林隆三の妻は青木一子、息子&兄弟も芸能人?ピアノがプロ級&古谷一行に似てると話題

確かな演技力と存在感が人々の心に残り続ける名優の林隆三(はやし りゅうぞう)さん。
林隆三さんのような本物の俳優が亡くなった事は日本芸能界の損失と言っても過言ではないでしょう。

林隆三の妻は青木一子

立教高校を中退した後、1963年に俳優座の養成所に入所した林隆三さん。
養成所を1966年に卒業すると端役ながら数本のドラマに出演。


1970年にドラマ「俄」で初主演を務めた林隆三さんは1971年のドラマ「天下御免」で注目を集めるようになりました。
1977年には映画「竹山ひとり旅」で第1回の日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。

多くの名優を世に送り出している俳優座。
林隆三さんも俳優座に名を残す名優として認められた瞬間となりました。

そんな林隆三さんは1972年2月14日に女優の青木一子さんと結婚。
二人は俳優座養成所の同期でもありましたので若い頃から親交があったのでしょう。

林隆三さんと青木一子さんは2人の子宝にも恵まれ幸せな夫婦生活を送っていました。
仕事もプライベート順調だった林隆三さん。

ところが2000年に林隆三さんと青木一子さんは離婚してしまいます。

離婚する少し前に林隆三さんは女性マネージャーと個人事務所を設立。
このことに青木一子さんは不満を持っていたようです。

女の嫉妬と思われると嫌なのですが、正直言ってそう(男女関係にあると)思いました

林隆三さんは否定していますが青木一子さんは二人が男女の仲にある事を疑っていたようです。
これが原因となり夫婦間に亀裂が入ってしまった林隆三さんと青木一子さん。
1996年9月に青木一子さんが離婚調停を申し立て4年後の2000年に離婚が成立。

なお、離婚後に林隆三さん、青木一子さんともに再婚したという情報はありません。

林隆三の息子が俳優に?

林隆三さんと青木一子さんの間に生まれた子供は1男1女。

娘は女優や声優として活躍する林真里花さん。
ドラマに舞台、アニメの声や海外映画の吹き替えなどマルチに活躍。
舞台「世界が緑色だったとき」で林隆三さんとの親子共演も果たしています。

2009年10月23日に結婚した事を明かすなど公私ともに至って順調なようです。

息子の林征生さんも以前、俳優として活動していたようです。
舞台や映画、バラエティ番組に出演し、映画「北辰斜にさすところ」で林隆三さんと共演。

父親譲りの高い演技で俳優としての活躍が期待された林征生さんですが既に俳優業を引退。
現在は都内にあるPR関係の会社にPRプランナーとして勤務しているようです。

二人の子供と共演出来た林隆三さんはとても幸せに感じていた事でしょう。
多くの作品に出演していますが間違いなく心に残る作品となっているはず。

林隆三のピアノの腕前はプロ級?

俳優座で鍛えられた卓越した演技力で多くの作品に重厚感を与えていた林隆三さん。
実は3歳からピアノを習っており、プロ顔負けの腕前だったそうです。

ドラマでピアノの弾き語りのシーンを演じるだけでなくライブで演奏する事もありました。
なお、林隆三さんの最後の仕事となったのもコンサートでした。

2014年5月28日のコンサートを終えてライブハウスを出たところで倒れた林隆三さん。
病院に搬送されて復帰を目指して治療していましたが6月4日に帰らぬ人に。
死因は腎不全でした。

最後の最後までプロであり続けた林隆三さん。
その生き様は今も多くの人の心に残り続けている事でしょう。

林隆三とあの俳優が兄弟?


兄弟や姉妹で芸能人になっているケースが多々あります。
当初から血縁関係を明かす事もあれば、後になって公表し驚かれるという事も。

林隆三さんにも兄弟と噂される俳優がいるんです。
その人が俳優の林与一さん。

「林」と苗字が同じ名前も何となく似ていて兄弟っぽい感じがしますよね。
ですが林隆三さんと林与一さんが兄弟ではありません。

林与一さんの父は歌舞伎役者の林敏夫さん。
もし林隆三さんと林与一さんが兄弟であれば周知の事実となっているはず。

確固たる情報がないという事は林隆三さんと林与一さんが兄弟という事はあり得ないと言えるでしょう。
なお、林隆三さんの父親はサラリーマンだったようです。

林隆三と古谷一行は似てる?

世界には自分に似ている人が3人はいると言われています。
芸能界でも似ていると話題になる人達もいますよね。

実は林隆三さんも似ていると言われる俳優がいるんです。
その俳優とは古谷一行さん。


二人の写真を見比べてみると穏やかな顔立ちや目元、鼻の形が確かに似ている気がします。
また、二人とも俳優座出身の俳優と経歴まで似ています。

占いの一つに人相学というものがありますが、大物俳優に共通する人相があるのかも知れませんね。

コメント