黛ジュンの現在と結婚歴。兄・三木たかしとの絆。政治家と交際&イタコ破談とは

力強く魅力的な歌声が特徴だった黛ジュン(まゆずみ じゅん)さん。

『恋のハレルヤ』をはじめ大ヒット曲を飛ばしましたが、最近はどのように過ごしているのでしょう。

今回は黛さんの現在を確認します。

さらに結婚の詳細、兄・三木たかしさんとのエピソード、政治家との不倫、イタコによる破談騒動について見ていきます。

黛ジュンのプロフィール

本名:渡邊順子

生年月日:1948年5月26日

身長:160cm

出身地:東京都調布市

最終学歴:品川区立冨士見台中学校

所属事務所:オフィス・マユズミ

黛ジュンの現在

まず黛さんの現在についてです。

2021年現在、黛さんは本格的な芸能活動をしていないようです。

2018年に「徹子の部屋」へ出演したのを最後に、表舞台から遠ざかりました。

同番組には青いミニスカート姿で出演。

ステージへ出る際に、希望通りの衣裳を着るため、体型の維持に励んでいたそうです。

ただその後、彼女がステージに出たという情報はありません。

若さと美しさをキープしながらも、事実上の引退を果たしたようです。

一説では、マンションのオーナーとして、家賃収入で悠々自適な生活を送っているとのこと。

若い頃に多忙だった分、優雅な余生を送ることにしたのでしょう。

ただ体力があるうちは、今後も何らかのイベントに出演する可能性は高そうですね。

黛ジュンの結婚歴

黛さんには2度の結婚歴があります。

初婚相手は、「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」でベース担当だった江藤勲さん。

確かなベース技術を武器に、さまざまなアーティストのレコーディングに参加した、スタジオミュージシャンでした。

2人は1970年に結婚したものの、わずか3年で離婚。

原因は江藤さんによる家庭内暴力とされています。

いったん引退した黛さんは、離婚後に復帰し、歌手活動を再開しました。

そしてドラマーの石田秀雄さんと再婚しますが、1994年に再び離婚。

原因は夫より妻の収入が多い、いわば「格差婚」だったためです。

黛さんは歌手としての華やかな経歴とは裏腹に、家庭ではうまく幸せをつかめなかったようでした。

兄・三木たかしとの強い絆

黛さんの兄は、著名な作曲家だった三木たかしさんです。

売れっ子作詞家だったなかにし礼さんに見出され、作曲家デビューを果たしました。

1968年に妹へ提供した『夕月』は、オリコンチャート最高位2位を記録する大ヒット曲となります。

1977年には石川さゆりさんの代表曲となる『津軽海峡 冬景色』を作曲し、日本レコード大賞を受賞。

1988年にはアニメ『それいけ! アンパンマン』に、テーマ曲『アンパンマンのマーチ』と『勇気りんりん』を提供。

1994年には『夜桜お七』を作曲しました。

坂本冬美さんが歌った同曲はロングヒットを記録し、日本レコード大賞の作曲賞に輝きます。

演歌やアニメ主題歌など、幅広く作曲した三木さん。

晩年には下咽頭がんにより声帯を手術し、声を失うという悲劇にも見舞われました。

しかし2009年には「NHK歌謡コンサート」で黛さんと兄妹出演し、見事なギター演奏を披露。

自身が作曲した『さくらの花よ 泣きなさい』を演奏し、黛さんが歌唱を担当しました。


このときの演奏が、三木さんにとって最後のテレビ出演となります。

彼は同年、かねてから患っていた下咽頭がんにより、64歳で亡くなりました。

黛さんは、東京の増上寺で営まれた通夜に、遺族代表として参列。

「兄に褒められるために歌ってきた。この先、どうやって歌えばいいかわからない」と語りました。

基本的に歌を厳しく指導することがなかったという三木さんは、妹と石川さゆりさんにだけは厳しく接していたそうです。

2人のことを心から応援していたからこそ、誰よりも厳しく鍛え上げようとしたのでしょう。

強いきずなで結ばれた兄妹は、長きにわたって二人三脚で歩んできたといえますね。

黛さんは兄の死もきっかけとなり、目立った活動をしなくなったのかもしれません。

黛ジュンは政治家と交際?

黛さんは芸能界の中でも、とくにスキャンダルの多い歌手でした。

とくに話題を呼んだのが、大物政治家との交際です。

1984年に黛さんは、政治家が主催したパーティーで歌を披露しました。

その後は彼の事務所に呼び出され、高級指輪をいくつも渡されたそうです。

指輪はいわば「愛人契約」の証でした。

彼には他にも3人の愛人がいたそうですが、黛さんは交際を開始。

しかしあるとき、パリでディナー前のメイクをしていた際、鏡に映った彼の目つきが不快だったため別れることにしました。


大物政治家が誰だったかは不明です。

ただ80年代当時に莫大な富を築いていた、女性遍歴の豊富そうな政治家といえば、数人に絞れるかもしれませんね。

想像を膨らませることしかできませんが、まるでドラマのような2人の交際模様は、今後も注目され続けるでしょう。

青森県のイタコ破談騒動

黛さんが正式に結婚したのは2回のみ。

しかし恋多き女だった彼女は、合計4回も婚約しています。

1977年にはタイ人歌手と婚約しますが、彼が既婚者だったため破局。

その後、最後の婚約発表を行ったのは2001年。

相手は作詞家の里村龍一さんでした。

しかし婚約会見から1か月後、彼は黛さんの浮気を疑い、結局婚約は破談となります。

浮気を疑ったきっかけは、青森県のイタコによるお告げだったそうです。

このスキャンダルは「イタコ破談」と呼ばれました。

ただ黛さんの奔放な交際歴を知る人なら、イタコでなくとも彼に忠告できそうなものですね。

結果的に彼女は2021年現在まで独身です。


さすがに4度の婚約を経て、自身としても疲れてしまい、落ち着いて独身生活を送ることにしたのでしょう。

だとすれば彼女にとって最愛の男性は、公私共に伴走してくれた、兄の三木さんだったのかもしれませんね。

三木たかしの娘(ようこ)は再婚した妻の長女。妹と家族。天才の理由とは

なかにし礼、兄の借金と確執。母はヒロイン。息子と娘、孫の現在

奥村チヨの現在。夫・浜圭介との子供は?兄弟ほか家族まとめ

コメント