栗原心平、結婚した妻と離婚説の真相。子供は1人息子&性格は母似

母の栗原はるみさんと同様、料理研究家としてテレビや雑誌で活躍中の栗原心平(くりはらしんぺい)さん。

今回はプライベートにスポットをあて、結婚した妻のこと、離婚したという噂、子供についてみていきます。

『男子ごはん』ではいじられキャラの一面もみせていますが、本当のところはどんな性格なのでしょうか。

栗原心平が結婚した妻はだれ?

食通で知られた故・栗原玲児さんと料理研究家の栗原はるみさんという両親のもとに生まれ育った栗原心平さん。

2020年5月にスタートしたYouTubeチャンネル『ごちそうさまチャンネル』はすでに登録者数が14万人を突破し、時短で作れるおつまみレシピが好評です。


私生活では2003年に一般人女性と結婚。

名前はみゆきさんというそうですが、年齢や経歴など詳細については明かされていません。

みゆきさんは、心平さんが母のはるみさんと共同代表を務める「ゆとりの空間」のスタッフでした。

職場結婚になりますね。

会社員の女性が、その会社の創業者の息子と結婚したのですから、それなりに気苦労はあったことでしょう。

義母と夫が料理の専門家ということでプレッシャーもあったはず。

気になるのが嫁と姑の関係ですが、どうやら心配はなさそうです。

栗原はるみさんはケンタロウさんとの対談で、「嫁はとてもいい子」と誉め、嫁と姑の仲がよくないと人生はだいなしと明言。

考えてみれば、みゆきさんは「ゆとりの空間」のスタッフでした。

以前から面識があり、仲が悪かったとは考えにくいですね。

2021年現在、みゆきさんが「ゆとり空間」に勤めている可能性は低いのではないかと思われます。

家庭を守り、多忙な夫をサポートする立場に徹しているのではないでしょうか。

栗原心平に離婚説、子供はいる?

ネット上には、栗原心平さんは離婚したのではないかという声がありますが、離婚はしていません。

このような疑惑が生まれたのは、妻がメディアに登場しないことが理由のよう。

ですが、心平さんは家族のことを時おりメディアで語っています。

多忙な両親のもとで育ちながらも、いつも料理によって愛情を感じていたため寂しくなかったという心平さん。

こうした経験から、衣食住の中では食がいちばん大切ととらえており、できるかぎり家族と食卓を囲むようにしているそうです。

一緒に食材を買いにいくと、妻から食べたい料理をリクエストされることも。

そうしたコミュニケーションが夫婦関係の潤滑剤になり、食事中も会話がはずむのだそう。

栗原心平さんの子供は一人息子で、名前は廉平くん、生年月日は2012年3月16日であることがご本人の発言からわかっています。

2021年には9歳なので、一緒にキッチンに立って手伝ったりしているかもしれませんね。


男の料理として、父親の得意の一皿の味を覚えている人も少なくないでしょう。

それはとても幸せなことと語る心平さん。

そういう思い出を子供にたくさんつくってあげられる心平さんも、父親として幸せですね。

栗原心平はどんな性格?

ケンタロウさんのピンチヒッターとして『男子ごはん』に出演中の栗原心平さん。

当初は「トーク力が不安」「控えめなキャラで番組に合っていない」などといった評判もありましたが、回を重ねるごとに違和感がなくなり、いじられキャラが目立つように。

ですが、その一方で時おりブラックな部分も見せるようになったことから、いじられキャラ演出疑惑も浮上。

事実はどうあれ、ただのいじられキャラにはとどまらない人物といえそうです。

素顔の栗原心平さんはどんな性格なのでしょうか。

中学時代は学級三役などのリーダーをしていたという心平さん。

活発な優等生タイプかと思いきや、真面目な生徒ではなかったと自己分析。

見栄っ張りな一面もあると告白しています。

3歳年上の姉・友さんの証言では、しっかり者で料理も早くマスターし、夕食をつくってくれることもあったとのこと。

外見は母親似ではなく父親似ですが、性格は母と似ているそうです。

栗原はるみさんを尊敬し、家族を大切にしていることは見ていても伝わってきますね。


料理が好き、または得意という男性はいますが、ほとんどは趣味の域でしょう。

かといって、男性が母親のように日々の料理ができたほうがいいかというと、それも現実として難しいところ。

栗原心平さんが提案しているのは、新しい時代の父親の料理や男子ごはんなのかもしれません。

栗原心平の母・栗原はるみは元専業主婦、父は元芸能人。姉の闘病と家族の絆

栗原はるみ、夫・栗原玲児の死去で喪失感。二人の出会いとは

栗原はるみの自宅は目黒。キッチンとインテリア&庭がすごい!碑文谷の店は閉店?

栗原はるみの体調が心配。同年齢で若い&性格は反対の平野レミ。愛猫について

コメント