立川談志、太田光&桂歌丸との関係。横山やすしとは飲み仲間&上岡龍太郎を評価?アンドロイドで復活

落語界のみならず芸能界にも多大なる影響を与えた立川談志(たてかわだんし)さん。
談志さんがいなければ今の芸能界は全く違ったものになっていたはずです。

立川談志の隠し子は太田光?

かつては落語家の活動の中心と言えば寄席でした。
ですが現在では落語家がテレビに出演する機会も少なくありません。
テレビ番組の司会やコメンテーターに加えてドラマに出演することも。


落語家がテレビに出演するきっかけを作ったのが立川談志さん。

1952年に「五代目柳家小さん」に弟子入りして落語家となった談志さん。
当初の芸名は「柳家小よし」で二つ目に昇進した際に「柳家小ゑん」に改名。
1963年に真打となった際に「立川談志」を襲名しています。

ただ、この頃はテレビやラジオの普及により寄席は閑古鳥が鳴いている状態。
そんな状況に危機感を持った立川談志さん。

落語家ももっとテレビに出ないと駄目だ、と考えテレビ局に企画を持ち込みます。
その企画こそ「笑点」の前身番組である「金曜夜席」でした。
現在、落語家がテレビで活躍するようになったのは立川談志さんがいたからと言っても過言ではありませんよね。

また、「金曜夜席」や「笑点」のおかげで落語家に興味を持つ人が急増。
落語界も活気を取り戻しています。

このように落語界に多大な貢献をしている談志さん。
「お笑いには絶対、才能が必要」という持論を持ち、芸人に厳しい評価を下す事も珍しくありません。

そんな立川談志さんが才能を高く評価する数少ない芸人の一人が爆笑問題の太田光さん。
爆笑問題がデビューした当時から注目していたそうで太田光さんの事を「俺の隠し子」とまで語っています。
また、事あるごとに太田光さんが落語家だったら後継者にしたいという旨の発言をしています。

もちろん「隠し子」発言は冗談でしょう。
ただ、太田光さんは立川談志さんと同じく毒舌で破天荒な事で知られています。
芸の才能だけでなく人間性もソックリと言えるでしょう。
そのため本当に親子と勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

談志さんが亡くなってから「立川談志」の名跡は空位となっています。
もし太田光さんが落語家になっていれば間違いなく「立川談志」を継いでいた事でしょう。

立川談志は桂歌丸の恩人だった?

ギネス世界記録にも登録されている人気長寿番組の「笑点」。
大喜利コーナーに出演する落語家は人気と知名度の高さから「国民的落語家」といっても過言ではないでしょう。

その中でも特に人気が高かったのが桂歌丸さん。

桂歌丸さんは前身番組の「金曜夜席」に第1回から出演。
「笑点」にも初回から出演し2006年からは大喜利コーナーの司会を務めています。

「笑点」に長年出演し続けた桂歌丸さんですが2016年5月に放送50周年を迎える事を機に勇退。
その後は番組始まって以来の終身名誉司会となり逝去後は永世名誉司会となっています。

そんな桂歌丸さんが恩人と崇めるのが立川談志さん。

「金曜夜席」、「笑点」に出演しなくても桂歌丸さんは落語家として高い評価を得たはず。
ですが両番組に出演しなければ今ほどの人気と知名度は獲得出来ていなかったでしょう。
立川談志さんが「落語家 桂歌丸」を世に送り出したと言っても過言ではありません。

もちろん立川談志さんが桂歌丸さんを大喜利メンバーに入れたのは才能を評価してのこと。
「笑点」が始まった当初は二人で漫才を披露したこともあったそうです。

また、時間を守る事が殆ど無かった立川談志さんですが桂歌丸さんと共に出演する落語会の時だけは一番乗り。
「桂歌丸さんと話がしたい」という思いから早く会場入りしていたそうです。

もちろん二人の会話の中心は落語。
「天才は天才を知る」という言葉の通り立川談志さんと桂歌丸さんだから通じ合える部分もあったのでしょう。

立川談志と横山やすしは飲み明かす程の仲

20世紀を代表する漫才師と呼ばれる横山やすしさん。

漫才師としては天才的でしたが私生活は決して褒められたものではありません。
不祥事の多さからトラブルメーカーと呼ばれ、所属する吉本興業を解雇されてしまっています。

そんな横山やすしさんでも立川談志さんには頭が上がらなかったそうです。


二人が知り合った当時、横山やすしさんは横山ノックさんの弟子として修業中。
一方、談志さんは既に落語家としての地位を築いていました。

出会った時は地位も立場も大きく違う二人。
ですが立川談志さんと横山ノックさんが仲良しだったため横山やすしさんも一緒に遊んでいたんだとか。

一緒に遊ぶ仲とはいえ、そこは上下関係が厳しい業界。
横山やすしさんは立川談志さんの荷物を持ち、タバコに火をつけるなど常に気を配っていたそうです。

その後、西川きよしさんとの「やすきよ漫才」で大ブレイクした横山やすしさん。
東京で仕事がある時は談志さんと二人で深酒する事もあったようです。

修行中の頃から知っている横山やすしさんの大ブレイク。
きっと立川談志さんは自分の事のように喜んでいたことでしょう。

立川談志は上岡龍太郎を高く評価していた?

関東からも次々に売れっ子芸人が誕生していますが、やはりお笑いの本場と言えば大阪。
大阪に本社がある吉本興業は所属タレントが6000人を超えると言われています。

そんな大阪の芸人で立川談志さんが「最も知能指数が高い」と評価したのが上岡龍太郎さん。

上岡龍太郎さんは立川談志さんと大変仲が良かった横山ノックさんと「漫画トリオ」として活動していた時期があります。
そのため立川談志さんと上岡龍太郎さんも旧知の仲だったのでしょう。

一方の上岡龍太郎さんも談志さんを尊敬しており、談志さんが家元の立川流に弟子入り。
立川流では「立川右太衛門」という芸名で活動していました。


ただ、立川談志さんが評価してのは「知能指数」であり「芸人としての才能」ではありません。
「芸人 上岡龍太郎」については「芸人に憧れて芸人になろうとするも芸人になり切れなかった」と厳しい評価を下しています。

談志さんは上岡さんの事を良く知っているがために「もっとできるはず」という思いがあったのかもしれません。

芸能生活40周年という節目を迎えた2000年に芸能界を退いた上岡龍太郎さん。
もしかすると立川談志さんからの評価も引退を決意するきっかけになったのかもしれません。

立川談志がアンドロイドになった?

2019年の紅白歌合戦に登場した「AI美空ひばり」。
大きな話題になりましたが最新技術で亡くなった人を再現する事には賛否両論が巻き起こっています。

ただ、これまでに最新技術で蘇ったのは美空ひばりさんだけではありません。
立川談志さんも2018年にアンドロイドとして蘇っているんです。

立川談志さんのアンドロイドが登場したのは「天国からのお客さま」という番組。
ロボット研究者の大阪大学、石黒浩教授の協力のもと株式会社エーラボが製作した談志さんのアンドロイド。

その再現度の高さは見事の一言で椅子に座った姿はまるで談志さんが本当に生き返ったよう。
この番組で談志さんのアンドロイドと対面した志らくさんと太田光さんも絶句しています。

賛否両論巻き起こる最新技術による故人の再現。
ただ、生前の付き合いが深ければ深いほど対面した時の喜びもひとしお。
それは対面した立川志らくさんと太田光さんの感激ぶりからも明らかです。

きっと今後も似たような取り組みは行われていく事でしょう。
その時に世論がどう反応するのかもあわせて注目していきたいですね。


立川談志の弟子&一門には序列なし?一番弟子は志の輔?

立川談志の伝説と逸話。天才の理由とは。師匠から破門&ヘアバンドの意味

立川談志の娘は芸能人&息子は社長。家には志らく?酒にまつわる逸話まとめ

立川談春の才能は志らくも認めた?志の輔と人間性の違い&弟子に厳しすぎ?

立川談春の評判まとめ。独演会が人気でチケット取れない?赤めだかが話題

立川志の輔と志らくは不仲?談志&中村仲蔵との関係。松本人志が会いたくない理由。創作落語が真骨頂

桂歌丸、円楽との仲。一門&後継者はだれ?性格と評判まとめ

コメント