ハナ肇は銅像とドラムで有名。自宅と最期。植木等&谷啓との関係とは

個性の強いメンバーたちをリーダーとして引っ張り、クレイジーキャッツで日本のお笑いに一時代を築いたハナ肇(はなはじめ)さん。

クレイジーキャッツはコミックバンドであるとともに才人ぞろいのジャズバンドでもありました。

伝説の銅像コントやバンドマンの原点であるドラム、自宅、そして最期についてみていきます。

またメンバーだった植木等さんや谷啓さんについてもまとめます。

ハナ肇といえば銅像役のコント!

高度成長期にテレビや映画で日本中に笑いを振りまいたクレイジーキャッツ。


正式なバンド名をハナ肇とクレイジーキャッツといいます。

クレージーキャッツと表記されることもありますね。

名称からわかる通り、バンマスはハナ肇さん。

インパクトのある芸名ですが、「ハナ」は興奮すると鼻の穴が大きくなることから、「肇」は尊敬するジャズピアニスト・和田肇さんからいただいたもの。

本名は野々山定夫さんといい、1930年2月9日、東京都豊島区長崎町で生まれました。

工学院工業学校土木科を中退しています。

クレイジーキャッツは戦後に進駐軍が持ち込んだジャズがブームを呼ぶ中で誕生し、音楽とコントの融合で芸能界を席巻。

喜劇や漫才とは違う瞬発力のあるナンセンスギャグが持ち味でした。

ハナ肇さんの「アッと驚く為五郎」、谷啓さんの「ガチョーン」、植木等さんの「お呼びでない?」は平成世代も一度は耳にしたことがあるでしょう。

当時、ハナ肇さんは渡辺プロダクションのタレントはもとより、芸能界のドン的な存在でした。

余談ですが、ザ・ドリフターズは渡辺プロの後輩にあたります。

ハナ肇さんのコントの中でも忘れられないのが銅像コント。

『新春かくし芸大会』で恒例となっていた銅像役の名物コントです。

首から上を銅色に塗りたくり、銅像に扮した大御所が微動だにできないところへ、後輩の芸能人がやりたい放題というシチュエーションでした。

ケーキをなすりつけられても、ペンキをかけられても、一斗缶で殴られても銅像ゆえに反撃できないハナ肇さん。

目鼻立ちが大きいうえに、目だけが反応して動いてしまうところも爆笑でした。

ハナ肇の原点はドラム

10代の頃、アルバイトのかたわら進駐軍のクラブでドラムを学んだハナ肇さん。

バンドマンとしてのデビューもドラマーでした。

もともとジャズバンドだったクレイジーキャッツですから、ミュージシャンとして生きた生涯でもありました。

ドラムに関しては1985年に谷啓さん、宮川泰さんらと結成したバンド、ハナ肇&オーバー・ザ・レインボーで改めて腕を磨いていたようです。

同バンドは死去する直前まで活動。

クレイジーキャッツのメンバー安田伸さんは、ハナは晩年に真のドラマーになったと通夜の席で語っています。

ハナ肇の自宅はどこにあった?

ハナ肇さんの自宅は東京都世田谷区中町にあったそうですが、今は別の家になっているとのこと。

隣には以前沢田研二さんの自宅があったようですが、こちらもすでになく、違う家になっているそう。

ハナ肇さんほどの大御所が住んでいた自宅は気になりますが、ほかに情報は見つかりませんでした。

クレイジーキャッツのメンバーはみな家庭を大切にしており、スキャンダルとはほぼ無縁でした。

ハナ肇さんは亡くなるまでメンバーと家族のようなつきあいをしていたといわれています。

ハナ肇の最期


ハナ肇さんは1993年9月10日、肝臓がんのため杏林大学付属病院にて63歳で死去。

犬塚弘さん、谷啓さんらクレイジーキャッツのメンバーに見守られて旅立ちました。

病名ががんであることは本人には最期まで伏せられていたそうです。

入院中、ハナ肇さんはメンバーの沈んだ気持ちを吹き飛ばすため、冗談を言ったりふざけたりして笑わせていたのだそう。

告別式では、男泣きにしゃくり上げながら弔辞を読む植木等さんの姿が印象的でした。

クレイジーキャッツは正式に活動休止や解散を発表をしていませんが、ハナ肇さんの他界とともに事実上の活動停止に入ります。

ハナ肇と植木等・谷啓

ボーカルとギター担当の植木等さん、トロンボーン担当の谷啓さんは、ともにフランキー堺とシティ・スリッカーズに在籍していたところを引き抜かれたメンバー。

当初は引き抜きを快く思わないスリッカーズの芸能事務所から圧力もあったそうですが、谷啓さんは即座に移籍を決意。

二の足を踏んだ植木等さんはおよそ1年遅れて加わりました。

植木等さんは『スーダラ節』の歌声やCM、谷啓さんは「釣りバカ日誌」シリーズなどメディアへの露出も多く、メンバーの中では認知度の高い二人です。

まだ「男はつらいよ」シリーズが誕生する前、若き山田洋次監督の才覚を見抜き、「馬鹿」シリーズでタッグを組んだハナ肇さん。

才能を感じとる感覚にも優れていたのでしょう。

また、植木等さんや谷啓さんら人気スターを抱えたクレイジーキャッツをまとめ上げ、解散に至らせなかった功績も大きいと思います。


クレイジーキャッツ関連記事
植木等の妻と子供は?息子がたくさん?家族まとめ!死因の病気は?

植木等と小松政夫の関係は?スーダラ節で葛藤?実はサラリーマンだった?名言が多い!

谷啓が死去。死因は?トロンボーンを始めた理由&三鷹の自宅とは

犬塚弘とクレイジーキャッツ。現在&嫁・息子は?いかりや長介との関係とは

桜井センリが孤独死。息子は?ピアノとクレイジーキャッツ&経歴について

石橋エータローの妻と遺志。家族がブリジストン創業一族&音楽家の息子で青木繁が祖父。ピアノと歌声が評判

コメント