八神純子の夫はだれ?離婚危機説の理由は!子供は何人?娘が歌手に?家族との秘話が話題

綺羅、星のごとく現れたシンガーソングライターの八神純子(やがみ じゅんこ)さん。
16歳から曲作りをしていたという才能と見事な歌唱力で一躍スターの仲間入りをしました。

八神純子の夫はだれ?

「みずいろの雨」や「パープルタウン」のヒットで知られる八神純子さん。
シンガーソングライターの八神純子さんは16歳の頃から作詞作曲をしていたそうです。


初めて作った楽曲「雨の日のひとりごと」は第8回のPOPCON優秀曲賞を受賞。
八神純子さんが応募していたもう1曲の「幸せの時」は入賞。
後にも先にも同じ大会において2曲同時に入賞したのは八神純子さんだけという快挙でした。

八神純子さんには当時から非凡なものがあったんですね。
これは生まれ持った才能でしょう。
その後、八神純子さんは「雨の日のひとりごと」でデビューし、「幸せの時」もセカンドシングルとしてリリースされました。

そんな八神純子さんが結婚したのは1986年2月7日のこと。
お相手はイギリス人の音楽プロデューサー、ジョン・スタンレーさん。
八神純子さんはハワイで結婚式を挙げ、秋にはアメリカに移住しています。

音楽プロデューサーだったジョン・スタンレーさんは40歳でロースクールに入学。
現在は弁護士をしているそうです。

音楽プロデューサーから弁護士に転職した理由は明らかになっていません。
過去に権利関係で揉めたことで法律の知識が必要と感じたのでしょうか。

八神純子に離婚の噂が?

イギリス人の音楽プロデューサー、ジョン・スタンレーさんと結婚しアメリカに移住した八神純子さん。
1990年からは毎年コンサートやディナーショーを行っていましたが2001年からは日本でライブ活動はしていませんでした。

これは家庭を優先しての決断だったのでしょう。
ところが八神純子さんは2011年に本格的に音楽活動を再開。
2016年にはオフィシャルファンクラブも再開しています。

急に音楽活動を本格化したこともあってか八神純子さんには離婚の噂もあるようです。
家庭が上手くいっていないから音楽活動を再開したと思う人がいるのでしょう。

ですが八神純子さんが離婚危機という情報はありません。
むしろ家庭が上手くいっているからこそ音楽活動に専念できるのでしょう。

八神純子に子供は?

八神純子さんは1989年に長女を1993年に長男を出産しています。

長女の名前は「エマ」、長男は「ノア」というそうです。
やはり海外で出産しているだけあって日本の名前ではなく英語の名前を付けたようですね。

八神純子さんが音楽活動を再開したのは子育てが一段落したこともあったのでしょう。

八神純子の娘は歌手?

2013年に八神純子さんが発売したアルバム「Here I am」。
このアルバムに収録されている「My universe」という曲で八神純子さんは娘のエマさんと共演しているそうです。

音楽の道に進むことを望んでいたというエマさん。
その歌声が素晴らしかったことから八神純子さんは共演を決めたそうです。
また、英語の歌詞も八神純子さんとエマさんの共作なんだとか。

当時のエマさんは大学に通いながら曲を作っていたそうです。
それから5年余りが経ちますが現在、歌手として活動しているかは分かっていません。

音楽プロデューサーとシンガーソングライターの両親から産まれた子供なので音楽の才能があることは間違いなさそうです。
もしかするとアメリカで歌手として活動しているのかもしれませんね。

八神純子の才能を育てた家族

八神純子さんは実家が八神製作所の創業家というお嬢様。
名古屋の実家は3000坪という大豪邸なんだとか。

名家だけあって幼少期は門限や男女交際がかなり厳しかったそうです。


ですが音楽だけは別。
3歳からピアノを習い始めたという八神純子さん。
自宅でも歌を歌い続けていたそうですが親から「やめなさい」と言われたことは無かったそうです。
呆れられたことはあったようですが。

八神純子さんの父は長唄、母は洋楽が好きだったそうなので少なからず音楽に造詣があったのでしょう。
早くから娘が持つ才能を見抜いていたから寛大な対応をしていたのかもしれません。

コメント