってきます。

梓みちよの現在。和田浩治は離婚で揉めた?さんまにシャンパンを浴びせた&美の秘訣は愛犬

コメント