細野晴臣、娘を曲に。孫がベーシスト、名前はYUTA。早稲田大学の学園祭に登場

ベテランミュージシャンとして長年活動し続けている、細野晴臣(ほその はるおみ)さん。

かつて坂本龍一さん、高橋幸宏さんとイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成し、爆発的人気を誇りました。

今回は細野さんのDNAを継いだ娘の詳細と、孫がベーシストで名前はYUTAという情報を見ていきましょう。

さらに早稲田大学の学園祭で細野さんが演奏したという情報にも迫ります。

細野晴臣のプロフィール

本名:細野晴臣

生年月日:1947年7月9日

身長:170 cm

出身地:東京都港区

最終学歴:立教大学社会学部観光学科

所属事務所:ミディアム

細野晴臣の娘が楽曲に

まずは細野さんの娘について見ていきましょう。

細野さんには一人娘がいて、名前は彩さんです。


「アヤのバラード」という曲のモチーフにもなっています。

1975年に発表された曲で、同年に生まれた娘さんのようでした。

1971年に結婚した細野さんですが、束縛されるのを嫌うタイプの人だったようです。

音楽に集中するため、27歳で家を出て以来一人暮らしをしています。

30回以上も引っ越しを繰り返していることを考えると、活動に専念できる場所を常に探し求めてきたのでしょう。

それでも妻は離婚しなかったので、夫の活動に相当理解ある女性といえそうです。

彩さんも曲に名前が付いているくらいですから、幼い頃は複雑な思いをしたとしても、今では父を敬愛しているのでしょう。

細野晴臣の孫はベーシスト?YUTAという名前?

次に細野さんの孫がベーシストという情報を見ていきましょう。

孫にあたるのがYUTAさんという、2021年で27歳になるベーシストであることがわかりました。

2014年、YMOの結成14年を記念した「イエロー・マジック・チルドレン~40年後のYMOの遺伝子」コンサートが行われました。

コンサートには坂本龍一さんの娘である、歌手の美雨さんが登場した他、YUTAさんも演奏を披露しました。

『Tighten Up』と『THE MADMEN』をベース演奏した後は、祖父の特徴として知られた「火星歩行」で退場。

細野さんへの敬意を表することを忘れず、見事な演奏をやり切っています。

Twitter上ではベースのスキルを披露することもしばしばあり、多くのファンを獲得しつつある気鋭のミュージシャンといえますね。

一方で人気アニメ『ワンピース』と『鬼滅の刃』の原作漫画やフィギュア写真を投稿するなど、ごく普通の若者らしい趣味も披露。

プロとしての意識を持ちつつ、親しみやすさも演出して、ファンを獲得しているのでしょう。

本名は細野ゆうたさんですが、あえて細野姓を公にせず、祖父とは違う独自路線を進みたいという思いもあるのかもしれませんね。

細野晴臣が早稲田の学園祭に登場

最後に細野さんが早稲田大学の学園祭に登場したという情報を見ていきましょう。

2013年、11月2日と3日の2日間で行われた、早稲田大学の学園祭「早稲田祭2013」。

同文化祭の一環で、3日の14時30分からライブイベント「細野晴臣×cero@早稲田祭2013」が開催されました。

企画した早稲田リンクスは、「人と情報の交差点」をテーマに、デザインや演劇など様々な分野の情報を発信する団体です。

3人組バンドcero(セロ)と細野さんによるツーマンライブは、戸山キャンパス記念会堂で行われました。

大物ミュージシャンを文化祭に誘致してしまう程の実力がある早稲田リンクスは、営業や宣伝スキルの極めて高い団体といえますね。

当日は多くの観客が詰めかけ、会場は文化祭の規模を超えた熱狂に包まれました。

「かっこよかった」という声があるなど、好評だった模様です。

有名大学の文化祭は、普段は縁遠いように思える大物ミュージシャンを見られる、穴場イベントなのかもしれませんね。

年齢を重ねても精力的に活動しながら、さらに輝きを増していくミュージシャンなのでしょう。


細野晴臣の結婚と妻。コシミハルとの関係。祖父がタイタニック乗船、家族について

細野晴臣は天才。大瀧詠一・松本隆とのはっぴいえんど解散理由。狭山で日本初の宅録

細野晴臣の髪型とファッションブランド。Tシャツとスニーカーが話題

坂本龍一の娘・坂本美雨は次女、愛人にも息子。子供は何人&家族に孫は?

コメント

  1. yuta_kbx666x
    こちら全く関係ない人ですよ
    過去のコンサートの写真を見て確認してください