中原理恵の引退理由&今何してる?高橋幸宏と結婚?今は社長?

クールで都会的なイメージの歌手として『東京ららばい』をスマッシュヒットさせた中原理恵(なかはらりえ)さん。

バラエティ番組では弾けたお笑いを見せて人気者になりました。

2000年頃を境に芸能界から姿を消していますが、今何してるのかが気になる人は多いでしょう。

引退理由を探るとともに、高橋幸宏さんとの結婚の噂や社長になったという情報について真相を突き止めていきます。

中原理恵の引退理由

中原理恵さんは1958年6月17日に北海道函館市で誕生。

2020年は62歳になります。


本名は目加田貴美恵(めかたきみえ)さんといい、田辺エージェンシーに所属していました。

1978年、デビュー曲『東京ららばい』の大ヒットで日本レコード大賞新人賞ほか数々の新人賞を受賞し、同年の紅白歌合戦にも出場。

アイドル然とした可愛いタイプの新人とは一線を画す、クールで大人っぽい女性歌手として人気を集めました。

萩本欽一さんの『欽ドン!良い子悪い子普通の子』では、良い妻、悪い妻、普通の妻の三役を演じ分け、それまでのイメージを覆すコメディエンヌぶりを発揮。

トークのうまさが買われて『ミュージックステーション』などの司会者としても活躍しました。

『ロケットパンチ!』はX JAPANのhideさんが死の前日に出演した番組として知られていますね。

番組の冒頭で中原理恵さんが沈痛な面持ちでコメントしていたのを覚えています。

ジャンルを超えた多才ぶりで順風満帆に見えた芸能活動でしたが、2000年のドラマ『晴れ着、ここ一番』を最後に芸能活動を離れたようです。

引退理由として推測されているのは、高橋幸宏さんとの不倫騒動で萩本欽一さんを怒らせて芸能活動を干されたという説と、歌手として結果が残せなかったという説。

前者は中原理恵さんが「欽ドン!」を降板したことから浮上したのでしょう。

ですが、調べてみると事実は少し違うようです。

まず番組降板と不倫騒動の時期がかみ合いません。

また降板は萩本欽一さんのアドバイスによるものでした。

デビューシングルとセカンドシングルはヒットしたものの、以降は鳴かず飛ばずだった中原理恵さん。

コメディエンヌよりも歌手として輝きたいと思っていた中原理恵さんは萩本欽一さんに相談。

萩本さんは気持ちを汲み、番組を降板して歌手活動に専念するように勧めたそうです。

中原理恵さんはその後『欽ちゃんの週刊欽曜日』にも出演していることから、二人の関係は良好だったことがうかがえます。

また2000年までは芸能活動を続けているので、1990年に破局した不倫関係が原因で干されたとも考えにくいですね。

本業である歌手活動に力を入れていた中原理恵さんでしたが、再びヒット曲に恵まれることはありませんでした。

歌手活動に自ら見切りをつけた可能性もありますね。

中原理恵は今何してる?社長の噂とは

芸能界から姿を消して20年になりますが、引退後の状況は明らかになっていません。

けれども芸能界の人間とは今も交流があるようで、同じ事務所に所属していた渡辺真知子さんのブログに登場したことがあるのだそう。

そのブログの画像では現役時代と変わらないスリムな体型を維持していたという中原理恵さん。

また週刊誌の記事によると、家は故郷の函館市と東京にあり、函館の家は高級住宅街にあるとのこと。

自宅周辺で犬を散歩させている姿もキャッチされていることから、今も元気であることがうかがえます。

ネット上には、中原理恵さんはビルメンテナンス会社の社長になっているという声も飛び交っていますね。

この噂の出所はウィキペディアのようです。

今は削除されていますが、この情報が一時期ウィキペディアに記載されていたとのこと。

2020年現在、中原理恵さんがビル管理会社を経営していることを示す記事は見つかりませんでした。

中原理恵と高橋幸宏は結婚していない

中原理恵さんが1984年にリリースしたアルバム『LADY麗(REI)』のA面のプロデュースを担当したのは高橋幸宏さんでした。

二人はこの時から親密な関係になったようです。

当時、高橋幸宏さんは既婚者。

まもなく妻と別居して不倫交際がはじまり、離婚後は同居生活へ。

結婚は秒読みと見られてところへ、高橋さんに新たな女性の存在が報じられて破局しました。

こうした経緯があったことから、中原理恵さんは引退後に結婚しており、その相手は高橋幸宏さんではないかと思う人もいるようです。

ですが高橋幸宏さんはその後、元モデルの喜代美さんと再婚。

中原理恵さんとは結婚していません。

一方、中原理恵さんが2020年現在結婚しているかどうかについては不明でした。

やはり一時代を築いた人気スターが姿を消すとさまざまな憶測が飛び交いますね。

引退から20年たっていることもあり、もう表舞台に復帰する可能性は低いかもしれません。


多芸ぶりを発揮してお茶の間を楽しませてくれた中原理恵さん。

裏を返せば、器用すぎて活動の方向性がブレてしまい、それがマイナスに作用したのかもしれませんね。

中山麻理とドクターエックスの関係は?経歴まとめ。結婚・離婚した三田村邦彦

コメント