麻生祐未がたかじんに激怒&内田裕也と交際?波瑠と似てる&麻生久美子と姉妹?田原俊彦との共演

漂う知性と整った顔立ちで男性の憧れの的だった麻生祐未(あそうゆみ)さん。

ただ、魅力的すぎるあまりにトラブルに巻き込まれる事も少なくなかったようです。

麻生祐未がたかじんの一言で激怒?

演技派の名バイプレーヤーとして数多くの作品に引っ張りだこの麻生祐未さん

その演技力を物語っているのがNHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。

麻生祐未さんは同ドラマに主人公の母親役で出演。

ところが主演を務めた尾野真千子さんよりも出演時間が長かったそうです。


これは幼少期と晩年は他の役者が演じたため。

ですが、麻生祐未さんは一人で幅広い年齢を演じています。

これは若い母親から年老いた母親までを演じられる演技力があるという何よりの証拠。

それだけの演技力があれば多くの作品で重宝されるのも納得ですよね。

なお、私生活では2004年に俳優の永澤俊矢さんと出来ちゃった結婚。

その後、息子が産まれるも2008年に離婚してしまっています。

そのため2021年現在はシングルマザー。

子育てをしながらの女優業は色々な制約があるはず。

そんな状況でもこれだけドラマや映画に出演し続けるのは凄い事ですよね。

それだけ製作陣が麻生祐未さんに出演して欲しい、と強く思っているのでしょう。

また、確かな演技力と共に併せ持つのが類まれな美貌。

高校生の頃は学校中の男子生徒が一目見ようと押し掛けたという逸話もあるほど。

その美貌の虜となった芸能人も少なくありません。

ただ、その事がきっかけで過去にある事件も起きていたんです。

その事件が起きたのはバラエティ番組「たかじんnoどォ!」でのこと。

司会のやしきたかじんさんが麻生祐未さんのファンだった事から初回放送に隠しゲストとして出演する事に。

そして番組内で好きな女優の話題になった時に「麻生祐未」と即答。

ところが、「内田裕也とやってるらしい」と余計なコメントまでしてしまったんです。

何とも最悪なタイミングで登場する事となった麻生祐未さん。

流石のやしきたかじんさんも「しまった」と思ったのかアタフタ。

もちろんトークが盛り上がる事もなく収録は終了。

収録後に食事会をする予定だったそうですが、麻生祐未さんは帰ってしまったそうです。

内田裕也とは本当に交際していた?

麻生祐未さんが激怒する発端となった内田裕也さんとの交際疑惑。

本当に二人は交際していたのでしょうか。

二人の接点と思われるのが映画「コミック雑誌なんかいらない!」。

この映画で脚本と主演を務めたのは内田裕也さん。

そして麻生祐未さんも同映画に出演しています。

ただ、二人の関係は映画の共演者というだけ。

それ以上でもそれ以下でもありません。

自由奔放な内田裕也さんなら本当に交際していれば周囲に公言していたはず。

そしてあっという間に週刊誌に追い回されていたでしょう。

ですが、二人が交際していたという信憑性の高い情報はありません。

この事から麻生祐未さんと内田裕也さんが交際していた事実は無いと言えるでしょう。

根も葉もない噂が元となり不快な思いをする事になった麻生祐未さん。

きっと「これも有名税」と諦めるしかなかったのでしょうね。

麻生祐未と波瑠が似てる

「自分にそっくりな人は世界に3人いる」というのは有名な話。

きっと自分と似ている人に会ってみたい、と思う人も多い事でしょう。

ただ、芸能界という非常に狭い世界でも似ていると話題になる事がありますよね。

均整の取れた顔立ちが多い事から見た目が似る事も多くなるのでしょうか。

麻生祐未さんも女優の波瑠さんと似ていると話題になっています。

確かに顔立ちだけでなく髪型や雰囲気も何処となく似ていますよね。

もし二人が同年代であれば見分けがつかなかったかもしれません。

ただ、親子ほどの年齢差がありながら似ていると言われるのは驚異的なこと。

それだけ麻生祐未さんが美しさを保っているという事でもあります。

女優は多くの人々に見られることが仕事。

そのため人一倍、美を保つためのケアも行っているのでしょうね。

麻生祐未と麻生久美子は姉妹?

同じ「麻生」姓である事から姉妹と噂される麻生祐未さんと麻生久美子さん。

共に女優として活動している事から姉妹と勘違いしても不思議ではないかも知れません。

ですが二人とも芸名で出生名は「奥村由美」と「平丸久美子」。

共に「麻生」姓ではないんです。

また、二人の出身地は長崎県と千葉県と別々の場所。

年齢も15歳離れていますので姉妹と言う事はまずないでしょう。


顔立ちも雰囲気もだいぶ違いますしね。

ただ、偶然にも同じ「麻生」姓という事で互いに意識する事はあるかもしれません。

そんな二人が共演したらきっと大きな話題となる事でしょうね。

田原俊彦との共演で一皮むけたと評判に

長崎でも有数の進学校、長崎西高校を経て青山学院大学に進学した才女の麻生祐未さん。

20代後半になってサイエンス・テクノロジーを学ぶため1年間、アメリカに留学した事も。

きっと女優業に強い執着があった訳ではなかったのでしょう。

そのためか演じる役によってはNGを出す事もあったようです。

特に嫌がったのが脱ぐこと。

例え大御所カメラマンからの依頼であっても決して脱ぐ事は無かったそうです。

どんなシーンも演じる事が女優魂と言われる事があります。

ただ、必要と感じなければ脱がないのも女優魂と言えるはず。

きっと話題作りのために脱ぐシーンを入れられてしまったのでしょうね。

このように頑なに脱ぐことを嫌がった麻生祐未さん。

ですが、1992年の映画「課長・島耕作」では田原俊彦さんを相手に過激なシーンを披露。

まさかの出来事だけに当時は大きな話題となりました。

同映画で共演する前に1989年のドラマ「教師びんびん物語II」で共演していた二人。


ドラマでの共演を機に「田原俊彦さんなら」と心境に変化があったのでしょうか。

それまで封印していた過激なシーンを見事に演じ切った麻生祐未さん。

これが女優として一皮むけ、新たなステージに進むきっかけとなった事は間違いないでしょう。

麻生祐未、旦那(永澤俊矢)との結婚の馴れ初め&離婚原因。息子の残酷な質問とは

永澤俊矢の再婚は?朝ドラで共演の麻生祐未と離婚!現在は三軒茶屋で目撃

やしきたかじんの嫁さくら、その後。一人娘と遺産相続バトルが勃発

コメント