草刈民代が結婚した夫、離婚はありえない?家を公開して話題&出産について

日本だけでなく世界的にも有名なバレリーナだった草刈民代(くさかり たみよ)さん。
バレリーナを引退し女優となった今も維持し続ける見事なスタイルは圧巻の一言です。

草刈民代が結婚した夫はだれ?

幼い頃からプロのバレリーナを目指していたという草刈民代さん。
幼稚園から高校まで私立の一貫校に通っていましたが「学校での勉強が果たしてバレエに活かされるのか」と疑問を抱き高校を退学。

高校生の頃は敷かれたレールを歩む人が殆ど。
草刈民代さんのように人生を大きく変える決断が出来る人は決して多くはありません。


また、草刈民代さんの場合は両親も高校の退学とバレエに専念する事を応援してくれたそうです。
非常に恵まれた家庭環境だったことも草刈民代さんにとって幸運でした。

その後の草刈民代さんは日本でも有数のバレエ団の1つ牧阿佐美バレヱ団で活躍。
文部大臣奨励賞や橘秋子賞など数々の賞を受賞し日本を代表するバレリーナとなりました。

そんな草刈民代さんの名が日本中に知れ渡るきっかけとなったのが1996年の映画「Shall we ダンス?」。
映画初出演にして初主演に抜擢された草刈民代さん。

同作の記録的大ヒットに加え日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞など数多くの賞を受賞。
そのおかげで草刈民代さんは多くの人に知られるようになりました。

なお、草刈民代さんは同作で監督を務めていた周防正行さんと結婚しています。

周防正行さんは映画の製作が決まった時点では誰を主演にするか決めていなかったそうです。
その後、1日に3人から主演候補として草刈民代さんの名を挙げられた事から草刈民代さんが出演するバレエを観に行ったんだとか。

観劇後に草刈民代さんに挨拶をするも近寄り難い雰囲気を感じたという周防正行さん。
逆にその雰囲気が映画にピッタリと感じ主演に抜擢したそうです。

映画の撮影が始まるとプロモーション活動など二人で共にする時間が増えた周防正行さんと草刈民代さん
毎日のように長時間の電話をする関係になったそうです。

毎日の長電話で草刈民代さんが自分に好意を寄せてくれていると感じた周防正行さん。
その後、交際に発展し結婚に至りました。

ただ、草刈民代さんは誰とでも長電話をする人。
つまり好意を持たれているというのは周防正行さんの勘違いだったそうです。

ですが交際、結婚している事から草刈民代さんも少なからず好意を抱いていた事は間違いないでしょう。

草刈民代は出産を諦めていた?

1996年に主演映画で監督を務めていた周防正行さんと結婚した草刈民代さん。

二人の才能を受け継ぐ子供が一体どんな大人になるのか気になる人は多いでしょう。
ですが周防正行さんと草刈民代さんの間に子供はいません。

草刈民代さんに子供がいない理由は職業が大きく関係しています。

結婚後もバレリーナとして活動していた草刈民代さん。
幼少期からプロを目指し高校を中退してまでバレエに打ち込んできたので結婚してもバレエを辞める気持ちにはなれなかったようです。
また、出産すると踊ることが出来なくなってしまうという思いから出産を諦めていたそうです。

そんな草刈民代さんの思いに賛同し尊重してくれたという周防正行さん。
草刈民代さんは「周防正行さんのような人と結婚できて幸運だった」とコメントしています。

結婚後もバレリーナを続けた草刈民代さんですが44歳の頃にバレリーナとしては現役引退を発表。
その後は女優業に専念しています。

44歳となると妊娠するのは難しい年齢と言わざるを得ません。
もし草刈民代さんがバレリーナの引退をもう数年早く決意していれば子供を出産していたかも、と思ってしまいます。

草刈民代が離婚?

草刈民代さんについて調べていると「離婚」という言葉が目につきます。


子供を作るかどうかの意識の違いにより離婚してしまうケースも少なからずあります。
草刈民代さんも子供を作らなかったことが原因で離婚してしまったのかと心配になってしまいますよね。

ですが草刈民代さんは離婚していません。
それどころか今も周防正行さんとは大の仲良し。

2019年10月4日にも夫婦で対談したことをtwitterで明かしています。

特に周防正行さんの草刈民代さんに対する愛情が桁違い。
結婚から20年以上が経った今でも草刈民代さんが大好きすぎて草刈民代さんの写真を撮りまくる日々。
その写真の枚数は1年間で2万枚を超えるそうです。

周防正行と草刈民代が結婚。子供&自宅について。事務所はどこ?

まるで新婚夫婦のような生活をする二人が離婚なんて想像もつきません。
一体なぜ「離婚」なんてキーワードが出てくるのか不思議でなりませんね。

草刈民代が公開した家が話題に?

夫婦ともに大活躍の草刈民代さんと周防正行さん。
そのため暮らす家も豪邸と話題になっているようです。

都内の一等地にあるマンションのワンフロアが自宅だという草刈民代さん。
約30畳のリビングにはVHSやβのデッキなど複数のオーディオ機器を設置。

また、リビングには周防正行さんが数百万円で購入したという絵画も飾られています。
周防正行さんは生まれて初めて買ったという絵画の作者はバレエダンサーの絵を描くことで国際的に著名のロバート・ハインデルさん。
モデルとなっているのは草刈民代さんです。

妻がモデルとなっている絵を数百万円出して購入するなんて。
周防正行さんは本当に草刈民代さんの事が大好きなんですね。

その他にも廊下には草刈民代さんがお気に入りだという絵や美術品が並び、執筆活動やセリフを覚えるための書斎もあるそうです。
草刈民代さんはキッチンにもこだわって解放感が出るカラーリングにリフォーム。


冷蔵庫はオレンジ色で特注だというゴミ箱は黄色。
キッチンにいるだけで気持ちが明るくなりそうですね。

草刈民代さんのこだわりが詰まったと言える自宅。
こんな素晴らしい家で生活しているから草刈民代さんは毎日生き生きとしているのかもしれません。

草刈民代と草刈正雄は親戚関係?父親は大会社の社長&両親のおかげでバレリーナになれた?

草刈民代のメイクとファッション。趣味の登山&筋肉と食事について

コメント