柳沢慎吾の現在。若い頃に引退決意?年収と愛車遍歴まとめ。小田原出身のスター

デビュー当時から変わらぬ明るいキャラクターで人気の柳沢慎吾(やなぎさわしんご)さん。

良くも悪くもこれほどまでに変わらないというのも凄い事ですよね。

柳沢慎吾の現在

幼少期からモノマネで人を楽しませるのが好きだった柳沢慎吾さん。

きっと早くからコメディアンを目指していたのでしょう。

まだ素人だった時からお笑いコンビを組んでテレビに出演。

そして1978年に「ぎんざNOW!」の素人コメディアン道場でチャンピオンに輝いた事でデビュー。


そんな柳沢慎吾さんの真骨頂と言えば人物模写と一人芝居。

その中でも十八番が「警視庁24時」の真似。

特にタバコのビニール部分を使い警察無線の音質を再現したのは発明と言っても過言ではありません。

きっと多くの人々がタバコやお菓子のビニール袋を使って真似した事でしょう。

デビューはコメディアンだった柳沢慎吾さん。

ですが演技力が評価されたのか早い時期から俳優としても活動しています。

ドラマデビューを果たしたのは1979年の「3年B組金八先生」第1シリーズ。

そして1983年の「ふぞろいの林檎たち」で俳優としての地位を確立。

コメディアンながらシリアスな演技も出来ると評判に。

今や柳沢慎吾さんがいたから名作ドラマになった、とも言われています。

その後もバラエティ番組にドラマ、映画、CMに引っ張りだこ。

2019年には芸能生活40周年を迎え、2021年時点では59歳と還暦間近。

芸歴や年齢だけみると完全に大御所タレントですよね。

ですが今もデビュー当時と変わらずうるさく、落ち着きがないキャラクターのまま。

良い意味で全く変わらないのも魅力の一つと言えるでしょう。

ただ、変わらないのは芸風だけ。

2020年には映画「応天門の変」で時代劇に初主演するなど新たな仕事に積極的に挑んでいます。

この意欲と姿勢は多くの人が見習うべきですよね。

2021年にも3本の映画が公開予定など今も引く手数多の柳沢慎吾さん。

まだまだ芸能界には欠かせない存在である事は間違いありません。

若い頃、芸能界引退を考えていた

デビュー直後から仕事に恵まれ続けてきた柳沢慎吾さん。

きっと多くのタレントが順調な仕事ぶりに「羨ましい」と思っていたはず。

ところが当の本人はそんな気楽なものではありません。

最も忙しかった頃はドラマを5本も掛け持ちする程の多忙ぶり。

精神的に追い込まれADや裏方を怒鳴り散らす事まであったんだとか。

スタッフを怒鳴り散らす姿はテレビで見る柳沢慎吾さんからは全く想像がつきません。

ただ、それだけ追い詰められていたということ。

そのため一時は芸能界を辞める事まで考えていたそうです。

きっと身体的にも精神的にも限界を迎えていたのでしょうね。

そんな柳沢慎吾さんの思いに気が付いたのがその時、ドラマで共演していた樹木希林さん。

「辞めたいとおもってるでしょ」と核心を突く質問をしてきたそうです。


その問いに「結構きつい」と本音を明かすと「若いから出来る、今が頑張り時」、「好きで入ったんだから最後までやりなさい」と叱咤激励してくれたんだとか。

おそらくこれだけ叱咤激励したのも柳沢慎吾さんを評価していたから。

他のタレントであれば無理に引き留めずに引退を進めていたかもしれません。

そして今となってはこの時の辛い経験が柳沢慎吾さんの支えになっているそうです。

きっと芸能界に残る決意をさせてくれた樹木希林さんの事を今も恩人のように思っている事でしょう。

柳沢慎吾の年収はどれくらい?

バラエティ番組でバブル期のギャラ事情を明かし話題となった柳沢慎吾さん。

ドラマで2シーンだけの撮影でも3桁万円で主演ともなればその倍。

ただ、年々、製作費が減らされている昨今のテレビ業界。

今では到底考えられない夢のような話でしょう。

では現在の柳沢慎吾さんはどれくらいの年収なのでしょうか。

もちろん自分の口から年収を明かした事はありません。

そこで参考になるのが過去に公表されていた高額納税者番付。

この番付の2002年度版に柳沢慎吾さんがランクインしているんです。

その時の納税額が1518万円だった事から年収は約5000万円と言われています。

それから約20年が経ったので柳沢慎吾さんの番組1本あたりのギャラも増えているはず。

また、2021年現在も当時と遜色ない仕事量となっています。

そのため年収も5000万円〜7000万円くらいにはなると思われます

車好きとして知られる柳沢慎吾の愛車は?

芸能界でも屈指の車好きとして知られる柳沢慎吾さん。

何かあれば自分へのご褒美で車を買うそうです。

これまでに13台もの車を乗り継ぎ、1億円以上も車につぎ込んでいるんだとか。

最初に愛車にしたのは4代目のスカイライン。

そして24歳の頃にはBMWアルピナB10を愛車としていたそうです。

BMWアルピナB10の価格は1000万円以上。

24歳にしてそんな超高級車に乗っていたなんて凄いですよね。

当時は稼いだお金を全て車につぎ込んでいたそうです。

とはいえ早くから芸能界で成功していたという何より証拠と言えますよね。


また、奥さんにプロポーズをしたのもBMWアルピナB10の車内。

ドライブデート中に花屋さんに寄り、そこで購入したバラの花束をサンルーフから投げ込むというサプライズ。

これがプロポーズともなり結婚する事になったそうです。

そういった意味でも非常に思い出深い1台となった事でしょう。

その他にもセドリックやキャデラック、ジャガーなど国内、海外問わず様々な車を愛車にしてきた柳沢慎吾さん。

愛車にしているのがトヨタ2000GTとベンツS600。

きっとベンツS600が普段使いで特別な時にトヨタ2000GTに乗るのでしょう。

これから先、どんな車を愛車にしていくのでしょうか。

今後とも柳沢慎吾さんの活躍だけでなく愛車にも注目が集まる事でしょう。

柳沢慎吾は小田原が生んだ大スター

神奈川県小田原市出身の柳沢慎吾さん。

2010年には「小田原ふるさと大使」に任命されています。

現在、10名が就任する小田原ふるさと大使。

その第1号が柳沢慎吾さんだったんです。

夢枕獏さんや富野由悠季さん、今は亡き阿藤快さんも小田原出身。

そんな諸先輩を差し置いて初となる小田原ふるさと大使に任命されるなんて。

それだけ柳沢慎吾さんが小田原を始め、日本中の人々に愛されているという事ですよね。

まさに小田原が生んだ大スターと言っても過言ではありません。

ただ、「大使」に任命されてもあまり目立った活躍をしない人もいるでしょう。

ですが、柳沢慎吾さんは地元、小田原をアピールするため精力的に活動。

2020年12月4日に小田原駅前に複合商業施設がオープンした際の式典にも出席。


テープカットを行い、お祝いのスピーチで式典を盛り上げました。

「小田原の良さを全国に発信したい」と意欲を口にする柳沢慎吾さん。

これからも小田原の良さをアピールするため活躍し続ける事でしょう。

柳沢慎吾が結婚した妻は美容師?子供が事故死の噂と家族構成。そっくり姉が徹子の部屋に出演

柳沢慎吾の天才的な面白さ。京本政樹とは親友、中井貴一との関係。勝俣州和に似てる?

コメント