なべおさみの現在は引退?息子の替え玉受験と家族。金持ちで自宅が豪邸

年配の方には「シャボン玉ホリデー」、若い人には「替え玉受験」で知られるなべおさみさん。

今ではタブー視される黒い交際を堂々と公言したことが話題となりました。

なべおさみのプロフィール

愛称:なべちゃん

本名:渡辺修三

生年月日:1939年5月2日

身長:161cm

出身地:東京都大田区

最終学歴:明治大学文学部

所属事務所:吉本興業

なべおさみの息子はなべやかん

小さい頃は不良でヤクザとも繋がりがあったというなべおさみさん。

伝説のヤクザと言われる花形敬さんから大学進学を進められ明治大学に進学。

在学中からコメディアン志望だったというなべおさみさん。

水原弘さんの付き人をしていた縁で渡辺プロダクション入り。


付き人時代からラジオDJや構成作家をしていたそうですが、なべおさみさんの人気を不動のものとしたのが「シャボン玉ホリデー」。

シャボン玉ホリデーに出演がきっかけで人気芸人の仲間入り。

その後は芸人としてだけでなく俳優や司会者などマルチに活躍をしています。

そんななべおさみさんの息子はなべやかんさん。

なべやかんさんはパワーリフティングの日本代表としてアジア大会で優勝。

世界選手権でも準優勝など国際大会での活躍が大きな話題となりました。

ですが、なべやかんさんと言えば忘れられないのが替え玉受験。

初等部から成城学園に通っていたというなべやかんさん。

あまりにも成績が悪かったことから高校生の頃に1年留年した上、成城大学への内部進学も出来ず。

その後、2年浪人した末での明治大学への替え玉受験。

この一件は当時大きな騒動となり、なべおさみさんは芸能活動を自粛。

なべやかんさんも精神的に追い込まれたことは想像に難くありません。

そんな二人に手を差し伸べたのが北野武さん。

なべやかんさんをたけし軍団に入れて芸人として売り出してくれたんです。

北野武さんがオフィス北野を退社した際に多くの軍団員がオフィス北野に残りましたが、なべやかんさんは退社を選択。

きっとオフィス北野に残ることは筋が通らないと思ったのでしょう。

なべおさみの妻は芸能人

なべおさみさんは1967年に結婚をしています。

そのお相手は当時女優をしていた笹るみ子さん。

1957年に東宝にスカウトされて芸能界に入った笹るみ子さん。

1962年に東宝テレビ部に移籍した後、1966年に芸能界を引退。

なべおさみさんとの結婚が翌年ということを考えると結婚が控えていたことから芸能界の引退を決意したようですね。

そんな笹るみ子さんですが2016年10月17日に肺炎のため76歳で亡くなっています。

亡くなる3年ほど前から膠原病を患い闘病中だったそうですが、2016年9月末に急に体調を崩して入院していたそうです。

入院中はなべおさみさんが献身的に付き添いをしていたそうですが、残念ながら帰らぬ人となってしまいました。

なべおさみの自宅は豪邸?

芸能人の自宅を公開する番組はいつの時代でも人気ですよね。

あのスターはこんな豪邸に住んでいるのか、と庶民からすれば羨むばかり。

以前、「芸能人御宅訪問」という番組に出演したなべおさみさん。

その豪邸に驚きの声があがっていました。

世田谷区の高級住宅地に住むなべおさみさん。

自宅の価格はなんと5億円。


なべやかんさんが初等部から成城学園に通っていたというのも納得の金額です。

やっぱりお金はあるところにはあるんですね。

なべおさみはなぜ金持ちなのか

芸能界にはなぜ金持ちなのか不思議に思う人が少なくありません。

なべおさみさんもそんな疑問を持たれる一人でしょう。

なぜ、なべおさみさんはこれほどまでにお金持ちなのか。

調べてみるとなべおさみさんは並外れた人脈を持っていることが分かりました。

なんと、なべおさみさんは安倍晋三前首相の父親である安倍晋太郎さんの代から家族ぐるみの付き合い。

安倍前首相とトランプ大統領の首脳会談が終わって帰国した際に最初に会ったのがなべおさみさんだったそうです。

目黒雅叙園で開かれていたなべおさみさんのパーティに出席した安倍前首相。

アメリカ滞在中から「必ず出席する」とメールを送っていたんだとか。

また、芸能界のドンと言われたナベプロの社長、渡辺晋さんから「陰の世界の任務」を任せられていたことを明かしています。

公に出来ない仕事をしていたことから特別報酬のような物が出ていたのかも知れません。

幅広い人脈も陰の世界の任務の賜物かも。

現在のなべおさみ

最近は姿を見かけることが少なくなったなべおさみさん。

芸能界を引退し悠悠自適な生活を送っていると思いきや、まだ芸能界は引退していません。

タレントとして活動を続けているなべおさみさん。

舞台やイベント出演、講演など幅広く活動中です。

もしかすると陰の世界の任務も継続中かも知れません。

現在は『手かざし療法』が主な仕事?

2021年現在は、ほとんど公の場に姿を見せないなべおさみさん。

2019年5月からは吉本興業に所属していますが、タレントとしての仕事は少ないよう。


年齢的なこともあり、活動は控えめにしているのかと思いきや、なべおさみさんの『手かざし療法』がネット上で話題になっていました。

なんだか怪しい臭いがプンプンしますが、この療法は手当て療法ともいわれ、世界各地で見られる療法だそう。

なべおさみさんは、2006年に胃がんを発表した王貞治さんに『手かざし療法』を施したことを自身の著書につづっています。

そして、白血病を患い治療していた競泳選手の池江璃花子さんとの密会が2019年9月に報じられました。

週刊誌には、池江璃花子さんがなべおさみさんの自宅に入っていく姿が掲載されています。

SNSでは民間療法に頼る池江璃花子さんを心配する声も多数見られました。

記事によると、なんと池江璃花子さんは入院中もなべおさみさんの『手かざし療法』を病室で受けていたそうで、退院後も週に数回なべおさみさんの自宅に通っているというのです。

にわかには信じがたい話しですが、病気は精神面を安定させることも大切ですから、なべおさみさんの手当てを受けることで心が癒されたのかもしれませんね。

もちろん王貞治さんも池江璃花子さんも、病院できちんとした治療を受けた結果、復帰しています。

ちなみに、なべおさみさんの『手かざし療法』は、体に手をかざし、病気に対して「こっちに来て仲良く生きよう、さぁおいで」などと語りかけるというもの。

つまり、病気や悪い気をなべおさみさんの体に移動させるということのようです。

そのため、この療法を行ったあとしばらくは、なべおさみさんの体はボロボロなんだとか。

著書では、この療法を行なっているため、これまでガンを6回も告知されたとつづっています。

逆になべおさみさんの体が心配になってしまいますね。

科学的な効果は認められていない『手かざし療法』ですが、病気の人の心を少しでも癒したいという気持ちで、なべおさみさんもがんばっているのかも。


ただ、マインドコントロールで支配し高額なお金を取るような施術者もいるようなので、この手の療法は「うさん臭い」といわれがち。

なべおさみさんの施術料はわかりませんでしたが、お金儲けのためだけに行なっているのではないと信じたいですね。

なべおさみ、小林麻央に気功。池江璃花子に手かざし療法?民間療法の危険性とは

コメント