木梨憲武、事務所コッカ誕生の秘密。石橋貴明との仲。アライバル退社の理由とは

多岐に渡る活躍で唯一無二という言葉がぴったりの木梨憲武(きなしのりたけ)さん。

タレントとして活動する傍ら事務所「コッカ」の社長でもあるんです。

そして「コッカ」が誕生した影には妻の存在が。

近年はソロ活動が多いため石橋貴明さんと仲が悪いという噂も。

アライバル退社も不仲が原因だったのでしょうか。

木梨憲武のプロフィール

愛称:ノリさん

本名:木梨憲武

生年月日:1962年(昭和37年)3月9日

身長:178cm

出身地:東京都世田谷区

最終学歴:帝京高等学校

所属事務所:コッカ

木梨憲武は事務所の社長だった

現在、木梨憲武さんが所属する事務所は「コッカ」。

タレントとして所属する傍ら、代表取締役社長も務めています。

もちろん木梨憲武さんは最初からコッカの所属だったわけではありません。


とんねるずとしてデビューした1980年に所属していた事務所は日企。

「お笑いスター誕生!!」で注目を集め、ブレイク間近と期待される存在でした。

ところが事務所を通さず友人の結婚式で司会を務めた事に社長が激怒。

テレビなどの表舞台から干されてしまいます。

その後は営業やライブ活動で芸を磨く日々。

そして再び表舞台で活躍すべく、1983年から「オフィスAtoZ」の所属に。

同年12月のオールナイトフジでテレビに復帰するとそれまでの鬱憤を晴らすかのような大活躍。

次々に冠番組を持ち、CM契約本数も激増。

誰もが認めるお笑い界の新スターとなりました。

その活躍もあって1994年からはとんねるずの個人事務所「アライバル」を設立して独立。

同事務所では石橋貴明さんが社長を務め、木梨憲武さんは副社長。

そこからはまさに二人三脚で芸能生活を歩んできました。

ただ、木梨憲武さんはアライバル副社長に在任中の2000年にコッカを設立し社長に就任。

それからはコッカの社長とアライバル副社長を兼任する事に。

そして2018年6月に木梨憲武さんは副社長を辞任。

その後も暫くの間はアライバル所属のタレントとして活動していましたが、程なくしてコッカに移籍。

2021年時点ではコッカの社長兼所属タレントとなっています。

コッカ設立の影には妻の存在があった

2000年に株式会社コッカを設立した木梨憲武さん。

アライバルの副社長でありながら、なぜ新たに会社を設立したのか。

きっと多くの人が疑問に思う事でしょう。

その最大の理由とされるのが妻である安田成美さん。

1986年の映画「そろばんずく」の共演がきっかけで1994年に結婚した二人。

1995年に長男が誕生し、1999年に次男が誕生。

この間、安田成美さんは芸能活動を休止していましたが2000年のドラマで復帰。

ただ、まだまだ子供が小さいため優先すべきは仕事よりも家族。

「自分のペースで仕事をしたい」と思っていたことは容易に想像できますよね。

その思いは木梨憲武さんも同じだったはず。

そして妻のマネジメントを行うため、自らが社長となりコッカを設立。

その後、安田成美さんは田辺エージェンシーからコッカに移籍しています。

夫が社長を務める会社に移籍した事で家庭との両立が格段にしやすくなったはず。

自分と家族のために会社を設立してくれた木梨憲武さん。

きっと惚れなおしてしまった事でしょう。

なお、この「コッカ」は会社名だけでなく木梨憲武さんがデザインした妖精の名前としても使われています。

それだけ二人にとって大切な名前となっているのでしょうね。

木梨憲武と石橋貴明は仲が悪い?

「とんねるず」として一世を風靡した木梨憲武さんと石橋貴明さん。

かつては二人の姿をテレビで見ない日はなかった、と言っても決して過言ではありません。

ですが、近年ではコンビとしての活動は数えるほど。

お互い活動の殆どがピンでの活動となってしまっています。

それに加えて木梨憲武さんのアライバル退社。

そのため木梨憲武さんと石橋貴明さんは仲が悪いと噂されるように。

また、2021年に石橋貴明さんが「全然、会ってない」と発言。

この発言を聞いて「不仲は本当なんだ」と思った人もいるかもしれません。

ですが、二人が不仲というのは全くの誤り。

根も葉もない噂にすぎません。

それは2021年4月12日に木梨憲武さんがInstagramに載せた写真からも分かります。

この日はプロゴルファーの松山英樹さんがアジア人として初めてマスターズで優勝した日。

それを祝福するため過去に番組で共演した際の写真をアップ。

その写真には木梨憲武さんと松山英樹さん、そして石橋貴明さんの姿も。

本当に不仲であればスリーショットの写真をInstagramに載せるはずがありません。

ツーショットの写真か、スリーショットの写真を加工して載せるはずですよね。

また、石橋貴明さんは過去に「憲武は天才」、「超える芸人はいない」とコメントしています。

相方をここまで手放しで賞賛するのは本当に認めているから。

こんな二人が不仲なわけがありませんよね。

週刊誌やネットニュースが面白おかしく報道するため、不仲説をでっち上げたのかもしれません。

アライバル退社の理由


相方の石橋貴明さんと1994年に設立したアライバル。

前述の通り不仲が原因で退社したわけではなさそうです。

では、一体なぜ退社してしまったのでしょうか。

これまで木梨憲武さんが退社の理由について語った事はありません。

そのため、あくまでも憶測ですが「より自由に活動したかった」ことが退社の理由ではないかと思われます。

2021年時点で木梨憲武さんはテレビのレギュラー番組はゼロ。

その代わりミュージシャン、画家としての活動に精を出しています。

2019年にリリースした「木梨ファンク ザ・ベスト」は数々の音楽ランキングで1位を獲得。

画家としては日本だけでなく海外でも個展を開催したほど。

その活躍ぶりはまるで本職のアーティストのよう。

今ではお笑い芸人よりもアーティスティックな活動の方が楽しいのかもしれません。

もし、アライバルに所属していればどうしても「とんねるず」としての活動が求められる事でしょう。

そして何かあった時には社長である石橋貴明さんにも影響が及んでしまいます。

ですが、アライバルを退社してコッカの所属となった今では全て自分の責任。


また、自分が本当にやりたい仕事だけを行う事も出来るはず。

きっと残りの人生をより有意義な物とするためアライバルを退社したのでしょう。

本当に楽しそうな木梨憲武さんを見るとそう思えてなりません。

木梨憲武の年収。絵画販売の値段はいくら?愛車の車種、競馬好きでも有名

木梨憲武の自宅は南麻布?成城?アトリエは麻布十番、大好きなハワイにも別荘

木梨憲武の家族。父と兄弟、木梨サイクルについて。名門の帝京サッカー部出身

安田成美、木梨憲武との子供は3人。結婚の現在と馴れ初め。結婚式が極秘の理由とは

鈴木保奈美が夫・石橋貴明と離婚。結婚馴れ初めと再婚の経緯まとめ

コメント