福山潤が骨折しすぎ!おそ松さんは何役?所属事務所&高校、高槻生まれで関西弁?

イケメン&イケボで知られる、大人気声優の福山 潤(ふくやま じゅん)さん。

その代表作には、アニメ「おそ松さん」の一松役や、アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」が挙げられます。

実はそんな彼は、これまでに数多くの骨折既往歴があるのです。

一体何箇所骨折してきたのでしょう。

また、彼は関西出身なのですが、普段は関西弁を話すのでしょうか。

他にも、彼が代表取締役を務める所属事務所「BLACK SHIP」の設立秘話についても調査しました。

ぜひ最後までご覧ください。

福山潤のプロフィール

生年月日:1978年11月26日

出身地: 大阪府高槻市

血液型:A型

身長:170cm

最終学歴:大阪府立大冠高等学校

福山潤は骨折しすぎ!?

「福山潤=骨折」というくらい、彼は骨折の既往歴が多いことで、ファンの間では知られています。

なんとその回数は「4回」に及んでいるのです。

そんな彼の不幸の始まりは、2013年にさかのぼります。

まず最初の骨折は「左肋骨」でした。


肋骨を折ると、声を出すたびに、人によっては呼吸をするだけで激痛が走るといわれています。

当時は相当な激痛に耐えながら、アフレコしていたのではないでしょうか。

次は翌2014年に「右肩」を骨折してしまったのです。

右肩の骨折も、おそらく発声のたびに激痛が走っていたことが推測できます。

その次は翌2015年12月に「左足」を”粉砕”骨折してしましました。

今回ばかりは”粉砕”ということもあり、入院を余儀なくされ、2015年年末は病院で過ごしたそうです。

ここまで災難続きの彼ですが、翌2016年にも、恒例行事のごとく骨折イベントが……。

なんと左足の粉砕骨折の退院後、今度は右手をぶつけてしまったそうなのです。

「痛い」と感じたそうなのですが、おそらく心のどこかで病院にうんざりしていたのかもしれません。

なんと、今回は病院を受診せず、放置していたそうなのです。

しかしながら、周囲の人から受診を促されました。

そしてレントゲンを撮影したところ、案の定骨折していたのです。

ファンの間では「もはや呪われているの?」という心配の声が挙がりました。

しかしご安心を。

彼の骨折歴はここで1度一区切りしており、2016年以降は新しい骨折の情報はありません。

今後も続報がないことを願うばかりですね。

おそ松さんは何役?

数多くの代表作をもつ彼ですが、その中のひとつに大人気アニメ「おそ松さん」が挙げられます。

今作は、個性豊かな6つ子が繰り広げる、笑いあり涙ありのコメディ作品となっています。

福山さんが演じるのは、6つ子の四男「松野 一松(まつの いちまつ)」です。

一松は常に髪がボサボサで、生気がない、マイペースなキャラクターとなっています。

また、時には自虐的になり、自らをゴミ扱いすることも。

毒舌を吐くこともありますが、実は寂しがりやでナイーブ……そんな彼に魅了される乙女も少なくないのだとか。

福山さん名物の低音ボイスですが、いつもとはまた違う、無気力な演技を楽しむことができます。

ぜひチェックしてみてくださね。

事務所はどこ?

1997年の活動開始時は「青二塾プロダクションジュニア」に所属していましたが、1999年に退所しています。

その後はフリーでの活動を経て、「ぷろだくしょんバオバブ」に所属しました。

そして約10年間の在籍を経て、2011年4月1日にぷろだくしょんバオバブの退所と、「アクセルワン」への移籍を発表しています。

この「アクセルワン」とは、声優の森川智之さんが代表を務めており、多くの有名声優が所属していることでも知られていますね。

その後2018年3月31日にアクセルワンを退社した福山さん、翌4月1日に自身が代表取締役を務める「BLACK SHIP」を設立しました。

こちらの会社は声優の立花慎之介さんと”ダブル社長”という形で、共同経営している会社になります。

独立に至った理由としては、自分のやりたいことや方向性を達成するために、現状では限界を感じていた、とのこと。

そんな時に、古くから親交のある立花さんも「独立したい」と考えていたこと、そして2人の思い描くビジョンが近いものであったことから、2人での企業に至ったそうなのです。

創設してまだまもないですが、多くの所属声優ジュニアを抱え、新人の養成にも励んているようです。

どんな後輩が育成されていくのか、指導者としての福山さんにも期待が募ります。

出身高校は大阪府立

出身高校は、大阪府立大冠高等学校です。

学生時代は、「平和主義だった」と自身の学生生活を振り返る福山さん。


一方で「隣のクラスの休んでいる人の席に座っていつまでばれないか」というチャレンジをしたこともあったのだとか。

どうやら、少々やんちゃな、そしてユーモアのある学生さんだったようですね。

また、高校在学中から青二塾の大阪校へ行っており、ここから福山さんの声優人生が始まりました。

もともと、声優を目指したきっかけが「当時好きな女の子が声優が好きだったから」という可愛らしい理由だったそう。

もしかすると、当時は大冠高等学校の同級生が好きだったのかもしれませんね。

高槻市出身だけど関西弁話すの?

福山さんは、大阪府の高槻市の出身です。

しかし、彼に”関西弁”のイメージはありませんよね。

その背景には、過去に”2年くらいかけて標準語を勉強した”という、涙ぐましい努力があったそう。

今では標準語も完璧なものの、関西圏の方と話をする時には、関西弁が出てしまうようですね。

2016年4月に放送されたアニメ「創星の陰陽師」では、コテコテの関西弁を話す”きなこ”というキャラクターを演じたことでも話題になりました。

あまり聞くことができない、”リアルな関西弁”を話す福山さんを、終始堪能することができる作品となっています。


ぜひ気になる方はチェックしてみてくださいね。

福山潤の結婚、小清水亜美との噂。指輪や子供の真相、好きな女性のタイプは?

福山潤のコラボメガネ&イヤホンが話題。髪型がロン毛の理由とは。筋肉が切れた裏話

小野大輔の兄は獣医、実家は高知。出身大学と生い立ち、母親との仲とは

コメント

執筆・編集者
アスネタ編集部

大手メディアや有名人本人が発信の一次情報を元に記事作成しています。
わかりやすく正しい情報を読者に伝えるべく編集しています。