高木ブーと妻、喜代子の結婚秘話。愛妻家で再婚の意思なし?離婚歴ない唯一のメンバー

ザ・ドリフターズの癒し系と言えば高木ブー(たかぎぶー)さん。

まるでゆるキャラのような存在で今も見る者を癒し続けています。

高木ブーのプロフィール

愛称:ブータン、ロクちゃん、ロクさん

本名:高木友之助

生年月日:1933年3月8日

身長:160㎝

出身地:東京都

最終学歴:中央大学経済学部

所属事務所:イザワオフィス

高木ブーの妻は喜代子

コメディアン、俳優、ミュージシャンとマルチに活躍する高木ブーさん。

近年、メインとなっているのがウクレレ奏者としての活動。

中学生の頃からウクレレに親しむ高木ブーさん。


中央大学では「ルナ・ハワイアン」という音楽研究会に所属。

ザ・ドリフターズのメンバーとなってからもハワイアンバンドを結成するなど精力的に活動。

NHK教育テレビの番組でウクレレ講師を務めた事もありました。

高木ブーさんの活躍ぶりはウクレレの本場ハワイも知るところに。

2008年にはウクレレ奏者にとって最大の名誉とされるワイコロア・ウクレレ・フェスティバルに招聘。

その翌年には30分間のステージを披露し、2020年も出演しています。

高木ブーさんが国内外でウクレレ奏者として高く評価されている事が良く分かりますよね。

大らかでのんびりした性格なのもハワイに影響されたからかも知れませんね。

今でこそ悠々自適な日々を過ごす高木ブーさん。

ですがミュージシャンとして活動を始めた当初の生活は決して楽なものではありませんでした。

そんな高木ブーさんを支え続けたのが妻の喜代子さん。

ダンスパーティーで知り合ったという高木ブーさんと喜代子さんは1962年に結婚。

その時の高木ブーさんには十分な収入が無かった事から喜代子さんが内職で家計を支えていたそうです。

高木ブーさんがザ・ドリフターズに加入したのは結婚から2年後の1964年のこと。

そして1969年に「8時だョ!全員集合」の放送が始まると国民的人気に。

国民的な人気者となった事できっと高木ブーさんはモテモテになったはず。

他の女性に言い寄られ、浮気をしても不思議ではありません。

ですが高木ブーさんは常に喜代子さん一筋。

大ブレイクしてからも喜代子さんへの感謝の思いを持ち続けていたんだとか。

きっといつまでも夫婦仲よく暮らしていく未来図を描いていたはず。

ところが喜代子さんは1994年に脳腫瘍のため58歳という若さで死去。

最愛の妻を亡くし、筆舌に尽くしがたい悲しみに襲われた高木ブーさん。

妻を救ってくれなかった、とその後は神様を信じる事が無くなったそうです。

高木ブーを愛妻家にした結婚秘話とは

約5年の交際期間を経て結婚したという高木ブーさんと喜代子さん。

当時の高木ブーさんにはお金が無かったためか、デートはいつも喜代子さんの家。

喜代子さんの家族も高木ブーさんを大歓迎。

食事はお寿司で、祖母が三味線を弾き、妹が日本舞踊を披露してくれたそうです。

実は由緒正しい家で生まれ育ったという喜代子さん。

高木ブーさんへのおもてなしからも裕福な家庭である事が分かりますよね。

ただ、これだけ親切にしてくれたのも交際相手だったから。

結婚するとなると話は全く別。

高木ブーさんとの結婚は両親だけでなく祖父も大反対。

喜代子さんは結婚式の当日になっても「今からでも遅くない」と考え直すように言われたんだとか。

お見合い結婚する事も多かった当時。

由緒正しい家で育った喜代子さんならお見合いで良家の男性と結ばれる事も出来たでしょう。


それなのに海の物とも山の物ともつかないミュージシャンと結婚するなんて。

家族が反対するのも当然と言えるでしょう。

ですが、家族の多くが反対するなか、喜代子さんの味方をしてくれたのは祖母。

何度も高木ブーさんを見てきた事もあってか「あの人なら大丈夫」と太鼓判を押してくれたそうです。

高木ブーさんは喜代子さんが家族の反対を押し切って結婚を決意してくれた事に心から感謝していたはず。

そのため愛妻家となり生涯、喜代子さんを大切にしたのでしょう。

亡くなってからも喜代子さんの気配を感じる事があるという高木ブーさん。

もしかすると喜代子さんは今でも高木ブーさんの事が心配で様子を見に来ているのかも知れませんね。

高木ブーには再婚の意思がない

ザ・ドリフターズと言えば話題になるのが年の差婚。

加藤茶さんと妻の加藤綾菜さんは何と45歳差。

そして加藤茶さんの影に隠れがちですが、仲本工事さんも妻の三代純歌とは27歳差。

親子ほど年齢の離れた女性との結婚は大きな話題となりましたよね。

そのため高木ブーさんも事あるごとに再婚の話題が。

多才で愛らしく、更にはとても裕福でもある高木ブーさん。

少しでもお近づきになろうと言い寄ってくる女性は今も多いはず。

きっとその中には財産目当ての女性も。

ザ・ドリフターズのコントで間の抜けたキャラクターを演じる事が多かった高木ブーさん。


その事から「簡単に交際出来そう」と思う人も少なくないかもしれません。

ですが、そこは芸能界でも指折りの愛妻家として知られる高木ブーさん。

妻を亡くしてから25年以上が経っても再婚する様子はありません。

それどころか「再婚するつもりはない」と公言しています。

亡くなってからもこんなに一途に思い続けてもらえるなんて本当に妻は幸せ者。

それだけの愛情を高木ブーさんも貰っていたのでしょうね。

ザ・ドリフターズで離婚歴がないのは高木ブーだけ

メンバー5人のうち4人が既婚者だったザ・ドリフターズ。

そのうち、高木ブーさんを除く3人には複数の結婚歴があるんです。

志村けんさんは唯一の独身ですが、過去に多くの女性と浮名を流した事は有名ですよね。

また、数名の女性とは同棲していた事を明かしています。

ちなみに元メンバーである荒井注さんも3度の結婚歴があるようです。

1回しか結婚していないのが高木ブーさんだけと聞くと、高木ブーさんがモテないと思う人がいるかも知れません。

ですが、高木ブーさんがモテないというのは誤り。

実は高木ブーさんは喜代子さんと交際していた時、他にも交際していた2人の彼女がいた事を明かしているんです。

時を同じくして3人の女性と交際していた高木ブーさん。


ただ、その中で結婚を予見したのは喜代子さんだけだったそうです。

もし高木ブーさんが結婚したのが喜代子さんでなければどうなっていたのか。

他のメンバーのように複数回の結婚歴となっていたかもしれませんね。

高木ブーの娘かおるは電通勤務。結婚の条件が親孝行&高木ブーが孫にクレーム?

高木ブーと志村けんの仲、いかりや長介との関係とは。居眠りエピソードまとめ

高木ブーの今は痩せた?年収&クレー射撃の腕前とは!補聴器を着用

仲本工事、現在の嫁とは再婚。結婚歴について。元嫁の美恵とは極秘離婚&子供は芸能人?

コメント