相武紗季の姉・音花ゆりは元宝塚、結婚相手は藤沢信義。姉とは似ていなかった

女優の相武紗季(あいぶさき)さんの姉は、宝塚歌劇団に所属していた音花(おとはな)ゆりさんです。

宝塚を退団後、藤沢信義(ふじさわのぶよし)さんという実業家と結婚。

相武紗季さんと音花ゆりさんは美人姉妹ですが、顔は似ていないようですよ。

それでは、詳細を追っていきますね。

相武紗季のプロフィール

本名:相武紗季(結婚後の本名は非公表)

生年月日:1985年6 月20 日

身長:165cm

出身地:兵庫県宝塚市

最終学歴:雲雀丘学園高等学校卒業

所属事務所:ボックスコーポレーション

音花ゆりのプロフィール

本名:藤沢由莉(ふじさわゆり)

生年月日:1983年12月16日

身長:161cm

出身地:兵庫県宝塚市

最終学歴:宝塚音楽学校卒業

所属事務所:タカラヅカ・ライブ・ネクスト

相武紗季の姉は元宝塚の歌姫だった音花ゆり

女優の相武紗季さんには、姉が1人います。

音花ゆりさんという芸名で活躍している、元宝塚の女優です。

相武紗季さんより2歳年上で、とても仲の良い姉妹のようですよ。

音花ゆりは宝塚星組のエトワールだった

実は相武紗季さんと音花ゆりさんの母親は、元宝塚に所属していた朱穂芽美(あけほめみ)さん。

その才能を受け継いだのは、姉の音花ゆりさんだったようです。

どのような経緯でタカラジェンヌになったのか、見ていきましょう。

音花ゆりさんは、小学6年生の時に宝塚の「エリザベート」を観て大感激。

「私もタカラジェンヌになりたい」という夢を持ち始めます。

宝塚に入団するには、宝塚音楽学校の入試に合格しなければなりません。

入試の倍率は20倍といいますから、いかに厳しい道なのかがわかりますね。

試験内容は、歌唱と舞踏と面接だそうです。

時々テレビで、入試本番のドキュメンタリーが放送されていますね。

さて、音花ゆりさんは見事に夢を現実のものにすることができました。

1999年に宝塚音楽学校に入学し、2001年に宝塚歌劇団の宙組で初舞台を踏みました。

その後、星組に転属しています。

音花ゆりさんは、非常に歌が上手なことで知られています。

2006年には、フィナーレで主題歌を歌う「歌姫」のエトワールに抜擢されました。

並外れた歌唱力の持ち主が集まる中で、一番上手な娘役ということになりますね。

2015年に宝塚歌劇団を退団した後は、舞台を中心に活躍していました。


結婚・出産を経て、しばらく仕事をしていませんでした。

そろそろまた音花ゆりさんの舞台を見たいと思っていたら、復帰の情報が。

2021年9月に舞台「アプローズ〜夢十夜〜」に出演し、少しずつ仕事を再開していくそうです。

2022年1月には、宝塚87期生の20周年ディナーショーにも参加しています。

宝塚の絆はとても深いものがあるようですね。

20周年のディナーショーをしたということは、10年後にまた30周年記念イベントがあるのではないでしょうか。

コロナ禍で外出もままならなくなっていて、行けなかった人は次回ぜひ。

相武紗季の姉の結婚相手は藤沢信義

ここでは、相武紗季さんの姉・音花ゆりさんの結婚相手を中心に見ていきます。

相武紗季と音花ゆり姉妹は揃って社長と結婚していた

相武紗季さんは2016年に、スカイグループの社長・小宮生也(こみやせいや)さんと結婚していますね。

出会ったきっかけは、小宮生也さんが俳優の金子ノブアキさんに「相武紗季さんを紹介して」と頼んだことなのだそう。

そして、姉の音花ゆりさんも会社社長と結婚していることがわかりました。

音花ゆりの夫はJトラスト会長の藤沢信義

夫は藤沢信義(ふじさわのぶよし)さんといい、東京大学医学部を卒業した秀才。

しかし、大学を出てからは定職に就かずに31歳までフリーター生活を続けていたのだとか。

「そろそろきちんと働かないと」と就職したのは、ビィー・ジャパンという不動産担保融資会社。


ビー・ジャパンは当時業績が悪化していたのですが、藤沢信義さんが入社後わずか2年で立て直したのです。

それが大いに評価されて、直後に社長の座を得たのでした。

それからも経営手腕を大いに発揮し、2022年現在はJトラストの筆頭株主で代表取締役会長になっています。

2018年2月に音花ゆりさんと藤沢信義さんは結婚し、2019年12月に長女が誕生しました。

藤沢信義さんは、カップルのイベントなどがそれほど得意ではないとのこと。

しかし誕生日や結婚記念日には、慣れないながらも頑張って妻にサプライズをしているそうです。

結婚生活が上手くいっていることは、SNSを見ているだけで伝わってきます。

相武紗季は姉と似てない

相武紗季さんは、姉の音花ゆりさんと仲良し姉妹。

SNSに楽しそうに映っている写真を、よくアップしていますね。

二人は「似てない」と言われていますが、どうでしょうか。

双子ではないので、似ていない姉妹というのは多くいますよね。

確かに、目元は全く違いますね。

大きく丸い瞳をしているのが相武紗季さんで、ネコ目なのが音花ゆりさん。

顔の輪郭も大きさも、全く異なっています。

しかし、スッと鼻筋の通ったところはよく似ているのではないでしょうか。

きっとそれぞれが、父親似と母親似に分かれたと推測できますね。

このことから、相武紗季さん・音花ゆりさんの両親も美形だということがわかりました。

相武紗季さんは「年々似てきている気がする。でも、姉の方が若く見られる」と微妙な心情をコメントしています。


確かに、姉の音花ゆりさんの方が華奢なイメージがありますね。

それで、パッと見た感じで相武紗季さんの方がお姉さんに見えるのかもしれません。

相武紗季の父は元アメフト選手で医者?母は女優。実家が中山寺付近の噂

相武紗季、旦那の噂に小宮生也との結婚説。夫の父が暴力団と報道、化粧品で高年収

相武紗季、現在の離婚説はデマ。妊娠や出産のエピソード&2人の子ども達

相武紗季の髪型。ショートボブやロングヘア、眉毛の書き方とは。メイクを真似したい

宮本真希(元宝塚)は結婚して夫がいる?激太りした真相とは?