樹木希林、娘・内田也哉子の旦那と学歴。孫も多才&独特の子育て方法とは

唯一無二の個性派女優として数々の話題作に出演した樹木希林(きききりん)さん。

演技力だけでなく飾らない人柄と毒舌ぶりも度々話題となりました。

樹木希林のプロフィール

本名:内田啓子

生年月日:1943年1月15日

死没:2018年9月15日

身長:160cm

出身地:東京都千代田区神田

最終学歴:千代田女学園(現在の武蔵野大学附属千代田高等学院)

樹木希林の娘がCMで話題に

名実ともに日本を代表する演技派女優だった樹木希林さん。

事務所に所属せずマネージャーもスタイリストもおらず。

そして仕事を選ぶ基準はオファーが来た順番とギャラだけ。

有名になってもチヤホヤされる事を好まず、納得がいくギャラであればどんな仕事も引き受ける。

これこそが本物のプロの女優と言えるでしょう。

また、樹木希林さんと言えば話題となったのが私生活。


2003年には網膜剥離により左目を失明。

2013年には全身を癌に蝕まれている事を公表し大きな話題となりました。

そして何と言っても内田裕也さんとの奇妙な夫婦関係。

1973年に結婚するも1年半後には別居。

そして1981年に内田裕也さんが無断で離婚届けを提出してしまいます。

ところが樹木希林さんは離婚は無効であるとして訴訟を起こして勝訴。

ただ、その後も別居生活は続き、年に1度連絡を取るだけ、という関係だったそうです。

ですが2005年に樹木希林さんが乳癌の手術を行った事をきっかけに連絡の頻度は月に1回に急増。

そして毎年、お正月はハワイで一緒に過ごすようになったそうです。

きっと癌になった事で夫婦が一緒に過ごせる残り時間が短い事を実感したのでしょう。

ただ、それでも最後まで同居をしなかったのが二人らしいですよね。

そんな二人には子供が一人。

その子供が女優やエッセイスト、歌手にナレーターとマルチに活躍する内田也哉子さん。

2007年には「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」で樹木希林さんが演じた「オカン」の若き頃を演じ日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。

また、2012年の「わが母の記」でも樹木希林さんが演じた役の若いころを演じ話題となりました。

そして何と言っても2021年から出演するサッポロビールの人気CMシリーズ「大人エレベーター」。

独特の語り口と佇まいが大きな話題となっています。

一目見ただけで聴衆を魅了するその存在感は間違いなく樹木希林さん譲り。

2021年現在、内田也哉子さんの活動の中心は執筆や翻訳。

ですが本格的に女優業にシフトすれば間違いなく歴史に名を残す女優になる事でしょう。

樹木希林さんが亡くなった今、多くの人々が内田也哉子さんが女優として活動する事を望んでいるように思えてなりません。

娘の旦那・本木雅弘

19歳だった1995年に結婚している内田也哉子さん。

そのお相手は10歳年上の俳優の本木雅弘さん。

本木雅弘さんは1992年に内田裕也さんが脚本と主演を務めた映画で共演。

そして二人で食事をしていた時に内田也哉子さんが合流したのが初めての出会いでした。

ただ、当時の内田也哉子さんは15歳。

そのため本木雅弘さんが恋愛感情を抱く事はなかったそうです。

ですがその翌年、本木雅弘さんが海外で仕事をする際に17歳になった内田也哉子さんが通訳として同行。

この時、見た目の若さと落ち着いた佇まいと仕草のアンバランスさに魅了され猛アプローチ。

そして初デートの際に交際前だったにも関わらずプロポーズ。

その後、2年に渡って愛を育んだ後、結婚する事となりました。

実はこのデートをセッティングしたのは樹木希林さん。

本木雅弘さんの娘に対する気持ちを察していたようで「2人で話をしておいで」と背中を押してくれたんだとか。

きっと樹木希林さんは「この人なら娘を任せられる」と確信していたのでしょう。

そうでなければわざわざ出会いの場を用意する事なんてないですからね。

内田也哉子さんと結婚するという事は樹木希林さんと内田裕也さんと家族になるということ。

とても並大抵の人に務まるとは思えません。

ですが、本木雅弘さんならばこの事も全く問題がないと思ったのでしょう。

また、樹木希林さんの「内田家を残したい」という思いに応え婿養子になる事も快諾しています。

結婚から20年以上が経った2021年現在も夫婦仲が良好な二人。

どうやら樹木希林さんの見る目は確かだったようですね。

娘・内田也哉子の学歴

通訳として同行したことが縁で結婚した内田也哉子さん。

ここで気になるのが学歴ですよね。

17歳で通訳を務めるなんて一体どのような学校で学んできたのでしょうか。

調べてみると内田也哉子さんは保育園から小学校まで西町インターナショナルスクールに通っていたようです。

今でこそインターナショナルスクールに子供を通わせる芸能人が増えていますよね

ですが、当時は珍しい存在だった事は間違いありません。


というのも当時のインターナショナルスクールは学校教育法では無認可校。

つまりインターナショナルスクールに通っても義務教育を受けた事にならなかったんです。

そのため内田也哉子さんは小学6年生の頃に公立小学校に転校。

その後、目黒区立第一中学校、城南高校に進学しアートを学ぶため高校2年生でスイスに留学。

スイス留学後はニューヨークに移り、現地のインターナショナルスクールを卒業。

本木雅弘さんの通訳を務めたのはこの頃。

高校卒業後、大学には進学せずニューヨーク、パリで生活。

そして帰国後に本木雅弘さんと結婚しています。

日本の多くの若者が歩む道筋とは全く異なる道を歩んできた内田也哉子さん。

これらの経験の一つ一つが本木雅弘さんを魅了するほどの内面を育て上げたのでしょうね。

樹木希林は孫も多才だった

1995年に結婚した内田也哉子さんと本木雅弘さん。

その後、1997年に長男の雅樂(うた)さんが誕生し、1999年には長女の伽羅(きゃら)さん。

そして2010年に次男の玄兎(げんと)さんと3人の子供が誕生。

つまり樹木希林さんには3人の孫がいる事になります。

両親だけでなく祖父母も非常に多才。

そのため孫達も多才なのは当然と言えるかもしれません。

まず、長男の雅樂(うた)さん。

2021年現在、190cmという高身長を活かしてモデルとして活躍中。

Louis Vuittonのモデルを務め、パリコレに出演した事も。

2019年に本木雅弘さんとCMで共演した事も大きな話題となりましたよね。

本木雅弘さんの影響で始めたというバスケットもプロ顔負けの腕前。

高校の頃はフロリダにあるスポーツの名門校でプレーし、その後はドミニカン大学カリフォルニア校でプレー。

2017年には日本代表の強化合宿に招集されて参加した事も。

間違いなくバスケットプレーヤーとして将来を嘱望される若手プレーヤーの1人でした。

そのままいけば日本を代表するプレーヤーとなっていたかもしれません。

そんな雅樂さんがモデルの仕事に挑戦するきっかけとなったのは祖母の樹木希林さん。

幼少期から「新たな経験を楽しむ」、「若い頃は挑戦し続ける事が大切」と聞かされていた事がモデル業に進むきっかけになったそうです。

こうして活躍の場をバスケットからモデル業に変えた雅樂さん。

ですが、モデルとしても日本を代表する存在となる事は間違いないでしょう。

続いて長女の伽羅さん。

11歳だった2010年に映画「FURUSATO -宇宙からみた世界遺産-」に出演するなど子役として活動。

その翌年、樹木希林さんに薦められて参加したオーディションがきっかけで映画「奇跡」に出演。


同映画では祖母との共演を果たし、高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞するなどその演技力は高く評価されました。

その後、小学校卒業と同時にイギリスへ留学。

留学中の2015年にも樹木希林さんの勧めでオーディションに参加。

そして出演が決まった映画「あん」で2度目の共演を果たしています。

きっと樹木希林さんは伽羅さんに女優としての才能を感じ取っていたのでしょう。

だからこそ自分と共演する機会があるオーディションへの参加を勧めたのだと思われます。

ただ、まだ学生という事で最優先なのは学業。

年齢を考えると2021年時点ではまだ大学生。

大学を卒業したタイミングで本格的に女優業を始めるかもしれませんね。

そして最後に次男の玄兎さん。

過去に本木雅弘さんと一緒にテレビに出演した事があるようですが、詳細な情報は不明。

ただ2021年現在、イギリスで生活している事は間違いなさそうです。

雅樂さんや伽羅さんを見る限り玄兎さんもきっと多才なはず。

将来、どんな道に進むのか今から楽しみですよね。

樹木希林の独特な子育てが話題に

家庭の数だけある教育方針。

どのように子供を育てていくのか、それが果たして正しいのか。

きっといつの世も多くの親達た頭を悩ませている事でしょう。

樹木希林さんの教育方針は至って明確。

それは「すべてが自由で自己責任」。

大多数の子供は親に「ああしろ、こうしろ」と言われているはず。

そんな子供達からしたら全てが自由だった内田也哉子さんの事を羨ましいと思うかもしれません。

ところが当の本人の感想は全く別。

内田也哉子さんは「自由が怖くてしかたなかった」と語っているんです。

ただ自由なだけであれば怖がることはなかったはず。

そこに自己責任が付いているのが重要なポイント。

自分の行動で引き起こされた問題は自分の責任。

そのため也哉子さんは常に「これで良いのか」と考えながら生活していたそうです。

こうした教育方針だったからこそ海外留学や19歳の若さでの結婚も決断出来たのでしょう。


樹木希林さんの教育方針はともすれば放任主義と思われても仕方がありません。

ですが、今の内田也哉子さんを見ればそれは間違いでは無かったと分かるはず。

女優という職業柄、多くの人と接し、人を見る目が鍛えられたはず。

きっとそのお陰で内田也哉子さんに最適な教育方針を導き出せたのでしょう。

樹木希林、旦那と別居の結婚生活。内田裕也は再婚相手、元旦那は岸田森だった

樹木希林の家は代官山。インテリアと建築家はだれ?旧自宅はレストランに変貌

樹木希林のマンション経営&不動産女王の逸話。気になる年収、相続税対策がすごい

樹木希林の生き方。おごらず、節約。スピリチュアルと最後の日々

樹木希林の私服ファッションと着物。愛車遍歴が華やか、愛用リュック&髪型について

コメント