弘田三枝子の今&歌唱力を検証。結婚した夫とは事実婚?破局し子供 (娘)と帰国

60年代、アメリカンポップスのカバー曲で次々にヒットを飛ばし、「ポップスの女王」といわれた弘田三枝子(ひろたみえこ)さん。

2019年現在、72歳の今も精力的に歌手活動を続けていますが、一部ではそのルックスの変貌ぶりが話題を呼んでいるようです。

この記事では、弘田三枝子さんの高い歌唱力に迫りつつ、結婚した夫や子供である娘についても取り上げます。

弘田三枝子が今はマイケル・ジャクソン化?

1961年に「日本のブレンダ・リー」の触れ込みで14歳でデビューした弘田三枝子さん。


「ミコ」の愛称で親しまれ、10代らしからぬパンチのきいた歌声で瞬く間に音楽シーンを席捲しました。

『すてきな16才』『ヴァケイション』などの洋楽カバーをはじめ、アニメ『ジャングル大帝』の主題歌やレナウンのCMソングを覚えている人もいるでしょう。

1965年に日本人として初めてアメリカの「ニューポート・ジャズ・フェスティヴァル」に参加し、以降はジャズシンガーとして新境地を開きます。

コンサートやディナーショーなどのライブ活動は今も行っており、2018年にはジャズアルバム『イズント・イット・ロマンティック?』、2019年には『ゴールデン☆ベスト 弘田三枝子』をリリース。

このように仕事面では順調なのですが、今の弘田三枝子さんを紹介するうえでスルーできないのが顔の激変ですね。

ネット民は、その衝撃的な変貌ぶりに驚きを隠せないようで、度重なる整形手術が原因という声も。

最初に整形疑惑が浮上したのはスランプを経て復帰した『人形の家』の時でした。

それまでの健康的でふくよかな少女が別人のように美しい大人の女性に変身していました。

本人によればダイエットやメイクの勉強の成果とのことですが、さらに月日が流れた今では、もはやマイケル・ジャクソンのようだと揶揄されるルックスに。

確かに、美への執着や、美しさとともに若さにもこだわるところはマイケル・ジャクソンに通じるものがあるようです。

もともと弘田三枝子さんは美に対するこだわりが強かったようで、当時はまだめずらしかったダイエット本『ミコのカロリーBOOK』も出版していますね。

年齢を重ねることによる自然な美しさとは何かを改めて考えさせられる弘田三枝子さんの今の姿です。

弘田三枝子の歌唱力がすごい!

日本人の女性シンガーの中では最高峰とも評される弘田三枝子さんの歌唱力。

アメリカンポップスが好きで、小学生の頃から進駐軍のキャンプでステージに立ち、米兵の喝采を浴びていたそうです。

英語の歌詞にくらべると、どうしてもパンチが弱くなってしまう日本語の歌詞。

そのギャップを埋めるためにあえて日本語の発音を崩し、英語っぽく発声したのは弘田三枝子さんが最初ともいわれています。

例えば、「恋」は「こひ」、「素敵な」は「すてきひぃ~な」というユニークな歌唱法でした。

『ヴァケイション』で聴かせる「ま、ち、ど、お、しいのは~」のリズム感も抜群ですね。

これはもう、ひと言で言うとセンスなのでしょう。

当時、同世代の伊東ゆかりさんや中尾ミエさんなどは、レコーディングの時に、なぜミコのように歌えないのかとよく叱られたという話があるほどです。

弘田三枝子の子供は娘。結婚した夫とは事実婚だった?


1977年、弘田三枝子さんは不倫関係にあったギタリスト・杉本喜代志さんの妻に刺されて全治10日間の重傷を負います。

杉本さんの妻から別れてほしいと申し入れがあったにもかかわらず、聞き入れなかったことから、このような事態を招いたといわれています。

杉本さんとの関係を清算した弘田三枝子さんは渡米し、芸能界も引退状態になりますが、アメリカ滞在中にまたしても妻子ある男性と恋愛関係に。

お相手は航空会社に勤める日本人男性でした。

離婚が成立しないまま二人は挙式。

この時、弘田三枝子さんは妊娠していました。

ところが、1979年2月に娘が誕生してまもなく破局。

幼い娘とともに帰国したのは翌年のことでした。

2019年現在、弘田三枝子さんは独身だそうです。


山下達郎さんや桑田佳祐さんなどビッグネームのミュージシャンにも信奉者が多い弘田三枝子さん。

近年は再び注目が集まっているようですが、どこか鬼気迫る今の姿からは、長きにわたりスターであり続けることの重圧と過酷さを感じずにはいられません。

宮川彬良の娘・息子・妻(宮川由利子)まとめ。父と二代で作曲家!

都倉俊一の再婚&家族まとめ。息子はJリーガー?増田恵子・山口百恵との関係

女性歌手
シェアする
アスネタ – 芸能ニュースメディア

コメント