渡辺真知子の結婚・夫は?今まとめ。父も歌番組に出演&中島みゆきとの共演で緊張?

いつまでも歌唱力が衰えず素敵な歌声を披露する渡辺真知子(わたなべ まちこ)さん。
素晴らしい歌声だけでなく明るいキャラクターでも人気です。

渡辺真知子は結婚して夫がいる?


「迷い道」や「かもめが翔んだ日」などのヒット曲で知られる渡辺真知子さん。
いつまでも衰える事のない歌声だけでなく明るい人柄と軽快なトークも人気ですね。

渡辺真知子さんは高校生だった1975年に「PIA」というグループで出場したヤマハポピュラーソングコンテストで審査員特別賞を受賞。
1977年に自ら作詞・作曲した「迷い道」でデビューすると80万枚の大ヒット。
翌年にリリースした「かもめが翔んだ日」で日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞し次世代のニューミュージックシンガーとしての地位を不動のものとしました。

パワフルな歌声と天真爛漫なキャラクターから肝っ玉母さんのような雰囲気がある渡辺真知子さん。
幼稚園の時には面倒見の良さから「おかあさん」と呼ばれていたそうです。

ところが実際は結婚しておらず独身のまま。
調べてみましたが熱愛の噂もこれまで出ていないようです。

芸能人同士の交際であれば噂にならないはずはありません。
ですのでこれまでに交際した男性は一般人ばかりだったのでしょう。

それにしても渡辺真知子さんに結婚歴がないなんて意外ですよね。

渡辺真知子の父も歌番組に出演したことがある?

音楽好きの家庭で育ったという渡辺真知子さん。
父の渡邊猛男さんは公務員で神奈川県庁や青少年センターなどに勤務していたそうです。

NHKのど自慢の予選を勝ち抜き本選に出場したこともあるんだとか。
残念ながら鳴った鐘は二つで合格は出来なかったそうです。

人前で歌う事が好きだった渡邊猛男さんですが自宅では寡黙。
渡辺真知子さんのデビューが決まっても何も言わなかったそうです。

ですが、渡辺真知子さんのデビューを喜んでいなかったわけではありません。
渡辺真知子さんが営業で訪れたレコード店に足を運びデビュー曲のレコードを何枚も買って周りに配るなど陰ながら応援していたそうです。

常に順風満帆だった訳ではなく苦難の時期もあった渡辺真知子さん。
家族に愚痴を言う事もあったそうですが、励ましてくれたのは渡邊猛男さんでした。

渡辺真知子さんが芸能活動を続けられてきたのも陰になり日向になり支えてきた渡邊猛男さんのおかげかもしれません。

渡辺真知子が中島みゆきの夜会に出演?

デビュー時には松任谷由実さんや中島みゆきさんなどの次の世代を担う事を期待された渡辺真知子さん。
まさに期待通りかそれ以上の活躍を見せてきました。

そんな渡辺真知子さんが中島みゆきさんの「夜会」に出演し大きな話題となりました。

「夜会」とは演劇とコンサートを融合させた舞台でかつては年に1度の講演でしたが現在は不定期開催。
今では中島みゆきさんのライフワークとも言える舞台となっておりチケットはプレミア化するほど人気。

渡辺真知子さんが出演したのは2019年1月30日〜2月27日にかけて20講演で開催された「夜会 Vol.20 リトル・トーキョー」。
25年ぶりに既存の楽曲と描き下ろし楽曲を織り込んだ形式での上演という事で例年以上に注目を集める舞台となりました。


大勢の注目を集める舞台というだけでなく先輩の中島みゆきさんとの共演。
流石の渡辺真知子さんも緊張していたようですね。

長年、芸能界で活躍する渡辺真知子さんがこれほどまでに緊張する事なんてそうある事ではないでしょう。
それだけ中島みゆきさんが偉大な存在という事なのでしょう

緊張しすぎるとパフォーマンスが心配になってしまいますよね。
気になったので評判を調べてみましたが渡辺真知子さんを絶賛する声ばかりでした。

並の歌手であれば中島みゆきさんの存在感に打ち消されてしまうことでしょう。
これほどまでに絶賛されるなんて流石は渡辺真知子さんですね。

渡辺真知子の今の活動は?

2010年4月22日に個人事務所を立ち上げた事を発表した渡辺真知子さん。

事務所が変わっても渡辺真知子さんの歌声とパフォーマンスが衰える事はありません。
そのパフォーマンスは高く評価され、ブラジル、キューバの日本人移民100周年式典やロシア大使館など海外でも歌声を披露しています。

毎年のようにアルバムをリリースしテレビやラジオへの出演やコンサートと多忙な日々を送っています。
デビューから40年以上が経っても忙しく活動できるのは確かな実力がある証拠。


渡辺真知子さんのような息の長い歌手人生を送れるアーティストはこれからも数えるほどしか出てこないのではないでしょうか。
まだまだ渡辺真知子さんには芸能界の第一線で活躍して欲しいものです。

コメント