山田裕貴は野球を挫折。中学や高校&大学進学は?生い立ちと地元の名古屋

2019年に放送されたNHK連続テレビ小説「なつぞら」で菓子職人を志す雪次郎(ゆきじろう)役として好演した山田裕貴(やまだゆうき)さん。

学生時代は元プロ野球選手の父山田和利(やまだかずとし)さんの影響で、野球に打ち込んでいたそうです。

今回は、山田裕貴さんの生い立ちと学生時代を中心に紹介していきます。

山田裕貴のプロフィール

本名:山田裕貴(やまだゆうき)

生年月日:1990年(平成2年)9月18日

身長:178cm

出身地:愛知県名古屋市

最終学歴:東邦高校卒業

所属事務所:ワタナベエンターテインメント

山田裕貴の生い立ちと野球選手への憧れ

山田裕貴さんは小学校3、4年の頃に野球を始めました。

父親の山田和利さんは元プロ野球選手で、中日ドラゴンズや広島カープに在籍。

現在も広島カープの二軍内野守備・走塁コーチとして活躍しています。


山田裕貴さんはそんな父親の背中を見て、自分も当たり前のように野球選手になるものだと思っていたそうです。

決して父親から「お前も野球選手になるんだ」と強要されたりしたことはなかったと言います。

野球センスもしっかり受け継ぎ、小学校の時にリトルリーグ全国大会の出場経験を持つほど。

それと同時に、子供の頃から漠然と芸能界にも興味を抱いていた山田裕貴さん。

他にも宇宙や恐竜が大好きで、さまざまなことを想像してワクワクしていたといいます。

クラスではとてもやんちゃで、悪ガキの部類に属していたそう。

元気で運動ができて、面白いことを言うクラスのムードメーカー的な存在だったのではないでしょうか。

山田裕貴の中学や高校時代

山田裕貴さんが通っていた中学校は名古屋市立若水中学校で、名古屋市千種区にあります。

中学生では学校内の野球部には所属せずに、「名古屋北シニア」というクラブチームに所属。

かなり本格的に野球と向き合っていたようですが、そこではレギュラーにはなれませんでした。

名古屋北シニアは全国大会によく出場する強豪クラブチーム。

相当野球ができる中学生が集結しているので、なかなかレギュラーになることは難しいようです。

山田裕貴さんの環境は父親が元プロ野球選手ということもあり、ただならぬプレッシャーを抱え込んでしまいました。

その結果、野球を中学3年生の時に辞めることを決意。

父親には、「どうしてやると決めたのに途中で投げ出すのか」と叱責されたそうです。

何か将来の目標ができたら、その道を最後まで突き進もうとその時決心した山田裕貴さん。

現在の芸能界での活躍ぶりはこのお父さんの言葉も刺さっているかもしれませんね。

高校の進学先に選んだのは、全国的に野球の強豪校として知られている東邦高校でした。

父親もこの高校で野球部員として大活躍していたそうです。

入学偏差値はコースによりバラツキがあり、49から61です。


中学校で平均的な成績をとる人から、かなり勉強ができる人まで在籍する学校だと言えるでしょう。

山田裕貴さんは野球を辞めてしまっていたので、高校ではバレーボール部に所属。

高校3年生の時には東邦高校野球部は甲子園に出場しました。

もちろん山田裕貴さんも、甲子園球場に応援に行ったそうです。

その際野球部の選手達がプレーする姿を見て、感動と悔しさの入り混じった涙を流したと言います。

約6年間も本気で野球を頑張っていて、力が足りないと自分で感じて諦めてしまったことを後悔したのでしょうか。

プロ野球選手になれる人は野球少年の中でほんの一握りです。

さらにそこで活躍できる人はもっと人数が絞られていきます。

厳しい世界なのだなと改めて考えさせられますね。

しかし、夢を「芸能界で活躍する俳優」に決めた山田裕貴さんは、それを現実にしました。

そして、なんと2018年8月に名古屋ドームで行われた中日対ヤクルト戦の始球式に登板。

父親の田中和利さんが付けていた背番号30番を付けて、見事に真ん中にストライクを決めました。

この時に、母親や妹、かつての野球チームメイトも球場に見に来てくれたそうです。

当時のことを思い出し、涙が溢れて止まらなかった山田裕貴さん。

芸能界で成功して始球式で投げることも、目標の一つだったのだそうです。

オーディションでも何度も落ちたそうですが、諦めずに頑張って乗り越えられて良かったですね。

ちなみに山田裕貴さんは大学へは進学せずに、芝居の勉強をしにワタナベエンターテインメントカレッジに入りました。

高校生の頃から意識を高く持ち、将来のことを真剣に考えて選んだ進路なのでしょう。

山田裕貴の地元は愛知県名古屋市

山田裕貴さんの地元は名古屋市千種区で、高校を卒業するまで暮らしていました。

小学生時代に明るくて面白いキャラだったことから推測すると、友達も多かったのではないでしょうか。

実際に久しぶりに地元に戻ると、「やまち(山田裕貴さんの愛称)、すげぇな」と言ってもらえるそうです。

そう言われても「まだまだなので、もっともっと自慢の友達になれるよう頑張りたい」と思うところが素晴らしいですよね。

友達と学生時代に通っていた「ゆず塩ラーメン」を食べに行ったり、整体師になった友達にマッサージしてもらったりしているようです。

また、友達の結婚式の二次会にも参加をして、幸せを心から祝福しているピュアなハートの持ち主。


トーク番組などに出ても、気取ったりせずに自然体で感じが良いんですよね。

これからも前を向いてさらに活躍していくことでしょう。

山田裕貴の結婚&彼女の噂まとめ。齋藤飛鳥との熱愛キスシーンが話題

山田裕貴の性格は面白い?優しい人柄と評判。保護犬すずとの感動エピソード

山田裕貴の好きなタイプとは。イケメンで筋肉&腹筋がすごい

山田裕貴の私服ファッション。指輪・ネックレスのブランド特定。ピアスは開けてる?

コメント