日野皓正の現在。息子は音楽人、娘に逮捕歴、弟はドラマー。世田谷のビンタ騒動

アメリカ在住のジャズトランペット奏者・日野皓正(ひの てるまさ)さん。

最近はあまり日本で活動していないようですが、2021年現在はどのように過ごしているのでしょうか。

またベース奏者である息子の詳細、娘に逮捕歴があるという情報、弟がドラマーという噂の真相に迫ります。

併せて日野さんによる、世田谷の中学生への往復ビンタ事件についても確認します。

日野皓正のプロフィール

本名:日野皓正

生年月日:1942年10月25日

身長:不明

出身地:東京都

最終学歴:日本ジャズ学校

所属事務所:RUN株式会社

日野皓正は現在も現役ジャズミュージシャン

2021年に79歳を迎える日野さんですが、今なお現役のジャズミュージシャンとして活躍しています。

2019年12月には新作『Beyond the Mirage』がリリースされ、再収録した代表作『Still Be Bop』のオフィシャルビデオも公開されました。

力強いサウンドは健在で、若い音楽ファンにも新鮮な喜びをもたらしそうな作品を発表し続けています。

日野さんは長年アメリカのニューヨークに在住してきました。

2020年は新型コロナウイルス感染症流行により、日本公演を見合わせざるを得ませんでした。

しかし2021年には「日野皓正クインテット2021」の公演を全国で開催します。

80歳を目前にしても、精力的に音楽活動を行っていることがわかりましたね。

日野皓正の息子。次男・日野賢二はベース奏者、長男・日野雅信は楽器製作者

日野さんには2人の息子がいます。

次男は著名なベース奏者の日野賢二さんです。

2021年には54歳を迎える現役ミュージシャンで、7歳のときから父とニューヨークで暮らしてきました。

9歳から父と同じくトランペットを始めたものの、16歳でベースに転向。

転向理由は、大好きなビートルズの曲をトランペットではうまく吹けなかったものの、ベースでは見事に演奏できたためでした。

19歳からは演奏者だけでなく、ミュージックディレクターとしてもプロ活動を開始。

父のアルバムにも参加しつつ、2003年には『WONDERLAND』でアルバムデビューを果たしました。

デビュー後は父と異なり、日本を拠点に活動しています。

いつまでも「日野皓正の息子」と言われ続けないために、あえて父との距離を取ったのでしょう。

また日野さんの長男は、楽器製作者の日野雅信さんです。

弟の賢二さんより1歳上の1966年生まれで、幼少期は絵画にのめり込んでいました。

しかし1980年のジョン・レノン射殺をきっかけに、音楽へ関心が移ります。

その後は弟と同じくベース奏者になりニューヨークで活動。

そんな中で著名な楽器製作者のジョン・サーに誘われ、楽器製作の道に進みました。

世界最高クラスのバイオリン「ストラディバリウス」に影響された独自デザインの弦楽器を手がけています。

楽器製作者「マス日野」として、業界では高く評価されてきました。

幼少期に絵画に関心があったからこそ、デザインのセンスが優れているのでしょう。

日野さんの息子たちは、いずれも立派な音楽人へと成長したのです。

日野皓正の娘に2度の逮捕歴

日野さんには良美(ろみ)さんという娘もいます。

彼女には2度の逮捕歴がありました。

最初は1999年、パスポートの不正取得により旅券法違反で逮捕。

その10年後には薬物所持で2度目の逮捕となりました。

東京都港区浜松町の路上で、職務質問を受けたのち、尿検査をしたところ陽性反応が出たそうです。

父の日野さんは、娘とはほとんど会っていませんでした。

彼は20歳で出会った女性と結婚し子供をもうけましたが、離婚していました。

その後はアメリカ人女性と再々婚しており、娘は別れた実母の女性が育てたのです。

著名な父が不在という複雑な家庭環境に育ったため、すさんだ生活を送るようになってしまったのかもしれません。

日野さんはステージ上で娘の逮捕についてコメントしました。

「僕はグローバルな考えの持ち主だから、色々と言い聞かせるつもりはない」と語り、突き放したのです。

娘の立場から見ると、やや冷たい父に思えるかもしれませんね。

ただ日野さんとしては娘のことを思うからこそ、親に頼らず、自分の力で更生するよう促したのでしょう。

日野皓正の弟は日野元彦


日野さんの弟は、ジャズドラマーの日野元彦さんです。

タップダンスやジャズドラムのスキルがあり、バンド「ZOOM」での活動をメインに世界で活躍しました。

ジャズの発展に貢献したものの、1999年5月13日、肝不全により53歳の若さで亡くなります。

日野さんはコンサートで亡き弟に演奏を捧げることもありました。

きっと公私共に仲が良い兄弟だったのでしょう。

元彦さんにはもっと長生きして、兄弟で数々の名演奏を残して欲しかったですね。

世田谷の中学生に対する往復ビンタ事件

日野さんは東京都世田谷区の公立中学生によるビッグバンドで、演奏の指導を行ってきました。

子供たちにコンサートでジャズを演奏させ、貴重な自己表現ができる場を提供していたのです。

しかし2017年8月20日、世田谷パブリックシアターでの中学生ジャズバンドによる演奏中、事件が起こります。

日野さんがドラム担当の生徒の髪をつかみ、往復ビンタをしたそうです。

事件は動画を入手した週刊文春により、暴行として報じられました。

日野さんはマスコミの取材に応じ、「あくまで教育」と弁明します。

ビンタをした中学生については、ドラムの腕を評価しており、1年前から深く交流していたそうです。

事件当日、中学生はほかの生徒とドラムソロを順番に行う予定でしたが、制止を振り切ってソロを続けたといいます。

そこで日野さんは、順番を待っているほかの生徒がいることを伝えました。

しかし指示を聞かないため、「馬鹿野郎、やめろ」と注意し、「軽く」頬を触ったそうです。

生徒は反省して、終演後に楽屋で謝罪しました。

日野さんは「俺とあいつは親子。ほかの生徒には絶対手を上げない」とコメント。


やや行き過ぎた点は反省しつつ、意図的に暴行したわけではないことを強調しました。

生徒側が反省し、日野さんをリスペクトし続けているのであれば、これ以上追及する必要はなさそうですね。

時代にそぐわないやり方ではあったものの、日野さんはプロとして生徒に愛情を注いだつもりだったのでしょう。

山下洋輔が病気?妻と息子、家族について。タモリを発見、自宅立川の交流大使

渡辺貞夫と結婚した妻&子供は娘が一人?家族が力の源、兄弟が殺害の真相

菊地成孔の結婚、小田朋美との関係。前妻と子供、兄は作家。現在の活動

日野賢二(JINO)の弟子はKingGnu。結婚した妻と離婚歴、子供について

コメント