草刈正雄と妻・大塚悦子の結婚、馴れ初め。孫に号泣、家族構成まとめ

『真田丸』や『なつぞら』の好演で新たなファン層を獲得し、60代にして再ブレイクを果たした草刈正雄(くさかりまさお)さん。

子供たちも芸能人として活躍していますが、妻の大塚悦子さんに関してはほとんど情報がありませんね。

この記事では妻はどんな女性なのか、また結婚のキューピッドとなったある俳優についてお送りします。

あわせて孫の育児サポートに奮闘する草刈さんのようすや家族構成もまとめました。

草刈正雄の妻・大塚悦子は元芸能人

17歳でモデルデビューして以来、甘いルックスの二枚目のまま現在に至っている草刈正雄さん。

2017年には芸歴47年にして出版した写真集が大きな反響を呼びました。


還暦をとうに過ぎた「オジサマ」が初の写真集を出すというのは、ちょっと聞いたことがありません。

昔からのファンはMG5やBRAVASといった資生堂のCMの記憶がよみがえったことでしょう。

人気絶頂期の20代半ばの頃は、プロマイド売り上げの俳優部門で年間ランキング1位に輝いたり、芸能人の高額納税者で1位になったことも。

しかし30代を迎えると年齢の壁が立ちふさがり、仕事も減って気持ちが荒んだ時期があったそう。

そんな山あり谷ありの役者人生を支えてくれたのが妻の悦子さんでした。

悦子さんは、かつて「大塚悦子」という名前で活動していた元モデル兼女優。

70年代から『週刊プレイボーイ』『平凡パンチ』といった男性誌のグラビアをはじめ、ファッション雑誌『McSister』の表紙を飾っていたそうです。

映像作品では映画『新・人間失格』やテレビドラマにも出演していました。

2015年に亡くなった長男の密葬を報じた記事によると、当時の年齢は草刈正雄さんが62歳、悦子夫人が57歳。

このことから、数歳の年の差があることがわかります。

2021年現在は夫が所属するバービィオフィス代表を務めており、HPにも代表者として「草刈悦子」の名前が確認できます。

結婚のキューピッドは勝野洋

草刈正雄さんが悦子さんと結婚したのは1988年12月31日でした。

出会いは、1977年のドラマ『華麗なる刑事』 での共演。

草刈さんが演じた主人公はロサンゼルス帰りの凄腕刑事、高村一平。

エンディング曲『センチメンタル・シティー』も歌い、ヒットしています。

かたや大塚悦子さんは婦警役。

高村が仕事で負傷するたびに署で手当てをしてあげる役どころでした。

およそ10年ほど恋人関係にあったといわれていることから、交際はすぐにスタートしたのでしょう。

結婚を決意した背景には、モデル時代からの40年来の親友で、映画『汚れた英雄』でも共演した勝野洋さんの強力な後押しがあったようです。

ある日、勝野さんと飲んでいる時にプロポーズするよう勧められた草刈正雄さん。

その場で悦子さんに電話をかけてプロポーズし、翌日に婚姻届を提出するという急展開になりました。

婚姻届の保証人も勝野さんだったそうです。

長く交際しているのに煮え切らない親友に、はっぱをかける形になった勝野さん。

「結婚は勢いが肝心」という人がいるように、きっかけを探していた草刈さんが、親友とお酒の力に背中を押されたというところでしょうか。

じつは結婚式を挙げていないことをインタビューで明かしていた草刈さんですが、2013年の結婚記念日には、長女・紅蘭さんの企画によるサプライズ結婚式をすることに。

ウエディングドレス姿の悦子さんは気恥ずかしそうにしながらも、幸せそうな笑顔を浮かべていたといいます。

草刈正雄、孫の誕生に感極まって涙

2018年12月27日には紅蘭さんが女児を出産。

草刈正雄さんにとっては初孫の誕生でした。

初対面の時は感極まって泣いてしまい、以来、孫娘に会うたびに「完璧だ、すばらしい」とデレデレぶりをみせているという草刈さん。

仕事面ではダンディーの代名詞のような俳優なのですが、オフの日は日がな家でゴロゴロしており、ファッションにも頓着せず。

お気に入りのソファからほとんど移動しないため、身体の片側だけ日焼けしたという逸話の持ち主でもあります。

そんなものぐさな父親だっただけに、育児の際のてきぱきとした動きにはびっくりした、と紅蘭さん。

人が変わったように育児サポートに奮闘する父の姿が新鮮に映ったのでしょう。

「おじいちゃん初体験」にはりきる草刈正雄さんの姿が目に浮かぶようですね。

草刈正雄の家族構成、長男は不慮の事故で他界

最後に草刈家の家族構成をみていきましょう。

草刈正雄さんは1男2女の子宝に恵まれました。

上から順に、ダンサーでパーソナルトレーナーの長女・紅蘭さん、元ズットズレテルズのドカットカットとして音楽活動していた長男・雄士さん、女優の次女・草刈麻有さん。

残念なことに、雄士さんは2015年2月14日、父の個人事務所がある東京・渋谷区のマンションから転落し、23歳で死去。

事故当夜の22時頃、事故現場で「なんで死んだんだぁ!」と絶叫して泣き崩れる草刈さんの姿がマンションの住人に目撃されています。

警察は事件性はなく、事故と判断したそうですが、なんとも痛ましい出来事です。

じつは雄士さんとの父子関係は良好とは言い難く、自分はいい父親ではなかったと明かしたことがありました。

それは草刈正雄さんの実家の家族構成が少なからず影響していたようです。

父親はアメリカ軍の兵士であり、生まれる前に朝鮮戦争で戦死。

母子家庭で育った草刈さんは、お手本となる父親像を知りませんでした。

父親として、子供にどう接するべきなのか迷うことがあったのかもしれません。

紅蘭さんが娘の父親であるラッパーのRYKEYさんと事実婚の形をとっていたのも、雄士さん亡きあと、「草刈」の名字が絶えてしまうのを危惧したから。


その後RYKEYさんとは別々の道を歩むことになったそうですが、ここにも草刈家の事情があったのですね。

まるで息子への土下座とも見てとれるように、血だまりの路上にひれ伏していたという草刈正雄さん。

微妙な関係を修復できないまま息子を失ってしまった父親の心中は想像を絶します。

草刈正雄の息子、死因と事故現場の手すり。バンドマンで活躍。三浦春馬への想い

草刈正雄はハーフで父親がアメリカ人。母親と生い立ち。英語力と兄弟は?

大塚悦子の現在と病気の噂。息子は死去。夫・草刈正雄との馴れ初めはモデル時代

紅蘭が離婚、結婚相手はラッパー。娘の名前アリスを否定。臨月のお腹が話題

コメント