樹木希林、旦那と別居の結婚生活。内田裕也は再婚相手、元旦那は岸田森だった

全身がんを公表したあとも悲壮感をにじませず、淡々と生きて生涯現役を貫いた樹木希林(きききりん)さん。

「樹木希林の旦那」といえば内田裕也さんですが、裕也さんが再婚相手だったことはあまり知られていないようです。

今回は彼らの風変わりな結婚生活を振り返るとともに、元旦那についても詳しくみていきます。

樹木希林のプロフィール

本名:内田啓子

生年月日:1943年1月15日

死没:2018年9月15日

身長:160cm

出身地:東京都千代田区神田

最終学歴:千代田女学園(現在の武蔵野大学附属千代田高等学院)

樹木希林の旦那・内田裕也はどんな人?

単なる脇役を超越した助演者として唯一無二の存在感を見せつけた樹木希林さん。

還暦を迎えた年に左目を失明し、翌年に乳がんが発覚、そして70歳の時に全身がんを告白するなど、晩年は満身創痍でした。

人はいつか必ず死ぬ、それは避けられない運命、ならば最後まで現役でいるためにがんと生きる。


それが樹木希林さんが選んだ道でした。

息を引き取ったのは2018年9月15日。

最期は也哉子さん、本木雅弘さんら家族に囲まれ、内田裕也さんの声を電話越しに聞きながら旅立ったそうです。

妻の最期を看取ることができなかった裕也さんは、物言わぬ希林さんと対面すると「きれいだ、昔から美人だと思っていた」と笑い、所属事務所を通じて「見事な女性でした」とコメントを発表。

葬儀では体調不良を押して喪主を務めました。

ロックシンガーとして知られ、俳優としても異彩を放った内田裕也さん。

平成世代には樹木希林の旦那、あるいは「ロケンロール!」が口癖の変なおじいちゃんというイメージが強いかもしれませんね。

訃報記事のプロフィールをみても、ロックミュージシャン、俳優、都知事選出馬、逮捕歴といった破天荒な経歴ばかり。

おまけにシンガーとしての評価もけっして高くはなく、自虐ネタにするほどヒット曲もありません。

けれどその一方で、ザ・タイガースをはじめとする無名の若手を発掘したり、多くのビッグイベントを主催するなど日本のロックシーンに貢献した人物でもありました。

ロックミュージシャンというよりも、裏方としての功績が大きかった方といえるでしょう。

また政治やボランティア活動への関心も高く、東日本大震災の時はいち早く被災地に入り、炊き出しなどで被災者を支援。

荼毘(だび)に付された妻が骨つぼに納められ、蓋が閉められる時、「ちょっと待て」と止めたという裕也さん。

頭部の骨をしばらく見つめた裕也さんは、あごの骨を丁寧にハンカチに包み、そっとポケットにしのばせたといいます。

43年にわたり別居婚を続けた夫婦の絆が垣間見えるエピソードです。

別居43年の結婚生活

女優とロックミュージシャンだった二人の馴れ初めが気になる人は多いかもしれません。

どうやらかまやつひろしさんを介して出会ったようですね。

彼らは1973年にスピード結婚しますが、新婚時代は毎日のように怒鳴り合い、殴り合いの大げんか。

裕也さんのDVなどもあり、わずか1年半で別居生活に入りました。

以降は年に1、2回会うだけの距離感になり、そんな結婚生活の中で也哉子さんが誕生。

その5年後には、裕也さんが勝手に離婚届を提出し、これを拒否した希林さんが差し止め訴訟をおこして離婚成立を阻止する一幕もありました。

夫の女性問題や大麻所持騒動など度重なるトラブルに巻き込まれても、希林さんが離婚を考えたことは一度もなかったそうです。

破天荒な夫に振り回される気の毒な妻というイメージを抱かれがちだった樹木希林さん。

ですが、ご本人はこれを否定し、夫のことを「なかなか出会える人ではない」「私に必要な存在」と明言していました。

裕也さんもまた、妻のことを「これほどへこたれない女はいない」と評していたのだそう。

常人には理解しがたい夫婦の形ですが、その絆を43年間つなぎとめていたものは、希林さんの一途で嘘のない夫への愛だったのでしょう。

内田裕也さんは2019年3月17日、肺炎のため79歳で死去。

妻の死から半年の出来事でした。

内田裕也は再婚相手、元旦那は岸田森

樹木希林さんには二度の結婚歴があり、内田裕也さんとは再婚です。

最初の夫は1982年に43歳で他界した岸田森(きしだしん)さん。

ドラマ『氷点』、舞台『ハムレット』などに出演した俳優です。

希林さんは1961年に文学座1期生として付属演劇研究所に入所。

岸田森さんは同期生でした。

二人は1964年に結婚し、1966年にそろって文学座を退団。

その後、草野大悟さんらとともに劇団「六月劇場」を旗揚げします。

しかし結婚生活は長く続かず、4年で離婚。

嫁姑問題が原因という噂がありますが、真相は定かではありません。

岸田森さんは離婚した年にバーのマダムと再婚しますが、またもや離婚。

その後は女優の三田和代さんと事実婚関係にありました。


死の1カ月前、大腿骨骨折で入院した際は毎晩のように「裕也さんに会いたい」ともらしていたという樹木希林さん。

おそらく心からの素直な言葉だったのでしょう。

夫妻が45年かけて育んだ絆は、生や死を超えたところに到達したのかもしれません。

樹木希林の家は代官山。インテリアと建築家はだれ?旧自宅はレストランに変貌

樹木希林の生き方。おごらず、節約。スピリチュアルと最後の日々

樹木希林のマンション経営&不動産女王の逸話。気になる年収、相続税対策がすごい

本木雅弘は養子?樹木希林、内田裕也との関係。不動産経営が発覚の事件

内田雅樂はバスケもすごい。祖母樹木希林とのエピソード。彼女、事務所や大学は?

コメント