森本毅郎の現在と闘病。家族、息子の事故とは。評論家の兄が病気で他界

森本 毅郎(もりもと たけろう)さんはフリーアナウンサーの草分け的存在として有名です。

人気や話術の衰えは特に見られませんが、体調に関しては色々と苦労をなさっていました。

今回は森本毅郎さんの現在や息子が起こしたと噂の事故、兄の病気について見て行きます。

森本毅郎の現在や病気について

まずは森本毅郎さんの2021年現在や健康状態について見て行きましょう。


1939年9月18日生まれの森本毅郎さんは2021年で82歳になりますが、以前と変わず「森本毅郎 スタンバイ!」出演などフリーアナウンサーや司会者業をしています。

同番組はTBSラジオの顔とも言える人気番組であり、スタートしてから30年続いた2021年現在でも高聴取率を獲得するなど根強い”タケローファン”に支えられている様子が伺えました。

一方、2019年11月8日には同番組の生放送中に体調不良で途中降板する緊急事態が発生。

年齢的にも容態や経過が心配されましたが、翌週に復帰した森本毅郎さんは「ちょっと心臓の痛みがあった」と当時の様子について自身の口から説明をしていました。

また、放送中に現場を離れたことについて「プロ意識が足らなかった」と謝罪をしています。

実は健康上の不安は今回に限ったことではなく、右目の緑内障や右耳の難聴、心臓と両足の血管にステント(内側から血管を広げる医療器具)を入れるなどボロボロの状態でした。

高齢ということもあって劇的な改善は見込めませんが、様々な病気と付き合っている現状を活かした発信など森本毅郎さんにしかできない活動はたくさんあるはずです。

長年、司会を務めてきた「噂の!東京マガジン」は2021年に終了を迎えてしまいますが、この先も体調には十分に気を付けて元気な「タケロー節」を聞かせて欲しいものですね。

森本毅郎の家族や息子が起こした事故とは?

次はあまり語られない森本毅郎さんの奥さんや子供、噂になった息子の事故を見て行きます。

結婚について詳しい時期は明らかにされていませんでしたが、NHKに所属していた時に勤務地のひとつだった岡山放送局時代に入籍したと言われていました。

今ではTBSを中心に幅広く活動をしている森本毅郎さんですが、若い方だとNHKでアナウンサーをしていた過去を知らないという人が多いかも知れませんね。

ちなみに、奥さんは一般人らしいので名前や写真などは公開されていませんでした。

子供は2人ほど授かったという情報がありましたが、奥さん同様に詳しい情報は出ていません。

また、息子(長男)さんが交通事故を起こしたという情報をキャッチしたものの、明確なソースや当時の報道記事が見当たらなかったので断定することは出来ませんでした。


しかし、長男の事故についてはベンツの500Eに乗って単独事故を起こし、助手席に乗っていた女友達が重傷を負ったなど細かな内容が書かれていたのは気になるところです。

昔のことなので新情報は期待できませんが、何かご存知の方はコメントなどお願い致します。

森本毅郎の兄は病気で他界していた

最後に森本毅郎さんの実の兄が病気で亡くなった件を見ておきましょう。

兄は14歳年上の哲郎(てつろう)さんといい、学歴は東京大学(文学部哲学科)を卒業して大学院に進学するなど今の時代以上に超が付くエリートだったことが伺えます。

哲郎さんは東京新聞や朝日新聞で記者を務めた経歴を持ち、他にもキャスターとして「海外取材ニッポンの実力」を担当したことで”テレビ界初の兄弟キャスター”でも知られました。

その後は東京女子大学の教授に就任した時期もありましたが、兄弟そろって組織に納まるタイプではなかったことからフリーの評論家として活動する時間が多かったそうです。

動画は批評家として解説をしているものですが、森本毅郎さんとソックリで驚きますよね。

長らくフリーキャスターや批評家として活動を続けた哲郎さんでしたが、残念ながら2014年1月5日に虚血性心不全で88年の人生に幕を下ろしています。


喪主は森本毅郎さんではなく長男の進(すすむ)さんが務め、葬儀と告別式は1月10日に近親者のみで行われたので場所など詳しい情報は表に出ていませんでした。

見た目や性格が似ているのは兄弟として歓迎すべき点かも知れませんが、森本毅郎さんは心臓の痛みで休養したこともあるので病気までは似て欲しく無いですね。

久米宏の年収は億超え?愛車遍歴と今の生活&自宅豪邸。病気と結婚相手について

久米宏、父とオリンピック反対。横山やすし&黒柳徹子との関係。古舘伊知郎とは不仲?

山口良一、現在は観光バイク大使。痩せた&結婚をカミングアウト

小島奈津子の年収が凄い&年賀状事件とは。かわいいと話題、めざましテレビで菊間の事故に遭遇

コメント