あき竹城がたこ八郎と熱愛の関係?結婚してた夫はだれ?

山形弁丸出しのコミカルなキャラクターで、バラエティ番組でも活躍中の個性派女優・あき竹城(あきたけじょう)さん。

芸歴が長いわりに、その私生活はほとんど知られていませんね。

プライベートの情報を明かさないあき竹城さんは浮いた話も殆どありません。

しかし過去にはコメディアンのたこ八郎さんとの熱愛が取り沙汰されたことがありました。

この記事では当時の二人の関係に迫りつつ、あきさんの経歴にも迫ります。

あき竹城との熱愛が噂されたたこ八郎とは?


たこ八郎さんといっても、1985年にすでに亡くなっていますので、知らない方も多いと思います。

たこ八郎さんは本名を斎藤清作さんといい、1962年に第13代日本フライ級チャンピオンを獲得。

パンチドランカーとなったため引退しました。

引退後は喜劇俳優の由利徹さんに弟子入りし、コメディアン・俳優に転向。

個性派俳優としても多くの作品で印象深い演技を見せていました。

映画『幸福の黄色いハンカチ』出演や『笑っていいとも!』のレギュラー出演などで活躍しました。

つかみギャグである「たっこでーす!」は自己紹介ギャグの走りであり、コミカルな風貌と愛嬌のある言動で、画面に出てくるだけで笑いをとれるコメディアンでした。

コメディアン転向後のキャラクターと日本フライ級チャンピオンのイメージはかけ離れたもので、なかなか結びつきませんね。

ですが、『幸福の黄色いハンカチ』で共演した武田鉄矢さんがプロボクサー時代の片鱗をうかがわせる証言を残しています。

それは、撮影の合間に数人のチンピラにからまれた時のこと。

たこ八郎さんがヌーッと出てきて、フワッと動いた次の瞬間、チンピラ全員が地面にくずおれていたというエピソードでした。

ボクサー時代はノーガードで相手に打たれ続け、相手の疲れを待ってラッシュをかける戦法を得意としており、これが人気漫画『あしたのジョー』の主人公・矢吹丈のモデルになったといわれています。

コメディアンとして第二の人生を切り拓いたたこ八郎さんでしたが、ノーガード戦法のダメージは重く、夜尿症や健忘症などパンチドランカーの後遺症に苦しむようになります。

そして人気絶頂の1985年7月24日、飲酒した状態での海水浴中に心臓麻痺で急死。

当時レギュラー出演していた『笑っていいとも!』の生放送中、タモリさんによってその死が伝えられました。

享年44歳でした。

通夜・告別式には、師匠の由利徹さんほかタモリさん、ビートたけしさん、原田芳雄さん、菅原文太さんたちが訪れ、世間はたこ八郎さんの人望を知ることになります。

熱愛が報じられたあき竹城さんが、自身にとってもっとも大切な人を失ってしまったことを嘆く姿がワイドショーで放送されました。

あき竹城とたこ八郎の関係は?

そんなたこ八郎さんと舞台の共演をきっかけに意気投合したあき竹城さん。
パンチドランカーの症状が残るたこ八郎さんを心配して色々と世話を焼いていたんだとか。

そのため、あき竹城さんとたこ八郎さんの熱愛が噂されるようになったようです。

たこ八郎さんはあき竹城さんに好意を寄せていたとの声があります。

けれどもあき竹城さんは、7歳年下でありながら、母と息子のような関係だったとテレビ番組で告白。

そのため、恋愛関係にあったかどうかは定かではありません。

もしかしたら巷の噂をよそに、二人は本当に純粋な友情で結ばれており、お互いが困った時は支え合う関係だったのかもしれません。

パンチドランカーの後遺症に苦しんでいたたこ八郎さんを献身的に世話していたのがあき竹城さんでした。

飲酒が多いことをたしなめたり、きちんと食事をとるように忠告していたようです。

たこ八郎さんを大切に思っていたのは確かですね。

死に至る海水浴にでかける直前、あき竹城さんはサイパン旅行に誘われたそうですが、忙しいことを理由に断ってしまいます。

たこ八郎さんの死後、断ったことをとても後悔したそうです。

たこ八郎さんが心臓麻痺のために亡くなった時、葬儀であき竹城さんは号泣。

自分がたこ八郎さんを死に追いやったと思い続けたあき竹城さんは、その後27年間、一度もお墓参りをすることはありませんでした。

27年が過ぎ、ようやく墓前で、来世でのサイパン旅行を約束することができたそうです。

長い間自責の念にかられ続けたことからも真面目で優しい人柄であることがうかがえますが、こればかりは誰のせいと決めつけられるものではないでしょう。

あき竹城さんがどれだけ愛情をもってたこ八郎さんに接していたかが良く分かります。

あき竹城は結婚して夫がいる?


2021年は、74歳になるあき竹城さん。

すでに孫がいても不思議ではない年齢ですが、プライベートについてはほとんど明かさず、とりわけ結婚や家族について語ることはありません。

サービス精神が旺盛な事でも知られるあき竹城さん。

そのため、あき竹城さんが独身と思っている人も多いのではないでしょうか。

実はあき竹城さんは1988年に結婚しています。

1988年4月26日に平岡久典さんという服飾関係の仕事に携わる8歳年下の男性と入籍していますが、婚姻関係が今も継続しているのか、子供はいるのかといったことは一切公表されていません。

たこ八郎さんの死去から3年後の結婚になりますが、アプローチはあき竹城さんからだったようです。

あき竹城さんのキャラクターを考えると意外な気もしますが、とにかく私生活の情報はほとんど発信されていません。

キャリアが長いにわりにはプライベートが謎に包まれている芸能人がたまにいますが、あき竹城さんもその一人といえそうです。

料理人の結城貢さんや俳優の小野寺昭さんが旦那、という噂もありました。

ですが結城貢さんの妻は女優の泉じゅんさん。

また、小野寺昭さんが結婚したのは1963年頃ですのでどちらも誤りです。

あき竹城はストリッパー出身?

山形県米沢市で6人きょうだいの末っ子として育ったあき竹城さん。

3歳の時に父が他界し、母が行商をして一家を支えました。

子供の頃からダンサーに憧れていたあき竹城さんは、米沢市で唯一のダンス教室に通い、中学卒業後に上京してダンサーとしてデビュー。

ヌードダンサーとして日劇ミュージックホールに出演しています。

元ストリッパーという噂はここから出たのでしょう。

ショーの合間のコントでセリフを山形弁でしゃべった際に観客に大ウケして、ダンサーからタレントに転身。

1977年の『トラック野郎・度胸一番星』でもトップレス姿を披露しています。

今村昌平監督に抜擢された1983年の『楢山節考』では、夫役の緒形拳さんと大胆な濡れ場を熱演。

『楢山節考』はカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞し、女優としてのターニングポイントになりました。

女優業の枠を超えて、バラエティ番組でも人気者のあき竹城さん。

その人気の秘密はコミカルな話し言葉と親しみやすさにあるようです。

バラエティ番組では方言は大きな武器といえるでしょう。

また、ポジショントークをしない姿勢を貫いているのもバラエティ番組で重用される一因ではないかと思います。

女性芸能人の多くは女優やグラビアアイドル、ママタレントなど、女優、ギャル、妻、母といった特定の枠組みを持っています。

しかし、あき竹城さんはプライベートに関する情報をほとんど出していないため、自ら枠組みを定めていないのです。

強い個性のせいもあるのでしょうが、「肩書きはあき竹城」としてトークできるのはたいへんな強みだと思います。


ベテラン女優ですが、体を張った笑いでも文句を言わず、エキストラにまで丁寧に接するため業界の評判は上々というあき竹城さん。

おそらく愛情深いあき竹城さんだからこそ、老若男女を問わず愛されるのでしょう。

今後もパワフルなキャラクターを貫いて、故郷愛を忘れずに山形弁を話し続けてほしいものです。

あき竹城の最近は光が丘に在住。渡辺えり・山村紅葉と似ている?
とても真似できない強烈なキャラクターで大人気のあき竹城(あきたけじょう)さん。 大御所な…

コメント