織田裕二の性格はいい?悪い評判の理由。柳葉敏郎との確執、深津絵里との仲

俳優、歌手、スポーツキャスターなどマルチの活躍されている織田裕二(おだゆうじ)さん。

数々のヒット作に出演されていて知名度も好感度も高い俳優の一人です。

私生活ではご結婚されお子さんもいるようですがあまり自身のプライベートを語らず謎めいている織田さんですが普段はどんな性格なんでしょう。

芸能関係者からの評判や、長らく共演していた深津絵里さんとの関係も気になります。

織田裕二のプロフィール

本名:織田裕二

生年月日:1967年12月13日

身長:177cm

出身地:神奈川県川崎市

最終学歴:桐蔭学園高等学校、ピッツバーグ大学日本学校中退

所属事務所:BAC CORPORATION

俳優・織田裕二の性格は悪い?事件は現場で起きている。

仕事に対してストイックで自分にも周りにも厳しい織田裕二さん。


先輩後輩関係なく共演者の演技に対しても気になったことを直接伝えてしまうので現場の空気がピリッとしてしまうことがあるようです。

そのせいで性格が悪いのでは?という噂がよく出てしまうようです。

良く言えば真面目で仕事熱心な織田さんは共演者だけでなく現場スタッフにも最高の仕事を要求します。

仕事とプライベートは切り離しているようで仕事関係者とプライベートな付き合いは一切ないそうです。

またスタッフへの好き嫌いもハッキリしているようです。

男らしいハッキリとした性格と仕事に対してストイックな姿勢が噂の原因のようですね。

ホントは性格がいい?織田裕二の評判。

仕事熱心な性格のためそれが自身のワガママと誤解されたニュースがよく出てしまっていますが実際一緒に仕事をしている現場スタッフは織田さんの仕事への情熱を理解しているようです。

織田さんは自分が思ったこと、感じたことをその場で何降りかまわず口に出してしまうそうです。

その点で周りに「ワガママ」、「プライドが高い」、「偉そう」といったイメージを持たれやすいそうです。

織田さん本人も思わず口に出してしまうところも自覚しているようですが真面目でストイックなため我慢せずにはいられないようです。

そのおっせかいなところも織田さんにとっては作品を良くしようと心がけている部分の1つではないでしょうか。

そしてドラマ『SUITS/スーツ』のインタビューでは撮影当時のあるエピソードが話されています。

それは主演織田裕二さんの相方を務めたHey! Say! JUMPの中島裕翔さんの演技に対し演技のアドバイスをいろいろしたそうです。

織田さんもおせっかいとはわかっていながらも作品をより良くしたいため色々と口が出てしまうそうです。

これは織田さんの俳優経験が物語っているようで、織田さんが若い役者だったころ「ああ、もっとこう演じておけば良かった」など作品を振り返って自分の演技に対して後悔したそうです。

その後悔をしてほしくないためにも共演者の方々にはおせっかいとわかっていながらもついアドバイスしてしまうんだそうです。

誰よりも仕事に対しての熱量が強いからこそ織田さんのように発言されるのではないでしょうか。

また織田さんはとても紳士的な一面も持っているようです。

2016年『オールスター感謝祭』に出演した際は「赤坂ミニマラソン」に出演した土屋太鳳さんを懸命にサポートしたそうです。

その献身的に介抱している場面を見て視聴者の方々も織田さんの紳士さに心打たれたそうです。


織田さんは情熱的な一面を持っているようですね。

本当に性格が悪ければきっとこんなに長く芸能界で活躍できていないでしょうし、しかも最近は昔よりも丸くなったとも言われていて、バラエティ番組にも(番宣ですが)出演され以前よりもプライベートなお話をされる機会も増えたようです。

またプライベート(オフ)で織田裕二さんに遭遇された方のコメントにはとても紳士的な態度や、真面目だけど穏やかな性格などが書かれていて本当にオンとオフを分けている方という印象を受けました。

そしてよく言われていた柳葉敏郎さんとの不仲説ですが、お互い仕事熱心なので現場でぶつかることはありましたが決して仲が悪いわけではなかったようです。

ちなみに柳葉さんの奥さまは織田さんのファンなんだとか。

良い意味でも悪い意味でも出てくるのが織田裕二さんの仕事に対する真面目な態度でした。

織田裕二と柳葉敏郎の不仲は演技のダメ出しがきっかけ?

織田裕二さんが確固たる地位を築いたのは「踊る大捜査線」のヒットがあったからでしょう。

「踊る大捜査線」は「東京ラブストーリー」、「振り返れば奴がいる」と並ぶ織田裕二さんの代表作であることは間違いありません。

そんな「踊る大捜査線」の見どころの一つが織田裕二さん演じる青島と柳葉敏郎さんが演じる室井の友情でしょう。
最初は対立していた青島と室井ですが徐々に信頼関係を築く様子は見ていて胸が熱くなりました。

今日からは… #織田裕二 #柳葉敏郎 #青島巡査部長 #室井管理官 #踊る大捜査線 #さんばりとぅないっ

麺ディーさん(@mendy_1111)がシェアした投稿 –

ドラマでは信頼関係を築いた二人ですがプライベートでは犬猿の仲というのは有名な話。

織田裕二さんとの共演が相当嫌だったのか柳葉敏郎さんが
「室井を殉職させて欲しい」
とプロデューサーに頼むほど二人の仲は深刻なようです。

ではなぜ二人はこれほどまでに険悪な関係となってしまったのか。

そのきっかけは織田裕二さんが柳葉敏郎さんの演技にダメ出しをしたことが原因です。

試行錯誤していた室井の演技プランに対し、「違うんじゃない」と言われ「ぷっちん」来てしまったと、柳葉敏郎さんが告白していることからも明らかです。

さらば青島刑事 #織田裕二 #柳葉敏郎 #踊る大捜査線 #最終回

麺ディーさん(@mendy_1111)がシェアした投稿 –

そんな二人ですが「踊る大捜査線FINAL」撮影前の食事会の場で
「最後なんだしお互いに頑張ろう」
と柳葉敏郎さんが織田裕二さんに声をかけたことで関係が修復されたようです。


織田さんはプライドが高い方のようで、他の俳優さんとの共演NGも他の俳優たちよりも多いようです。

木村拓哉さん、柴咲コウさんなどの俳優さんだけでなく金子修介監督とも共演がNGだそうです。

木村さんとは一度も共演したことがありませんが、織田さんの前で木村さんの話をしてはいけないほどタブーの話だそうです。

誰かが織田さんの前で木村さんの話をすると確実に不機嫌になるようです。

なぜ一度も共演したことがないのにそんなに毛嫌いするのか、その真相はわかりませんがもしかすると直感で自分と相性が悪いと感じたのかもしれませんね。

そして金子監督とは大きな事件がきっかけで犬猿の仲になってしまったようです。

1993年のコメディ映画『卒業旅行 二ホンから来ました』に織田さんは金子さんが監督する作品に出演していました。

そのとある織田さんが歌うシーンで花火が打ち上げられた際に織田さんの髪が少し燃えてしまったそうです。

それに対し織田さんが大激怒しスタッフに叱ったそうです。

その話を聞いた金子監督が織田さんに「お前は何様だ」と逆切れしたようです。

当時は大きな乱闘にもならず一応その場はおさまったようですがこれ以降金子監督は「織田さんのわがままに付き合えない」とその映画公開後、週刊誌に暴露していたようです。

織田さんは金子監督との関係性については「何もない」と述べたようですが、監督の逆鱗に触れてしまったのは確実なようです。

そのプライドの高さは周りの怒りを買ってしまうほどだそうで、これはまさに織田さんの一つの天性とも言えるでしょう。

長年の相棒・女優深津絵里との関係

ドラマ、のちに映画も上映されたヒット作「踊る大捜査線」で長らくの間織田さんの相棒を務めていた女優の深津絵里さん。

織田裕二さんの厳しい演技指導で深津さんを泣かせてしまったなんて噂もありましたが実際は仲がいいようで映画公開記念の対談でも、さすが長い付き合いだなという掛け合いを見せてもらいました。

実は「踊る~」のラストで青島(織田さん)とすみれ(深津さん)のキスシーンを入れる提案があったようなのですが却下し監督から「キス以上の芝居」というものを2人は要求され、プレッシャーの中見事に演じきったそうです。


2人の長年の信頼関係と確かな演技力で、見事にキス以上に青島とすみれの関係が伝わるラストになっていましたね。

また織田さんと深津さんの共演が見たいところですが、「踊る~」のイメージが強すぎてなかなか難しそうですね。

関連記事
織田裕二と結婚した妻はどんな人?子供と家族について

織田裕二と平井堅の関係。水谷豊から影響、松嶋菜々子と家族ぐるみ

織田裕二の今。筋肉へのこだわり&難病ヘルニアは完治?年収や愛車も凄かった!

織田裕二の学歴。高校、大学と英語力について。兄弟や出身は?

織田裕二の世界陸上の名言と歌の評判。痩せた原因&たばこを止めた?

織田裕二のスーツ着こなしがカッコいい。コート&腕時計?ファッションセンスについて

コメント