中山千夏の現在。結婚した夫は音楽家。母親は毒親?天才的な子役だった

女優、歌手、司会者、参議院議員、作家と多方面での活動歴を持つ中山千夏(なかやまちなつ)さん。

60年に及ぶキャリアの出発点は子役でした。

才女と呼ばれるだけに、2022年現在の活動や結婚した夫についても興味をひかれます。

また、母親との関係を告白した自著『幸子さんと私』についても取り上げます。

中山千夏の現在の活動は?

1948年7月13日に熊本県山鹿市で生まれた中山千夏さん。

本名は前田千夏さんです。


読者の世代によっては、芸能人、参議院議員、作家など異なるイメージを抱くかもしれませんね。

学歴も気になりますが、意外にも1966年に上智大学を受験して失敗した経験があるのだとか。

最終学歴は麹町女子学園高等部卒業のようです。

11歳で子役デビューしたあとは活動のフィールドを広げ、歌手や声優、テレビタレントとしても活動。

『お昼のワイドショー』では司会役の青島幸男さんと横山ノックさんのアシスタントを務め、持論を積極的に述べる姿が注目を集めました。

男性でも「ひとつの仕事を一筋に」という風潮だった当時、歌手としてもヒットを飛ばし、タレント議員になり、著作も次々と出版。

まさにマルチタレントの中山千夏さんですが、現在は芸能活動から撤退している状態といってよさそうです。

とはいえ体調不良というわけではなく、文筆活動のかたわら、人権・反戦・死刑廃止などの社会運動に取り組んでいるとのこと。

2019年11月24日には、最新刊『主人公はきみだ ライツのランプをともそうよ』のトークショーを開催。

プライベートでは、40代から始めたスキューバダイビングと50代から始めたパソコンにハマっているようで、2007年11月には東京を離れて静岡県伊東市に転居しています。

冬場でも月に一度は伊豆の海でダイビングをするそうです。

中山千夏が結婚した夫は誰?

歌手としての本格的なデビューは、1969年9月にリリースされた『あなたの心に』。

岩崎宏美さんら多くの歌手にカバーされている名曲ですね。

『あなたの心に』のB面、今でいうカップリング曲の『ZEN ZEN ブルース』の編曲を担当したのが、のちに夫となる佐藤允彦(さとうまさひこ)さんでした。

佐藤允彦さんは慶應義塾大学在学中から名ジャズピアニストとして知られた人物。

海外でのアルバムリリースやモントルー・ジャズフェスティバルへの出演など、国際的にも評価の高いプレイヤーです。

作曲家・編曲家としては『パンダコパンダ』などのアニメ、テレビドラマ、映画など映像作品の音楽も手がけています。

二人は1971年1月2日に結婚。

仕事で知り合い、一緒にお酒を飲んだ際、酔ってデートを申し込んだ允彦さん。

これに対して、母が口うるさいから無理だけど、結婚するなら話は別と答えたことから、すんなりゴールインの運びに。

自身が「急転直下」と語っているように、ほとんど交際期間もなかったそうです。

妻のウーマンリブ運動にも理解を示していた允彦さんでしたが、1978年に離婚。

破局の理由としては、男女の関係が希薄になったことなどが取り沙汰されたようですが、結婚と同様に離婚の理由もいまひとつはっきりしないのが実状。

なんとなく夫婦になって、なんとなく別れたというのが本当のところなのかもしれません。

中山千夏の母親は毒親?著書で母娘関係を告白!

2009年に刊行された『幸子さんと私~ある母娘の症例~』は、中山千夏さんが実体験をもとに母親と娘の関係を見つめ直した問題作。

考えてみると、母親と息子の場合は「マザコン」という言葉がありますが、娘のケースは何も呼び名がありませんね。

母娘関係に問題があったとしても、社会はまだそれを名づけるほど深刻にはとらえていないという証拠でしょう。


中山千夏さんの母親は、娘を無条件に愛することができない支配的な母親だったようです。

その母に抑圧され続けた自分の半生を告白し、分析することは、自身のカウンセリングの意味合いもあったのでしょう。

同時に、実の母親のことを悪く書いて出版するのは抵抗もあったはず。

社会に対して母娘関係の問題を問いかけた意義深い告白の記録だと思います。

中山千夏は名子役だった!

入団資格が小学3年生以上だった児童劇団「劇団ともだち劇場」に1年生で入団した中山千夏さん。

3か月で早くもラジオドラマの仕事をしています。

大阪テレビの子供番組「少年探偵団」シリーズなどの出演を経て、11歳の時に劇作家・菊田一夫さんの目に留まり、芸術座の舞台『がめつい奴』に出演。

天才子役として注目を集めました。

1960年から1961年にかけての芸術座『がしんたれ』では、菊田一夫さんの少年時代を好演。

以降は東宝演劇部の専属俳優として舞台出演するかたわら、テレビでも活躍しました。

子役時代にはドラマの主題歌も歌っています。

やがてテレビに疑問を持ち、『お荷物小荷物・カムイ編』を最後にドラマから撤退。

もう少し女優としての中山千夏さんを見ていたかった人はたくさんいたと思います。


タレント議員のはしりでもあった中山千夏さん。

落選後は公約通り、再び出馬することなく、市民の立場で社会活動に取り組んでいます。

長年にわたるエネルギッシュな活躍ぶりには頭が下がるばかりです。

波乃久里子が独身なぜ?自宅&驚きの収納。勘三郎ほか家系図がすごい!

はるき悦巳の現在。水木しげるの影響、高畑勲を魅了。徹子の部屋&ファンレター宛先は?

奈良岡朋子はおしんのナレーター。夫や子供ほか家族&岡本健一・美空ひばりとの間柄とは

青島幸男の死因、病気とは。息子は脚本家。都知事になり都市博を中止の真意とは

コメント