高木ブーの娘かおるは電通勤務。結婚の条件が親孝行&高木ブーが孫にクレーム?

両親が芸能人だったら、と思ったことがある人も多いかもしれません。

では、高木ブーの娘さんはどんな人生を過ごしてきたのでしょうか。

高木ブーのプロフィール

愛称:ブータン、ロクちゃん、ロクさん

本名:高木友之助

生年月日:1933年3月8日

身長:160㎝

出身地:東京都

最終学歴:中央大学経済学部

所属事務所:イザワオフィス

高木ブーの娘の名前はかおる

ポッチャリした体形にどこか抜けたキャラクターの高木ブーさん。

まるでゆるキャラのような存在で見ているだけで癒される感じがしますよね。

ですが意外にも中央大学経済学部卒というインテリで東京ガスから内定を貰っていたそうです。


ところが東京ガスからの内定を断りミュージシャンに。

そしてバンドマンとして活動している時にいかりや長介さんに誘われザ・ドリフターズに加入。

高木ブーさん本人は演奏技術を評価されスカウトされたと思っていたそうです。

ところが実際は「外見がコミックバンド向き」という理由だったんだとか。

元々は本格的な音楽バンドだったザ・ドリフターズ。

ですが、いかりや長介さんがリーダーとなった事でコミックバンドに転向。

いかりや長介さんが思い描くコミックバンドに高木ブーさんはピッタリの人材だったのでしょうね。

こうしてザ・ドリフターズのメンバーとなり国民的人気者となった高木ブーさん。

多忙になると家庭を顧みずに仕事に没頭する人もいるでしょう。

ですが、高木ブーさんは家族を大切にする事でも有名。

ザ・ドリフターズの既婚メンバーのうち、1人の妻と添い遂げたのは高木ブーさんだけ。

1994年に妻が病で亡くなってからは一人娘が心の支えになっていたそうです。

高木ブーさんを支え続けた娘の名前は「かおる」。

過去には高木ブーさんと一緒にメディアに出演した事も。

血を分けた娘だけあって高木ブーさんにそっくり。

また、出身大学は学習院大学と頭の良さも高木ブーさん譲り。

まるで高木ブーさんの分身のような存在にも思える娘のかおるさん。

そのため高木ブーさんもかおるさんを大変可愛がっていたのかもしれませんね。

高木ブーの娘が電通勤務のエリート?

日本では最大手、世界でも5本の指に入る広告代理店の電通。

それだけに就職希望者も多く、勤務するのは選び抜かれたエリートばかり。

ただ、新入社員の多くがコネ入社で、普通に就職活動を経て入社する人は極わずかという噂も。

コネ入社は決して褒められたものではありませんが、電通が使える物は全て使ってでも入りたい企業、という証明でもあります。

実は高木ブーさんの娘、かおるさんも電通に勤務していたエリート。

ただ、電通本社ではなく女性だけの広告代理店として立ち上げられたグループ企業の電通EYE。

電通本社ではないとはいえ、電通関連企業に入社するのは簡単な事ではありません。

きっと本社ではない事からきっとコネを使う事も出来なかったはず。

そもそも高木ブーさんがコネを使うような人に見えませんしね。

ただ、かおるさんは既に電通EYEを退社。


現在は電通EYEで培ったマーケティング力を活かして高木ブーさんのイベントやプロモーションを手伝っているそうです。

最愛の娘が仕事を手伝ってくれるのは高木ブーさんにとっても心強い事でしょうね。

高木ブーの娘は結婚するための条件があった?

妻を亡くしてからは娘のかおるさんを心の拠り所にしてきた高木ブーさん。

そのため、かおるさんの結婚について「結婚後は同居すること」、「転勤がないこと」と2つの条件を求めたそうです。

高木ブーさんにとってかおるさんは本当に掛け替えのない存在なんですね。

結婚相手に求めた条件からもその事が良く分かります。

そしてかおるさんは39歳の時にデザイン会社を経営する社長と結婚。

かおるさんが電通EYEに勤務していた事から仕事を通じて知り合ったのでしょうね。

社長であれば転勤の心配はありませんよね。

そして高木ブーさんとの同居も快く承諾。

現在もかおるさん夫婦は高木ブーさんと一緒に暮らしているそうです。

高木ブーさんが勝手に要求しているだけなので条件を無視して結婚する事も出来たはず。

ですが、それでは高木ブーさんに心から祝福して貰う事は出来ないと思ったのかもしれません。

高木ブーさんは本当に良い娘を持ったものです。

きっと娘がかおるさんのような女性に育ってほしいと思う父親は多い事でしょう。

高木ブーがSNSで孫にクレーム?

39歳で結婚したかおるさんは41歳で息子の「コタロウ」を出産。

そのため、現在は三世代が一つ屋根の下で生活を送っているそうです。

ギターと写真が趣味で高木ブーさんがコンサートに出演する際にはオフィシャルカメラマンを務めることも。

そんな孫の姿が高木ブーさんの仕事の意欲にも繋がっているんだとか。

娘のかおるさんを溺愛してきた高木ブーさん。

そのため孫のコタロウさんにも惜しみない愛情を注いでいる事でしょう。

きっと「目に入れても痛くない」という言葉を実感する事もあったはず。

ところが高木ブーさんがInstagramで孫に注文を付けた事が話題となりました。

口頭ではなくSNSでクレームをつけるなんてよっぽどのこと。

さぞ辛辣なクレームと思いきや、そこは高木ブーさん。

孫への注文は「ウクレレもやって欲しい」という非常にほっこりとするクレームでした。

中学生の頃にウクレレに出会い、今でもウクレレ奏者として活躍する高木ブーさん。

きっと孫にウクレレを教えたくてしょうがないのでしょう。


孫への注文を面と向かって言えない可愛らしい一面を見せた高木ブーさん。

このような所も多くの人々に愛され可愛がられる理由の1つですよね。

高木ブーと妻、喜代子の結婚秘話。愛妻家で再婚の意思なし?離婚歴ない唯一のメンバー

高木ブーと志村けんの仲、いかりや長介との関係とは。居眠りエピソードまとめ

高木ブーの今は痩せた?年収&クレー射撃の腕前とは!補聴器を着用

コメント