ジョン万次郎の子孫、妻と家系図。高知の生家が復元。母との再会

漂流していた際に捕鯨船に救助され、アメリカに渡って日米の架け橋となったジョン万次郎(ジョン まんじろう)。

大河ドラマや、ミュージカル『ジョン万次郎の夢』でもおなじみの英雄ですね。

今回は万次郎の子孫が今でも活躍しているという情報と、妻の詳細を家系図で確認します。

また生家が高知県にあるという情報、母との再会エピソードも見ていきます。

ジョン万次郎のプロフィール

愛称:ジョン・マン

本名:中浜万次郎

生年月日:1827年1月27日(文政10年1月1日)

死没:1898年11月12日

身長:不明

出身地:土佐高知藩知行中ノ浜村(現在の高知県土佐清水市中浜)

子孫と妻を家系図で確認。子孫も英語が堪能

英語を駆使し、日米和親条約の締結にも貢献した万次郎。

彼の子孫もまた、英語に秀でた人材に成長していました。

万次郎直系の子孫で5代目にあたるのが、中浜京さんです。

祖先の伝記『ジョン万次郎』の著者であると同時に、「土佐ジョン万会」の名誉顧問でもあります。

1982年に金城学院短期大学部国文科を卒業し、富士通株式会社に就職。

その後はアメリカ留学を果たし、1992年にオレゴン州レインコミュニティーカレッジを卒業します。

帰国後は株式会社富士通システムズ・ウエストで、事務として勤務してきました。

京さんは幼少期、漂流していた万次郎を救ったウィリアム・ホイットフィールド船長の子孫と親交がありました。

アメリカに渡った祖先の存在を幼少期から意識していたからこそ、早い段階で英語学習に取り組み始めたようです。

京さんは仕事の傍ら、祖先の足跡を後世に伝え続けてきました。

万次郎の子孫は優秀な人材として、現代でも活躍し続けていることがわかりましたね。

ただし彼の優秀な子孫は、京さんだけではありません。


万次郎は生涯に3度結婚しており、それぞれの妻との間に5男2女をもうけています。

3人の妻は、鉄、琴、志げという名前でした。

最初の妻で、道場の娘だった鉄は、結婚から9年で麻疹により病没。

再婚相手で、医者の娘だった琴とは、何らかの理由で離婚。

最終的に万次郎は、仙台藩田沼家の養女・志げと再々婚しました。

これまで直系の子孫は、最初の妻・鉄の子孫ばかり注目されてきましたが、近年は志げの子孫もメディアに登場しています。

万次郎と志げのひ孫にあたるのが、野武重忠さんです。

東京藝術大学を卒業し、トロンボーン奏者として「読売日本交響楽団」で活動。

26歳で、やはり祖先ゆかりの地であるアメリカに渡り、北米やカナダなどで演奏会に出演しました。

東洋人のため人種差別を受けたものの、国同士のスケールの差を知るうちに、寛容な心を持てるようになったそうです。

アメリカ生活は、自身の生き方を決定づける基盤になったといいます。

万次郎と志げには男児が2人いたものの、長男は生後間もなく病没。

次男で、野武さんの祖父にあたる秀俊が成長し、6人の子供たちをもうけました。

秀俊の長男で、野武さんの父である忠好さんは、「沼口家」に養子入り。

野武さんも20歳までは沼口姓で育ったものの、後継ぎのいない母の実家「野武家」を継ぎ、現在に至るそうです。

万次郎の子孫はいずれも英語を駆使し、多様な分野で活躍していることがわかりましたね。

生家は高知。復元され見学可能

2010年、高知県土佐清水市中浜に、万次郎の生家が復元されました。

茅葺木造平屋建ての生家は、土佐清水市内の有志が募金を呼びかけた結果、復元が実現したそうです。

生家の内部は非常に狭く、半農半漁の貧しい一家だった様子がうかがえます。

万次郎は9歳で父を亡くし、病弱な母と兄に代わり、幼少期から働きに出ていました。


漁師として懸命に働き、読み書きを習う余裕もなかった彼が、日米の懸け橋になるとは誰も予想していなかったはず。

鰹節の香りが漂う漁師の町で、万次郎のドラマチックな人生に思いを馳せるのも、魅力的な時間になりそうですね。

ジョン万次郎、母との再会

万次郎の母は汐(しお)という女性でした。

万次郎は14歳のとき、突然の強風により乗船していた漁船ごと遭難してしまいます。

汐は行方不明になった息子の無事を信じ、来る日も来る日も海を眺めていたようです。

万次郎は無人島に漂着し、溜水や海藻で飢えをしのいでいたところ、捕鯨船ジョン・ハウランド号の乗組員によって救助されました。

当時の日本は鎖国しており、帰る術がなかったということもあり、万次郎はホイットフィールド船長と共にアメリカへ向かうのです。

そして遭難から11年後、アメリカから何とか帰国した万次郎は、薩摩や長崎で取り調べを受けます。

長崎ではキリスト教徒でないことの証に、踏み絵を踏んだそうです。

取り調べを経てようやく故郷の土佐に帰り、母とも再会を果たしました。


息子の無事を信じていた母にとって、彼との再会の日は、人生最良の日だったに違いありませんね。

まるで壮大な映画のように劇的な万次郎の生涯は、今後も歴史ロマンとして語り継がれ続けるのでしょう。

ジョン万次郎の逸話。功績をアメリカが評価。英語力は?鳥島漂着から帰国まで

勝海舟と犬の襲撃。死因と最後の言葉。性格は?何をした人&功績まとめ

勝海舟の子孫と家系図。父が変わり者、子供は9人。家紋丸に剣花菱

大黒屋光太夫、子孫の今。ロシア&ラクスマンとの関係。紅茶の日、磯吉と漂流

岩崎弥太郎の性格、渋沢栄一との違い。落書き事件、キリンビールとの関係。死因は?

コメント