千秋の現在。自宅と部屋が豪華&別荘持ち。年収と子供服プロデュースの現状

2000年前後には「ウッチャンナンチャンのウリナリ!」などで人気を博したタレントの千秋(ちあき)さん。

現在はどのようにしているのでしょうか。

千秋さんはきれい好きで自宅の部屋も素敵なのだそうです。

芸能界だけでなくサイドビジネスも好調で、子供服プロデュースなどで年収が桁違いにすこいという情報もあります。

今回はその辺りについて紹介していきます。

千秋のプロフィール

本名:藤本千秋

生年月日:1971年(昭和46年)10月26日

身長:151cm

出身地:千葉県市原市

最終学歴:青葉学園短期大学卒業

所属事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

千秋は現在

千秋さんは現在もテレビに出演しています。

フジテレビ系の生活情報番組「ノンストップ!」に金曜日レギュラー出演。

2000年の頃と比べるとテレビでの露出は少なくなっているように見受けられます。

しかし、ブログ「苺同盟」やインスタグラム・YouTubeなどで発信を続けています。

YouTubeでは主に得意の歌を披露していますが、非常にうまくて次から次へと動画を見たくなるほど。

そしてサイドビジネスもされており、毎日が充実した生活のようです。

ディノスでは千秋さんがデザインしたショルダーバッグは、2020年ディノスファッション部門で売り上げが1位だったそうです。

このバッグはかなり機能的で、ポケットが15個も付いていますのでカバンの中をきちんと整理することが可能。

整理整頓が得意な千秋さんならではのアイデアですね。

また、千秋さんがアメリカ・アリゾナ州を旅したときに見かけたパワーストーン。


とても気になったようですが、自分のイメージするデザインのアクセサリが売ってなかったそうです。

それなら「自分で作ろう」と思うのがバイタリティあふれる千秋さん。

アメリカでLoveStone(ラブストーン)という会社を立ち上げました。

2021年に10周年を迎えたそうで、長く会社を維持していて経営力がある証拠ですね。

そして、千秋さんは子育ても独自のスタイルで成功させています。

2003年に元夫・ココリコの遠藤章造(えんどうしょうぞう)さんとの間に生まれた娘彩華(いろは)さんも2021年には高校3年生になります。

千秋さんは学生時代に親から「勉強しなさい」と言われるのが嫌だったので、娘には言わないようにしていたそうです。

すると娘さんは本当に勉強をしない子に育ってしまい、これはまずいと軌道修正。

テストで良い点を取ったら「なんでも夢を叶える券」をプレゼントすると約束したそうです。

80点以上取ったら「券」は1枚ですが90点以上で2枚と5,000円、もし100点だったら券を10枚と10万円という超奮発ぶり。

お母さんの申し出に娘さんはやる気を出し、90点以上しか取らなくなったそうです。

千秋さんの作戦は、見事成功したのでした。

千秋の自宅と部屋、別荘も所有

千秋さんの自宅は東京・渋谷周辺ではないかと言われています。

再婚した夫はTBSの社員であることがわかっており、また娘・彩華さんの通う高校も都内の和光学園なのではないかと言われています。

家族のことを考えると、都内の中心に近いところに住んでいると推定できます。

インスタグラムでは、よく自宅の部屋を公開しています。

シンプルな内装で広い空間、アンティークの家具に囲まれ、かなり高級な雰囲気の部屋ですね。

また、千秋さんは湘南に住むのが夢だったそうで、2019年に別荘を持ちました。

部屋からは南国風の植物と海が見えて、とても素敵ですね。

非常にきれい好きな千秋さんの自宅は、豪華なだけでなく「チリ一つ」落ちていないほどきれいなのだそうです。

その様子はインスタグラムにもよく投稿されています。

千秋の年収と子供服プロデュースの現況

芸能人が出産してママタレントになると、育児や家事に関連するサイドビジネスを立ち上げる人は多いですよね。

千秋さんも2004年に「リボンキャスケット」という子供服ブランドを「コンビミニ」の傘下でプロデュース。

可愛くて細かいところまで丁寧にデザインして作り上げた子供服は、とても人気がありました。

娘さんに着せたいなと思った服は高額なものばかりだったので、自分で作ってしまおうと思い立ったと言います。

千秋さんの「素早く行動にうつしてしまうところ」は、本当に素晴らしいですよね。

ただ、2021年には立ち上げて17年になりますが現在は運営していないようです。

全盛期には40億円もの売り上げを達成していたので、とても残念ですね。

お父さんは京都大学出身で、千秋さんも同様の道に進めるようにと勉強させられたそうです。

しかし勉強には向いておらず、「四流短大に行った」と明かしています。

それは相当なコンプレックスだったそうですが、一生引きずらないように一流大卒の人より稼ごうと頑張った千秋さん。

大きく稼ぐようになった時に学歴コンプレックスは無くなっていったそうです。


「リボンキャスケット」の全盛期には、芸能界の仕事とサイドビジネスを合わせて推定年収は5億円あったと言われています。

ビジネスに長けている千秋さんのことですから、また何か新しい事業を始めるかもしれませんね。

千秋と遠藤章造の子供。娘の名前や高校は?子育てに流儀

千秋の再婚した旦那は中島啓介。再婚後の妊娠は?結婚馴れ初めとは

千秋の実家、父親は会社社長で千葉在住。兄弟と母親、家族について

千秋の学歴。短期大学&出身高校と小中学校。阪神ファンのエピソード

コメント