遊佐未森が結婚した夫はだれ?出産は?古賀森男との関係&現在の活動

独特の「8の字唱法」で人々を魅了し続ける遊佐未森(ゆさ みもり)さん。
穏やかで心安らぐ歌声なので胎教のために聞いている人も少なくないようです。

遊佐未森が結婚した夫はだれ?

多くの楽曲がテレビ番組やCMソングに起用されている遊佐未森さん。
それだけ遊佐未森さんの歌声が耳当りが良く万人受けするという事でしょうね。


シンガーソングライターとして活躍する遊佐未森さん。
幼少期から歌が好きで7歳の頃から曲や誌を作っていたそうです。

小学生の頃は仙台少年少女合唱隊に所属し中学生の頃には声楽を習っていた遊佐未森さん。
高校は声楽科に進学し、卒業後は国立音楽大学へ。
遊佐未森さんが人生の殆どを音楽と共に過ごしてきた事が分かりますね。

遊佐未森さんは大学卒業後、音楽事務所にデモテープを送った事でデビューが決定。
1988年4月にメジャーデビューを果たすとこれまでに多くのシングルとアルバムをリリースしています。

そんな遊佐未森さんは1998年に結婚しています。
ファンクラブの会報でも入籍の報告をしていますがお相手については触れていません。
そのため遊佐未森さんの夫については様々な憶測が飛び交っています。

なぜか写真家の植田正治さんが夫、という情報を信じている人が多いようですが真実ではありません。

植田正治さんは過去に遊佐未森さんのアルバムのジャケットを撮影しています。
そのため二人に交流はあるのは事実ですが年齢が50歳以上離れています。
もし二人が結婚していたら話題にならないはずがありませんよね。

また、ジュエリーデザイナーが夫、という情報もあるようですがこちらも真偽の程は不明です。
これほどまでに情報が無いという事は遊佐未森さんの夫は恐らく一般人なのでしょう。

遊佐未森は出産している?

1998年に結婚を発表している遊佐未森さん。
結婚から20年以上が経ちますが出産したという情報は入ってきません。

念のため調べてみても出産や子供についての情報は見つからず。
ただ夫の情報も全く明かしていない遊佐未森さんなので情報が無いからといって出産していないとは言い切れません。

デビューしてから毎年1〜4枚のシングルをリリースしている遊佐未森さん。
それは結婚後も続いていましたが2002年はカバーアルバムをリリースしただけでシングルはリリースしていません。

もしかするとこの時に出産していたのではないでしょうか。
子育てで忙しかったため作詞・作曲をする時間が取れなかったのかもしれません。
いくら多忙でも歌を歌う事が大好きな遊佐未森さんなのでカバーアルバムをリリースしたのではないでしょうか。

その後も遊佐未森さんは楽曲をリリースしていない年がいくつかあります。
また、2005年からはNHKの「みんなのうた」に何度も楽曲を提供しています。

これらは全て遊佐未森さんが出産したからと考えると辻褄が合うような気がします。
いつか遊佐未森さんとコンサートで共演する日が来たら大きな話題になる事は間違いありませんね。

遊佐未森と古賀森男の関係

遊佐未森さんについて調べていると目に付くのが古賀森男さんの名前。

古賀森男さんと言えば伝説のロックバンド「レベッカ」の二代目ギタリストだった人。
一体、二人はどんな関係なのでしょうか。


そこで詳しく調べてみると遊佐未森さんと古賀森男さんは全くやましい関係ではありません。
1989年に「Silent Bells」という楽曲でコラボしていただけでした。

遊佐未森さんの6枚目のシングルである「Silent Bells」。
作詞が古賀森男さんで遊佐未森さんが作曲を担当。
発売されたのが11月22日ということでクリスマスを意識した楽曲となっています。

楽曲だけでなく高級感漂う素材にエンボス加工が施されるなど特別感溢れるジャケット。
そのため今では新品のCDは数万円で取引されるほどプレミア化しています。

なお、「Silent Bells」はオリジナルアルバムには収録されずベストアルバムのみに収録。
ファンだけでなく遊佐未森さんにとっても特別な思い入れがある楽曲のようですね。

遊佐未森の現在の活動は?

現在もシンガーソングライターとして活躍する遊佐未森さん。
2018年にはデビュー30周年を記念してコンサートを開催しています。

今も積極的にライブ活動を行う遊佐未森さん。
ライブハウスやホールだけではなく美術館や教会などでもコンサートを開催。

30年もライブを行っていると少し変わったところでもライブをしたくなるのでしょうか。

年を重ねると歌声に影響が出てしまう歌手は少なくありません。


ですが遊佐未森さんの素敵な歌声が衰える事はありません。

今後はどんな場所で素敵な歌声を聞かせてくれるのか。
リリースする楽曲だけでなくライブ活動にも注目が集まりそうですね。

コメント