樹木希林のマンション経営&不動産女王の逸話。気になる年収、相続税対策がすごい

樹木 希林(きき きりん)さんは存在感のある名演技から「怪優」として知られています。

芸の道に専念していたように思えますが、財テクに精を出す意外な顔も持っていました。

今回は樹木希林さんのマンション経営(財テク)や年収、相続について見て行きましょう。

樹木希林のプロフィール

本名:内田啓子

生年月日:1943年1月15日

死没:2018年9月15日

身長:160cm

出身地:東京都千代田区神田

最終学歴:千代田女学園(現在の武蔵野大学附属千代田高等学院)

樹木希林は女王と呼ばれるほど不動産マニアだった

まずは樹木希林さんの不動産に対する熱い情熱や考え方を見て行きます。

芸能人の不動産投資と言えば千昌夫さんや矢沢永吉さんなど失敗した例が有名ですが、樹木希林さんは女優を始めてから間もない21才の頃に投資家デビューして成功をおさめました。


最初に購入したのは東京都大田区に戸建てで、その後も順調に資産を増やしたそうです。

女優になって良かったことを聞かれた際には「早くローンが返せる」と発言するなど、不安定ながらも”一攫千金の旨味”がある芸能界を激しく、かつ慎重に渡ろうとしていました。

樹木希林さんは不動産投資を短期的なビジネスと捉えておらず、芸能人の経済的な不安定さを見越した「年金代わりに家賃収入」を肝に銘じて活動をしていたそうです。

また、芸能人は収入の浮き沈みも激しく社会的な信用も少ないことから、賃貸を断られることも少なくないことを考慮して持ち家や賃貸用の不動産を購入したとも言われていました。

自身の不動産に対する考え方を娘の也哉子(ややこ)さんや本木雅弘さんにも伝えており、樹木希林さんを見習って都内にある高級マンションを賃貸用に購入したそうです。

堅実な資産運用による安定的な収入を確保したことで芸能界での不安も無くなり、人の顔色を見たり変に飾らない「樹木希林」を貫くことが出来たと言えるでしょうね。

お金について様々な意見はありますが、経済的なゆとりが精神の安定に繋がるとも言えます。

ちなみに、亡くなる直前の所有不動産は少なくとも都内に8軒ほどあったと言われていました。

樹木希林のマンション経営や年収について

次は樹木希林さんのマンション経営や年収などをチェックして行きましょう。

マンション経営と聞くと一棟全部というイメージを持ってしまいがちですが、一室単位や一階まるごとのフロア単位など様々なタイプの投資が行われています。

樹木希林さんも一棟単位だけでなく一室単位でマンションを所有して賃貸に出していました。

マンションだけでなく戸建てを飲食店に貸し出すなど積極的に経営に取り組んでいますが、個別の家賃など不動産関係の収入額は明らかにされていません。

ただ、2005年で無くなった「長者番付」の情報によれば2004年度の年収は推定で1億1719万円と算出されており、詳しい割合は分かりませんが不動産収入も含まれています。

2004年はスペシャルドラマが1本、映画が「半落ち」を含めて4本、加えてテレビCMがあったことを考えると、年収の1~2割(2000万円前後)は不動産だったかも知れません。

つまり、推測ではありますが仕事が無くても生活できる年収があったのは間違いなさそうです。

樹木希林の相続税対策が凄かった!

最後に樹木希林さんの巧みな相続税対策を見ておきましょう。


資産家には頭が痛い相続税ですが、樹木希林さんは上手に節税をしていたことで有名でした。

相続税と言えば配偶者や子供に配分されることは一般にも知られていますが、樹木希林さんは相続先の子供に実子だけでなく養子も含まれることに注目したそうです。

そうです、ご存知の通り長女の也哉子さんの夫である本木雅弘さんは内田家の養子。

相続人数が内田裕也さんと也哉子さん、そこに本木雅弘さんを加えた3人になると約4000万円ほど控除額が増える仕組みなので、資産家の内田家にとっては大きな意味を持ちます。

樹木希林さんと本木雅弘さん夫婦は7億円とも言われる豪邸で同居していましたが、これも同居を条件とした特例「特定居住用宅地」を活用するためだったのかも知れません。

この特例「特定居住用宅地」は相続税の評価額を80%減額できる内容ですので、その時の評価額で上下はしますが約8000万円ほど評価額を減らせるので相続税の軽減に寄与します。

飲食店に貸している一戸建てにも評価額を50%減らせる特例「貸付事業用宅地等」を使っているらしく、相続税対策だけでなく賃貸収入も得られる素晴らしい活用法と言えるでしょう。

さらに、孫である内田雅樂(うた)さんや伽羅(きゃら)さんにも生前贈与をするなど相続税対策を施しており、俳優業だけでなく資産家としても完璧な仕事をしていました。

配偶者である内田裕也さんには不動産の相続はしていないそうですが、これは性格的に不動産を運用をするタイプではなくダメにしそうだからという配慮かも知れません。


だた、不動産ではなく現金を相続したとも、全く相続をさせていないとも言われていました。

仕組みを知って上手く活用すれば多くの財産を家族に残すことが出来ることが分かりましたが、その前に対策が必要なほどの資産を作らなければならないですね。

樹木希林、旦那と別居の結婚生活。内田裕也は再婚相手、元旦那は岸田森だった

樹木希林の家は代官山。インテリアと建築家はだれ?旧自宅はレストランに変貌

樹木希林の生き方。おごらず、節約。スピリチュアルと最後の日々

樹木希林の演技力と手袋エピソード。浅田美代子への影響、阿部寛との共演

樹木希林の私服ファッションと着物。愛車遍歴が華やか、愛用リュック&髪型について

コメント